この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

L2/L3スイッチ

2015/02/17


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、L2/L3スイッチのシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、2014年度の国内L2/L3スイッチ市場規模は、前年比4.1%減の1814億円と見込まれている。
 当該製品には2タイプあり、筐体に様々なモジュールを差し込んで利用するシャーシ型が前年比15.6%減の675億円で、拡張性が限定されるボックス型は前年比4.4%増の1139億円と見込まれている。
 ベンダ別の市場占有率(金額ベース/見込)を見ると、第1位のベンダは2タイプともに実績が高くサポート面でも強みを持っており、33.1%となっている。2位は10.7%で、前年度から拡大傾向が継続している。3位は10.5%で、移動体キャリア向けのモバイルバックホール需要が好調となった。4位は8.8%で、特需を獲得した前年度から例年並みに戻ったものの販売は堅調とみられている。続く5/6/7位は、7.2%/4.5%/3.6%となっている。
 今後、シャーシ型では、キャリアのトラフィック逼迫対策需要が落ち着き、またエンタープライズではコア用途のボックス型置き換え傾向があり、緩やかな減少が見込まれている。ボックス型は5〜7年サイクルでのリプレース需要のほか、エッジスイッチに収容する端末の増加が見込まれ、緩やかに拡大を続けると考えられている。ただし、エッジスイッチは、無線LAN技術の高速化にともない無線LAN APと競合する可能性も想定されている。

L2/L3スイッチシェア

L2/L3スイッチシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

ネットワークスイッチ/「L2/L3スイッチ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワークスイッチ」関連情報をランダムに表示しています。

ネットワークスイッチ」関連の製品

セキュリティスイッチ 「TiFRONTクラウド管理型モデル」 【パイオリンク】 TiFRONT‐セキュリティスイッチ 【パイオリンク】 ギガビットレイヤー2スイッチ AX2100Sシリーズ(AX2130SS) 【アラクサラネットワークス】
ネットワークスイッチ ネットワークスイッチ ネットワークスイッチ
通常通信はそのまま、攻撃性のある不正なトラフィックのみを素早く検知する内部対策向きのクラウド管理型L2スイッチ。既存対策製品と合わせて多層防御を構築する。 脅威や拡散を防止し、社内ネットワークの”見える化”を実現できるセキュリティスイッチ。既存のL2スイッチやフロアスイッチを置き換えるだけで導入が可能。 強固なセキュリティ、コンパクト・環境負荷設計、PoE対応などの特長を持ち、8年の無償サポートで安心して使い続けられるギガビットL2スイッチ。

ネットワークスイッチ」関連の特集


今年の6月にヤマハの最新スイッチがリリースされました。ヤマハのネットワーク機器と聞くとSOHO市場シ…



低価格なIP-PBXの相次ぐ登場でますます身近になったIPテレフォニー。基礎をもちろん、最新の中小企…



インフラがクラウド移行していく中、クラウド標準機能では困難な詳細な検知機能を誇るHAクラスタリングソ…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ネットワークスイッチ/ 「L2/L3スイッチ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ネットワークスイッチ/ 「L2/L3スイッチ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007781


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ネットワークスイッチ > ネットワークスイッチの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ