統合ログ管理ツールの導入状況(2015年)

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

統合ログ管理ツールの導入状況(2015年)

2015/05/19


 キーマンズネットでは、2015年2月25日〜3月12日にかけて「統合ログ管理ツール」に関するアンケートを実施した(有効回答数:342)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の43.3%、一般部門が56.7%という構成比であった。
 今回、お聞きしたのは「導入状況」や「導入価格」「ログ収集の対象」「導入しない理由」など、統合ログ管理ツールの導入状況を把握するための質問。その結果、統合ログ管理ツールの導入率は25.2%にとどまり、その中でも100名以下の中小企業での導入率は7.6%と、中小企業での導入が特に進んでいない状況が明らかとなった。
 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので事前にご了承いただきたい。

※「ログ管理/統合ログ管理ツールの導入状況(2015年)」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ログ管理/統合ログ管理ツールの導入状況(2015年)」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

ログは収集しつつも…管理や活用ができず悩む声が大半を占める

 はじめに、統合ログ管理ツールの利用に限らず、何らかのログを収集している方に、ログ収集後の問題点について伺った(図1)。その結果、1位が「収集したがログの分析・解析ができていない」で49.7%、2位が「分析・解析後のログが有効活用できていない」で36.2%、3位が「収集後のログの管理ができていない」で31.9%、4位が「データ量が多くて検索が困難」で21.6%、同率5位が「特に問題はない」「ログが散在していて検索が困難」で20.0%と続いた。せっかく収集したログを管理、有効活用できていないとの回答が上位3位を占める結果となった。また、フリーコメントからは、「有効な活用がどこまでできているか分からない」といった活用効果を実感できていない声も聞かれた。個人情報保護法やJ-SOX法の施行を受け、ログ管理の重要性が拡まってから数年経った今でも、各企業はログの管理や活用法に悩まされているようだ。

図1 ログ収集後の問題点

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 ログ収集後の問題点
このページの先頭へ

2

中小では僅か7.6%の導入率…実際の導入価格と予定価格には大きな差も

 次に、統合ログ管理ツールの導入状況について尋ねた(図2-1)。その結果、「既に導入済みである(追加・リプレイスの検討予定なし)」が21.1%、「既に導入済みである(追加・リプレイスの検討予定あり)」が4.1%、「新規で導入を検討している」が2.9%、「必要性を感じるが、導入時期は未定」が28.1%、「必要性を感じない」が43.9%であった。整理すると、追加・リプレイス検討の有無を含めて「導入済み」は25.2%であるのに対し、導入検討の有無を含め「未導入」が74.9%であり、うち43.9%が「必要性を感じない」と回答する結果となった。
 また、企業規模別に見ると、100名以下の中小企業は導入率が7.6%と低いのに対し、1001名以上の大企業では45.0%と、37.4%もの開きが見られた。中小企業ではそもそも専任のIT担当者が不在だったり、スキルが追い付かずログを活用できなかったりすることが、導入率が伸びていない理由として考えられる。
また、導入価格について伺ったところ、導入済みの方については「1000万円以上」が最も多く、39.1%を占める結果となった(図2-2)。一方で導入予定の方については「100万円未満」が52.4%と最も多く、半数以上に上った(図2-3)。統合ログ管理ツールにもクラウドサービスが登場したり、安価なサービスの提供も増えていることから、実際に導入している方に比べ導入予定の方の場合は、低価格製品・サービスを望む傾向にあるようだ。

図2 導入状況・導入価格(導入済み・導入予定)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 導入状況・導入価格(導入済み・導入予定)
このページの先頭へ

3

ログ収集の対象に変化…セキュリティ対策での活用を期待する傾向にあり

 次に、統合ログ管理ツールを導入している方、今後導入を予定する方に、「ログ取得の対象」について伺った。その結果、導入済みの方については、1位が「OS(Windows)」で66.7%、同率2位が「ネットワーク機器」、「セキュリティ機器(ファイアウォールなど)」で45.0%、4位が「パッケージソフト」で40.0%、5位が「データベース」で36.7%と続く結果となった(図3-1)。一方で導入予定の方については、1位が「セキュリティ機器(ファイアウォールなど)」で58.8%、2位が「ネットワーク機器」で52.9%、3位が「OS(Windows)」で50.0%、4位が「データベース」で47.1%、5位が「パッケージソフト」で22.1%となった(図3-2)。今まではOS(サーバーやPC)のログ収集が重視されていたのに対し、今後導入予定の企業ではセキュリティ機器のログを最も重視しており、2位にもネットワーク機器が上がっていることから、主にセキュリティ対策での活用を期待している様子が伺える。また、「パッケージソフト」については17.9%も下がっており、優先度が低くなっていた。これは、企業が利用する様々なツールがクラウドサービスに移行していることも起因していると考えられる。

図3 ログ取得の対象(導入済み・導入予定)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図3 ログ取得の対象(導入済み・導入予定)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ログ管理/統合ログ管理ツールの導入状況(2015年)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ログ管理」関連情報をランダムに表示しています。

ログ管理」関連の製品

内部ネットワーク監視ソリューション「VISUACT」 【ギガ+他】 Mobile Perfect SP イベント支援 サービス 【ソフトバンク コマース&サービス】 Logstorage(ログストレージ) 【インフォサイエンス】
統合ログ管理 その他スマートデバイス関連 統合ログ管理
・ファイルサーバのアクセスログを生成する
・内部ネットワークに侵入したマルウェアの拡散活動を記録する
気軽に簡単にスマートフォンを活用できるクラウド型イベント支援サービス。ほかにもさまざまなサービスを揃え、自社のニーズに合わせて必要なものを利用できる。 企業内やクラウド上に分散するITシステムのログデータを自動収集、統合管理することにより、セキュリティ対策、運用負荷の軽減を実現する純国産の統合ログ管理製品。

ログ管理」関連の特集


紙やUSBメモリからの情報漏洩を防ぐためにも、人の出入りを管理したい…その第一歩となる「入退室管理シ…



今や“ログ管理”は企業規模を問わず、発注元などから求められる要件になってきている。最近ではログ収集の…



「金融商品取引法」「内部統制報告制度」がキーワードとして脚光を浴びた時代から数年、内部不正への対策の…


「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ログ管理/ 統合ログ管理ツールの導入状況(2015年)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ログ管理/ 統合ログ管理ツールの導入状況(2015年)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007751


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ