実証実験!コーヒーvsブルーライト、集中力UPはどっち?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2015/06/05
ウソ?ホント?・・・みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #024

『ブルーライトはコーヒーより集中力アップにつながる』…これって本当?

巷の諸説は

 身体に悪影響があるのでは? と騒がれがちな「ブルーライト」。
 しかし、ブルーライトには実はコーヒーよりも集中力を高めてくれる効果があるという噂が…!
 この噂、本当?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

本当だと思う!
仕事中の集中力アップはあまり感じませんが、自宅の寝室で電化製品の青LEDが点いていると、眠気が散ってしまい寝付けません。そういう意味では、コーヒー以上に効果があるように思います。
(40代・男性)

目がさえてくるのは事実だ。
(50代・男性)

スマホとかでもずっと見て集中するので、人間を惹きつける何かがあると思う。
(40代・男性)

生命の起源が海に由来する話だと思う。特に海が比較的浅いところでは、ブルーであり、それが理由ではないだろうか。
(50代・男性)

そう言われれば、ブルーライト軽減アプリを搭載したタブレットで調べ物とかしてる時に、子供から絵本を読むようにせがまれて読み始めると、途中で眠くなる。
(40代・男性)
そんなまさか!嘘!
そんなことで集中力が持続すれば苦労しないですね。
(20代・男性)

これが本当なら、ブラウン管からLCDに変わった時に集中力がアップしたはず。……いや、それとも老化で集中力が落ちてくる時期とちょうど一致していてプラマイゼロになったのか……。
(50代・男性)

本当なら仕事中に眠くなんてなるはずが……まさか集中しすぎた結果疲労で眠気が?!
(20代・女性)

そんな気もするけど、ブルーライトでも眠くなるし、コーヒー飲んだほうが集中できる気がします。
(50代・男性)

ブルーライトでもコーヒーでも、集中できないのですが……。集中力は、メンタル面が大きいかも…です。
(50代・男性)
ブルーライトは防ぐの?浴びるの?どっちがいいの!?
太陽光にもブルーライトはたくさん含まれています。日中に光を浴びた方が目はさめる。
(50代・男性)

集中力はアップするが目にはよくないのか…。ディスプレイの光を浴びながら書類を読むのがいいのかもしれない??
(50代・男性)

それだけ覚醒作用があるってことですが、集中力につながっているかということには疑問符を持っています。マイナスな面もあるので、浴びるにしてもホドホドが良いのでしょうね。
(50代・男性)

目にはブルーライトは害があると聞いているし、ブルーライトカットの眼鏡のおかげで目が疲れなくなった。それなのに浴びるのが良いとか意味分からない。
(30代・男性)
集中力にはフリスクでしょ。
フリスク、多用すると結構財布に痛い。
(50代・男性)

フリスク+コーラまたはスプライト! 制汗タオルのアイスタイプで顔を拭いて、扇風機!
(40代・男性)
集中力は気合い!
自分以外の何かに頼るようになっちゃおしまいです。
(50代・男性)

青系の色は落ち着く効果ありと聞いた事はありますが、ブルーライトはどうなんでしょうね…。
(40代・男性)

集中力はコーヒーでもモニタにも関係ない気がする。納期に追われている緊張感が一番の特効薬。
(30代・女性)

噂に左右されるような優柔不断なヤツは集中なんてできない!
(40代・男性)

気合と回答はしましたが、実際には「興が乗るか」が大きかったりします。興が乗ると格段に集中度が上がって、そんなときの電話だとか声掛けとかで集中が切れるのが鬱陶しいことこの上もなくて。
(50代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

Microsoft Dynamics NAV (ERP/基幹システム) 【パシフィックビジネスコンサルティング】 機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは 【シマンテック】 IIJの次世代IaaSを支えるストレージ基盤、高負荷時にもI/O性能保証できる理由 【日商エレクトロニクス】
ERP アンチウイルス NAS
世界150ヵ国で11万社以上の導入実績。126言語、43ヵ国以上の商習慣に対応したマイクロソフトの中堅・中小企業向けグローバルERP。直感的な操作性と高い柔軟性が特長。 あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいなどの実害を防ぐためには、従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になるという。その理由と対策とは。 IIJの次世代IaaSを支えるストレージ基盤、高負荷時にもI/O性能保証できる理由

新着特集


広く普及している無線LANですが、IT専任者が不在の中堅中小企業では管理面のハードルが高い場面も。そ…



 今回は「ITを活用しビジネスを成長させるためにはどのようなツールが必要なのか」をテーマに、前回の「…



会議中に送っていたメールがバレる! Office 365のメールの使用時間とスケジューラーに設定され…


新着セミナー

【3時間でわかる!】体感型CCPM入門セミナー 【ビーイング】  

開催日 4月19日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

いまや世界中の多くの企業、政府系機関において、さまざまな業種、業界で成果を出しているプロジェクト管理手法CCPM(クリティカルチェーン・プロジェクトマネジメント…

JRCA登録CPDコース クラウドセキュリティ基礎知識コース 【BSIグループジャパン】  

開催日 5月10日(水),7月19日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 4万932円(税込)

BSIでは市場環境を加味し、既に情報セキュリティの知識をお持ちの方に向けたクラウドセキュリティの基礎的な知識を習得できるコースをスタートいたします。まずはクラウ…

<大阪開催>Webセキュリティ対策・実践セミナー 【京セラコミュニケーションシステム】  

開催日 4月19日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

〜ハッカー視点で学ぶ脆弱性対策のポイント〜昨今、スマートフォンやインターネットの普及に伴い、ウェブサイトへの攻撃手法は多種多様化しています。本セミナーでは、HA…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 実証実験!コーヒーvsブルーライト、集中力UPはどっち?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 実証実験!コーヒーvsブルーライト、集中力UPはどっち?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007745



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ