中国に情報筒抜け?ルーターにバックドアが存在は本当?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2015/06/19
ウソ?ホント?・・・みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #026

『中国製のルーターにはバックドアが仕込まれている?』ってホント?

巷の諸説は

 中国企業が製造したルーターなどのネットワーク機器。
 そういった製品にはバックドアが仕込まれていて、利用している企業や個人の情報が盗まれる恐れがあるという噂が……。
 本当だったらタイヘンだ!

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

ウソでしょう?
そうだったら恐ろしい……。
(20代・女性)

あり得なくはないとも思うけれど、解析されればわかってしまうようなバックドアは商売上仕込めないと思う。
(60代・男性)
ホントかも
世界の工場の「中国」です。共産党が情報を管理するために国営企業に仕込ませることは十分あり得るでしょう。
(50代・男性)

悪意を持ってすれば何でもできる! 特に中国は、メーカーとしての責任や、ポリシーよりも、利益を優先させている企業が多い。企業ぐるみでなく個人が何かを仕込んだとしても、チェック体制が万全とは思えない。
(40代・女性)

そのようなニュースを聞いたことがあります。中国政府が関与しているらしい噂も。グレートファイヤーウォールがあるくらいなのであながち嘘とも言えないような……。
(40代・男性)

最近の電子機器にはソフトウェアが組み込まれているので、悪意があれば何でもできちゃう。中国に限らず実際に行われている可能性はかなり高いと思う。
(60代・男性)

その噂のある機械をメンテしてました。噂以上の事を聞きませんでしたが、本当だと思います。
(40代・男性)

小さなチップがあればできそう。何があっても不思議ない世の中になりました。
(50代・男性)
世界中に何台あると思ってるの?
常識です。というか、中国に限らずルーターにはバックドアはあるもんだと思っています。
(40代・男性)

ルーターなんて“Made In China”ばっかりでしょ?
(30代・男性)
あり得なくはない話ですね
アメリカがトランクの鍵のマスターキーを持つように、暗号化方式の許認可を握っています。グレートウォールを持つ中国が同じことをやっているのは当たり前だと思います。
(40代・男性)

ソフトウエア(ファームウエア)開発者ならいろいろな裏ワザを仕込みたくなると思います。他の機器でも隠しコマンドなどは存在しますよね。よってあり得なくはない話だと思います。
(50代・男性)

中国製のルーターに限らず、メーカーの保守用に仕込んでいるのでは。
(50代・男性)

あり得ない話ではなく、中国だからあり得ると考えるべきだと思います。まあ、その前に品質が……。米軍の武器に中国製の粗悪部品が使われていて問題になったでしょ。
(50代・男性)

中国ならやるかもしれないという気持ちがあります。ただ、販売する全てではなく、目的の企業・政府に納品される“スペシャルバージョン”があるのではと思っています。または、マジックコードを受け取るまでは、眠っているBIOSの中の特殊コードとか……。
(40代・男性)
もう何も信じられない
NSAもあることだし、US製も心底信用はできまんね。イスラエル製とかも。
(50代・男性)

お国柄、あり得ない話ではないと思ってしまうあたり、もう何も信じていないということなんでしょう…。信じてないところで、どう対策したらいいかも分かってないんですが…(泣)
(20代・女性)

日本の某社でも騒ぎがありましたね。外部からリモートで操作できる機能自体は何も悪くないしフツーに存在する。でも、それをデフォルトにして出荷時設定のままとかあり得ない。しかも管理者パスワードの初期値がpasswordとか現実にあるから。
(40代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

電子印鑑サービス 「パソコン決裁Cloud」 【シヤチハタ】 無停電電源装置「Eaton UPS 9PXシリーズ」 【ダイトロン】 請求管理ロボ 【ROBOT PAYMENT】
ワークフロー UPS 販売管理システム
企業での決裁業務において、従来のワークフローに乗らない主にハンコが必要な承認文書を電子化。デバイスを問わずいつでもどこでも承認文書を決裁できる電子決裁サービス Eaton独自の技術でバッテリー期待寿命5年の長寿命UPS。無償の管理ソフトウェアにより仮想環境にも対応。150カ国以上で販売され、小型UPSでは世界トップクラスのシェア。 請求・集金・消込・催促という一連の売掛金回収業務を自動化し、統合管理できるクラウド型請求管理システム。API/CSVで販売管理・会計システムの双方と連携できる。

新着特集


GDPRの対応には関わる部門が多い。まずは各部門で対応すべき項目を整理し、優先順位をつけて対応するこ…



定点観測で見えてきたのは、ニーズが高まる現場に対して意識改革が進まない経営層の姿。アンケートから日本…



パスワードに依存しないオンライン認証方法として注目を集めるFIDO。ユーザーのメリットもさることなが…


新着セミナー

Dr.Sumで学ぶ実践BIゼミ前知識ゼロからわかるハンズオンセミナー 【ウイングアーク1st】  

開催日 5月16日(水)   開催地 福岡県   参加費 無料

本セミナーは2部構成となっております。第1部の製品紹介&ハンズオンでは今後データ活用ツールの導入をご検討されている企業様向けに、製品で解決できる課題や活用のポイ…

e-文書法で変わる帳票運用〜最新事例に学ぶ「帳票電子化」対策〜 【ウイングアーク1st】  

開催日 5月16日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

時代に応じて多様化を続けてきた企業システムにおける帳票運用。本セミナーでは、コスト削減、グローバル化、e-文書法に対応したペーパレスなど帳票に関わる課題と新たな…

「モノづくりを変える17の気付き」東京 6月 セミナー 【PLMレボリューション】  

開催日 6月28日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「プロセス」基盤のモノづくり業務構造を、情報処理基盤の次世代PLMとして再構成することで、モノづくり競争力の大幅な向上を目指しており、実現に必要な取り組みの考え…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 中国に情報筒抜け?ルーターにバックドアが存在は本当?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 中国に情報筒抜け?ルーターにバックドアが存在は本当?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007747



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ