5秒vs10秒?PC強制終了後の待ち時間、多数派はどっち

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2015/05/22
ウソ?ホント?・・・みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #022

『PCを強制終了したときは“5秒”待ってから電源ON』これはPC安全起動の鉄則?

巷の諸説は

 突然訪れるPCの「フリーズ」。どんな操作も受け付けず、結局強制終了することに…。
 すぐにでもPCを再起動して作業を再開したいところだが、ちょっと待った! 強制終了後の再起動は「5秒待ってから電源をONにする」という鉄則があるという。
 しかしこれってホントのこと? 会員の皆さんはどうしてる?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

5秒も待ってられません。即再起動!
HDDの音や状況次第ですが、落ちたと思ったら、起動ボタンを押しています。だいたい、何か資料作ってたりしているときが多いので。
(40代・男性)

焦っているから、即ON
(40代・男性)

電源回路中のコンデンサを完全放電させる目的と聞いています。でも、私はかなりの「いらち」(関西弁で「せっかち」のこと)なので、待ちません。
(60代・男性)

5秒以内で再起動していますが、特に問題なく起動しています。
(50代・男性)
5秒が鉄則!
デジタル機器は昔は10秒、最近は5秒待ってから再度電源を入れたほうが良いと聞きます。メーカーのトラブルサポートとかに記載されているのを見ます。
(40代・男性)

昔PCの電源開発者から何秒か待つのが仕様と聞いたことがあります。5秒は待たないけれど、一応ひと呼吸は入れるようにしています。
(50代・男性)

常識です。電源の切り・入りは即座にやってはいけません。コンデンサがパンクします。
(40代・男性)

熱よりもHDD停止までに少し時間を置いた方がいいのでは? 最近5秒も必要かどうかはわかりませんが、HDDが停止するまでは待っておかないとHDDクラッシュを誘発する等するためと思っています。昔PCの調子が悪くて起動途中で電源断を繰り返した人が本当にHDDクラッシュさせ騒いでいたことがあります。自業自得。
(40代・男性)
10秒じゃないの?
待つ根拠なんてないですが、即再起動は何か不安です。待つ時間は縁起がいいので7秒にしてます。
(30代・男性)

PC内の回転部品が完全に停止するまで待つためだったと記憶しています。
(40代・男性)

せっかちな社内のおじさま方、5秒と言うと2秒くらいで起動しようとするので、「10秒!10秒お待ちください!」と叫ぶようにしています。
(20代・女性)

今まで、10秒待つものだと思っていました。実際、電源が落ちてもしばらくは、NICカード内部のライトはしばらく点灯しています。以前、再起動するつもりがシャットダウンしてしまい、慌てて電源入れたらOSが立ち上がらなくなりました。
(50代・男性)

実測5秒でOKかも知れませんが、人間慌てると秒針速度があがりがちなので、カウントダウン10秒がおすすめだと思います。だいたいそれでうまくいっています。
(50代・男性)
もっと長く置かないと不安。
PCだったら即時でもいい気がしますが、周辺機器なども考えると1分くらいは待ちたいです。
(50代・男性)

強制終了するほど疲れているので少し休ませてあげたいです。
(30代・女性)

1分ぐらいは待ちます。メモリなどに電荷が残っているとは思いませんが、心も落ち着くのでそうしてます。
(50代・男性)

HDDの動きが止まる音を確認してから電源を入れます。被害は最小限に止めたいので。
(40代・男性)

メモリ上の残留電流がなくなるまで20秒ほどかかる、と聞いたことがあります。強制終了時は完全リフレッシュして再起動すべきなので20秒待つべきだと思っています。
(40代・男性)
一晩、寝かせます。
フリーズはよくない兆し。作業は諦めて帰宅します。就業時間が終わっていて、なおかつ火急の用件でなければ、の話ですが(そんなことはまずないですけど)。
(40代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

付加価値の高いサービス基盤を効率よく整備する際に必要なこと 【東日本電信電話】 Office 365を業務現場に手間なくスムーズに定着させる方法 【マイクロメイツ】 MajorFlow Time 【パナソニック ネットソリューションズ】
タブレット 運用系業務アウトソーシング 勤怠管理システム
高齢者を含む一般消費者向け事業の成否は、いかに付加価値の高いサービスを提供できるかにかかっている。そのサービス基盤を効率よく整備する際に必要なことを考えていく。 Office 365を業務現場にスムーズに定着させる方法――IT部門の手は煩わせない ワークフロー「MajorFlowシリーズ」の勤怠管理システム。Webで勤務報告や各種申請が実現。タイムレコーダ連携や他システムとの連携、スマートフォンからの入力も実現。

新着特集


導入した社内SNSに本領を発揮してもらい、社内で有効利用させるためには、どのような工夫が必要なのでし…



2016年第3四半期(7月〜9月)は、前年同期比18.8%増のプラス成長となった。微減ながらもトップ…



GEが目指す「現場のデジタル化」は、現場が分からない経営者を撲滅する? 実現が望まれながら、机上の空…


新着セミナー

データから迅速なビジネス判断を実現「Domo」ハンズオンセミナー 【富士通】  

開催日 2月9日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

・ビジネス管理プラットフォーム「Domo」は、社内外のすべてのデータを1か所に集約し、お客様にとって最適な形にパーソナライズしたダッシュボードやデータを共有しな…

デュプロセキュリティセミナー 【デュプロ販売】  

開催日 2月16日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

第1部(14:30〜15:20) 年末度に増加するセキュリティの事故。その対策には多層防御が必須です。「セキュリティ対策のベストプラン」 ■近年の標的型攻撃の動…

「初めてのBRMS」 ハンズオンセミナー(無償) 【SCSK】 締切間近 

開催日 1月20日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

プログラム 1.そもそもBRMSとは?2.JBoss BRMSとは?3.ハンズオン4.『Red Hat JBoss Middleware』製品のご紹介

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 5秒vs10秒?PC強制終了後の待ち時間、多数派はどっち」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 5秒vs10秒?PC強制終了後の待ち時間、多数派はどっち」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007743



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ