5秒vs10秒?PC強制終了後の待ち時間、多数派はどっち

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2015/05/22
ウソ?ホント?・・・みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #022

『PCを強制終了したときは“5秒”待ってから電源ON』これはPC安全起動の鉄則?

巷の諸説は

 突然訪れるPCの「フリーズ」。どんな操作も受け付けず、結局強制終了することに…。
 すぐにでもPCを再起動して作業を再開したいところだが、ちょっと待った! 強制終了後の再起動は「5秒待ってから電源をONにする」という鉄則があるという。
 しかしこれってホントのこと? 会員の皆さんはどうしてる?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

5秒も待ってられません。即再起動!
HDDの音や状況次第ですが、落ちたと思ったら、起動ボタンを押しています。だいたい、何か資料作ってたりしているときが多いので。
(40代・男性)

焦っているから、即ON
(40代・男性)

電源回路中のコンデンサを完全放電させる目的と聞いています。でも、私はかなりの「いらち」(関西弁で「せっかち」のこと)なので、待ちません。
(60代・男性)

5秒以内で再起動していますが、特に問題なく起動しています。
(50代・男性)
5秒が鉄則!
デジタル機器は昔は10秒、最近は5秒待ってから再度電源を入れたほうが良いと聞きます。メーカーのトラブルサポートとかに記載されているのを見ます。
(40代・男性)

昔PCの電源開発者から何秒か待つのが仕様と聞いたことがあります。5秒は待たないけれど、一応ひと呼吸は入れるようにしています。
(50代・男性)

常識です。電源の切り・入りは即座にやってはいけません。コンデンサがパンクします。
(40代・男性)

熱よりもHDD停止までに少し時間を置いた方がいいのでは? 最近5秒も必要かどうかはわかりませんが、HDDが停止するまでは待っておかないとHDDクラッシュを誘発する等するためと思っています。昔PCの調子が悪くて起動途中で電源断を繰り返した人が本当にHDDクラッシュさせ騒いでいたことがあります。自業自得。
(40代・男性)
10秒じゃないの?
待つ根拠なんてないですが、即再起動は何か不安です。待つ時間は縁起がいいので7秒にしてます。
(30代・男性)

PC内の回転部品が完全に停止するまで待つためだったと記憶しています。
(40代・男性)

せっかちな社内のおじさま方、5秒と言うと2秒くらいで起動しようとするので、「10秒!10秒お待ちください!」と叫ぶようにしています。
(20代・女性)

今まで、10秒待つものだと思っていました。実際、電源が落ちてもしばらくは、NICカード内部のライトはしばらく点灯しています。以前、再起動するつもりがシャットダウンしてしまい、慌てて電源入れたらOSが立ち上がらなくなりました。
(50代・男性)

実測5秒でOKかも知れませんが、人間慌てると秒針速度があがりがちなので、カウントダウン10秒がおすすめだと思います。だいたいそれでうまくいっています。
(50代・男性)
もっと長く置かないと不安。
PCだったら即時でもいい気がしますが、周辺機器なども考えると1分くらいは待ちたいです。
(50代・男性)

強制終了するほど疲れているので少し休ませてあげたいです。
(30代・女性)

1分ぐらいは待ちます。メモリなどに電荷が残っているとは思いませんが、心も落ち着くのでそうしてます。
(50代・男性)

HDDの動きが止まる音を確認してから電源を入れます。被害は最小限に止めたいので。
(40代・男性)

メモリ上の残留電流がなくなるまで20秒ほどかかる、と聞いたことがあります。強制終了時は完全リフレッシュして再起動すべきなので20秒待つべきだと思っています。
(40代・男性)
一晩、寝かせます。
フリーズはよくない兆し。作業は諦めて帰宅します。就業時間が終わっていて、なおかつ火急の用件でなければ、の話ですが(そんなことはまずないですけど)。
(40代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

超高速データ分析専用データベース Vertica 【アシスト】 事例で見る、ERPの第三者保守への切り替えメリットとは? 【シーエーシー】 見積共有管理 for WEB 【ソフトバンク コマース&サービス】
DWH ERP その他基幹系システム関連
大量データを超高速に処理する列指向型データベース。システム拡張も柔軟かつ低コストで実現可能であり、圧倒的なパフォーマンスでビジネスの迅速な意思決定を支援。 基幹系システムの保守は欠かせないものだが、コストは頭の痛い問題だ。ベンダー以外の事業者による「第三者保守」の可能性を、ユーザー企業の事例から探りたい。 Webブラウザで見積書の作成・承認・印刷、そして、会社の見積書共有まで実現し、営業活動の効率化と顧客対応スピードの向上を図る見積書作成システム。

新着特集


ウチには関係ない。ツールを試したが居心地が悪くなっただけ……。働き方改革が進まない理由は、もっと組織…



越境ECが注目を浴び始めています。国内消費が落ち込む中、新たな需要のニーズを解決する糸口を海外に求め…



約7年ぶりのメジャーバージョンアップとなったBluetooth。データレートが2倍、エリアが4倍とな…


新着セミナー

Office 365・Azure・SharePoint Onlineハンズオンセミナー 【カコムス】  

開催日 4月20日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

大変ご好評頂いておりますOffice 365・Microsoft Azure・SharePoint Onlineハンズオンセミナーを、カコムス大阪本社にて4月も…

再生医療産業の最新動向と新規ビジネス 【ビジネスインテリジェンスネットワーク/エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所】  

開催日 5月25日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 2万8080円(税込)

京都大学の山中伸弥教授のiPS細胞のノーベル賞受賞に伴い、再生医療が市場としても治療行為としても大きくクローズアップされるようになった。この動きに伴い、再生医療…

無料紹介セミナー 【アスプローバ】  

開催日 5月15日(月)   開催地 大阪府   参加費 無料

・従来の生産計画の問題点・スケジューラの選択・ユーザ導入負担軽減に努めるAsprova・Asprovaの発展・「無限能力・固定リードタイム呪縛」からの解放・有限…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 5秒vs10秒?PC強制終了後の待ち時間、多数派はどっち」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 5秒vs10秒?PC強制終了後の待ち時間、多数派はどっち」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007743



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ