断末魔のUSBメモリ、データはどうなる?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2015/04/10
ウソ?ホント?・・・みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #016

『USBメモリは使えば使うほど寿命が短くなり、寿命が来るとデータが壊れる』って本当?

巷の諸説は

 データのやり取りやバックアップに役立つUSBメモリ。
 便利さから毎日頻繁に使っているうちに、その寿命がどんどん早まるという。また、寿命がきてしまうと、データ自体が壊れてしまうという噂が…!
 この噂、本当?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

初耳です!
初耳ですが精密機械なのでいつか壊れると思います。機械の寿命と思えばいいのでは?
(20代・男性)

初耳ではあるが。駆動部分がなくても、やはり機械もの。使えば劣化する。使わなくても劣化するけど。メモリはシリコンだから、さほどの差はないのじゃないかな?
(60代・男性)
本当です。カタチあるものには全て寿命が…。
書換回数制限の話でしょ? 普通に使う分には数年間は平気だと思いましたが。
(50代・男性)

書き込み回数が関係します。頻繁に上書きする処理の記憶先にUSBメモリを利用していたら短命に終わりました。
(30代・男性)

電子を保持するためのゲートが劣化するから。寿命を迎えた領域に保存されてしまったファイルは壊れます。
(30代・男性)

永久保存など、夢のまた夢。
(50代・男性)

フラッシュメモリの特性上仕方のないことで、SSDでも同様の性質がある。ただ、外部メモリとしての通常の使用であれば、多分紛失のほうがリスクが高いと思います。
(60代・男性)
ウソだと思います。
経年劣化はあるだろうけど、使えば使うほどってのはウソでしょう。
(40代・男性)

フラッシュメモリはハードディスクとは異なり、物理的な動作でアクセスするシステムではないので壊れることはないと思います(と信じたい)。
(60代・男性)
寿命はあるけれど、データが壊れる事はない!
読み書き速度がだんだん遅くなる。書き込みできなくなることはあっても、一旦書き込めたデータは壊れないと思う。
(50代・男性)

書き込み回数制限があるので、「これ以上書き込みできない=寿命」なのであれば、「寿命あり」になります。ただ、既に書き込んであるデータは読めるはず。
(40代・男性)
寿命以前にいつもどこかで紛失してしまうんだよね…
消耗品!
(40代・男性)

あと、刺したままの時にぶつけてポッキリ逝っちゃう
(30代・男性)

そもそも重要な情報は紛失可能性のあるUSBメモリなどにデータを保管すべきでないと思う。
(40代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 Barracuda Web Application Firewall 【バラクーダネットワークスジャパン】
BI バックアップツール WAF
高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 ファイアウォールやIDS/IPSで保護できない、Webサイトへの外部からの不正アクセスを防御。SQLインジェクションやXSSなどによる顧客情報流出やWebサービス停止を確実に防止

新着特集


モバイルやWeb会議、仮想デスクトップを導入したものの、ワークスタイル“変革”ではなく“改善”で止ま…



IoTデータをどう扱えばよいか分からないと悩んだことはないだろうか。「KDDI IoTクラウド 〜デ…



機器を液体につけて冷却する富士通の「液浸冷却技術」は、データセンターの電力消費を40%削減するほか、…


新着セミナー

仮想化は今や常識、運用時によくある失敗事例とその回避策とは 【ピー・ビーシステムズ/ゾーホージャパン】  

開催日 6月16日(金),9月7日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

●サーバーの仮想化を実施したが原因不明の「何か遅い…」が解決できない●仮想サーバーが増加傾向にあり、管理が煩雑になりつつある●サーバー・ネットワーク統合監視ソフ…

事例に学ぶ、保守・メンテ業務の働き方改革 【パナソニック インフォメーションシステムズ/レッドフォックス】  

開催日 6月23日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

保守・メンテナンス業務では、作業が終わっても報告書作成のために一旦帰社しなければならないことが多く「システム入力が負担」「夜間残業を減らしたい」などのお悩みがよ…

将来を見据えた「EDI再構築」のやり方セミナー(大阪) 【ユーザックシステム】  

開催日 6月15日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

流通BMSの本格運用が開始され、約5年が経過しました。初めて流通BMSに対応することになったため、事前に想定していた運用と対応後では、ギャップを感じている企業様…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 断末魔のUSBメモリ、データはどうなる?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 断末魔のUSBメモリ、データはどうなる?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007738



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ