“顔”が見える人材データベース、導入効果は

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

“顔”が見える人材データベース、導入でどんな効果が?

2015/04/27


 「社員の顔と名前が一致しない…」毎年多くの社員を採用する急成長企業や、いくつもの拠点に分かれている企業ではそんな光景もチラホラ。そのまま放置しておくと、全社の一体感が損なわれたり、社内の風通しが悪くなったりする危険性もある。今回取材をさせていただいたのは、創業から約15年で数百人もの社員を抱えるようになった企業。社員同士のコミュニケーションを活性化させるために導入したのが、「“顔”が見える人材データベース」だった。導入の指揮を執ったのは人事担当者。なぜ、こうした仕組みを導入したのか? そして、どんな効果が現れたのかリポートする。

※「人事システム/“顔”が見える人材データベース、導入効果は」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「人事システム/“顔”が見える人材データベース、導入効果は」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


導入企業プロフィール

株式会社ビットアイル
従業員数/142人(単体)、648人(連結)
売上高/176億100万円(2014年7月期)
事業内容/データセンターサービス、クラウドサービス、マネージメントサービス、ソリューションサービス
企業サイトへ

導入製品・ソリューション

クラウド型人材データベース「kaonavi(カオナビ)」
株式会社カオナビ
企業サイトへ


課題 導入システム 効果

社員数が増えて複数の拠点に分かれて仕事をする中、「顔と名前が一致しない」状況が増えてきた。

顔写真を使って社員を把握できるクラウド型人材データベース「kaonavi」を導入し、自社用にセットアップ。

社員同士、顔と名前が一致するようになり、チーム内メンバーの連携が良くなった。全社の一体感も高まっている。


1

15年間で社員数が450人(国内のみ)を超え、社員同士の顔が見えづらくなった

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

人事システム/“顔”が見える人材データベース、導入効果は」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事システム」関連情報をランダムに表示しています。

人事システム」関連の製品

大手・中堅向けワークフロー AgileWorks(アジャイルワークス) 【エイトレッド】 ID管理ソリューション 結人・束人 【インテック】
ワークフロー ID管理
組織改変・人事異動に強いワークフロー。人事システムとの密な連携が可能。高度なフロー制御をもつことで、社内の意思決定プロセスをすべてフロー化することができる。 システムごとに存在するID情報の一元管理を実現する。異なるシステム間のデータ同期に加え、ID情報のライフサイクルを管理し、煩雑なID管理業務の負担を軽減する。

人事システム」関連の特集


カバーする管理領域の違いで製品の価格レンジが大きく異なる「プロジェクト管理ツール」。今回は“工事進行…



「ワークスタイルの変革」自体をソリューションとして提供する富士通株式会社に、変革に必要不可欠な要素に…



スマートフォンやタブレットなどモバイル端末の所有が増加していることや内部統制への対応で近年注目されて…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

人事システム/ “顔”が見える人材データベース、導入効果は」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「人事システム/ “顔”が見える人材データベース、導入効果は」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007755


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ