空間に巨大バリアを瞬時に生成!ボーイング社が発明した目的とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2015/04/09

空間に巨大バリアを瞬時に生成!ボーイング社が発明した目的とは

ボーイング社がレーザーを空間に照射して電磁シールドを生成する技術を特許申請し受理された。映画スター・ウォーズで登場した爆発の衝撃を回避する技術、フォースフィールドが実現? と議論が沸騰している。

***

 映画スター・ウォーズに登場するフォースフィールドをおぼえているだろうか。敵が発射した銃弾、ミサイルなどを空中に張る巨大で透明なシールド(膜)をバリアとして防御する仕組みである。

 今回ボーイング社の特許申請情報として公表された技術は、「電磁アーク(円弧)により衝撃波を吸収する方法とそのシステム」とのタイトルである。残念ながらフォースフィールドのような銃弾やミサイルを直接防御するシステムとは異なるようだ。
ボーイング社が特許申請した技術について説明したアニメ動画
 公開された特許申請内容からは、乗り物の近くで発生した爆発による爆風、衝撃波を緩和する電磁フィールドをレーザーによりバリアとして生成する技術であることが分かる。戦闘地域で発生した爆発の衝撃から軍用車に乗っている人間を保護することを想定している。

 そのため爆発が発生したのを探知するセンサー技術も特許申請に含まれている。爆発する時間と場所を発光した瞬間にセンサーが推定、すぐにその方向と守るべき主体とを結ぶ線上にレーザーパルスを照射する。

 レーザーパルスは、レーザー誘起プラズマチャンネルを形成することで空気をイオン化する。その周辺に空気より熱が高く密度が濃いシールドとしてのプラズマ電磁フィールドが発生することで、爆発の衝撃を吸収するバリアとなる仕組みである。

 特許申請書類では、平たい地面を走る軍事用ジープを守ることを主眼に説明しているものの、水上艦、潜水艦、海上プラットフォーム、航空機などへ応用可能な技術とみられる。

 スター・ウォーズのフォースフィールドに関連した前向きなコメントが多い。「ようこそ未来へ」(レバノン)、「スター・ウォーズのフォースフィールドがもうすぐ登場する」(オーストラリア)、「このアイデアが好き」(ロシア)……。

 ボーイング社の技術とスター・ウォーズのフォースフィールドとの関係に言及したコメントとしては、「ボーイング社の最新の技術特許はスター・ウォーズからヒントを得ている」(米国)、「間接的な衝撃波からターゲットを守るボーイング社の技術」(米国)、「ボーイング社の技術特許は銃弾やミサイルの直接の衝撃を防ぐものではない」(英国)がある。

 特許の内容を確認したほうがよいコメントとしては、「フォースフィールドが具現化ってABCのニュース記事にもなっている」(日本)がある。

 また、映画とボーイング社の技術の関係にネガティブなコメントしては、「動画をアップした作者がボーイング社の技術を勝手にスター・ウォーズと結びつけているだけでは?」(不明)がある。

 さらに、変わったコメントとしては、「動画にピラミッドが登場するけどボーイング社の特許とエジプトは関係するの?」(不明)がある。

 繰り返しになるが、ボーイング社の技術特許は間接的な衝撃を緩和する点にあり、スター・ウォーズのフォースフィールドとは異なっている。またスター・ウォーズのアイデアからヒントを得たことを確認するには、映画に登場するフォースフィールドの技術内容を知る必要がある。
  • 「ボーイング社の最新の技術特許はスター・ウォーズからヒントを得ている」(米国)
  • 「間接的な衝撃波からターゲットを守るボーイング社の技術」(米国)
  • 「ようこそ未来へ」(レバノン)
  • 「スター・ウォーズのフォースフィールドがもうすぐ登場する」(オーストラリア)
  • 「このアイデアが好き」(ロシア)
  • 「ボーイング社の技術特許は銃弾やミサイルの直接の衝撃を防ぐものではない」(英国)
  • 「動画をアップした作者がボーイング社の技術を勝手にスター・ウォーズと結びつけているだけでは?」(不明)
  • 「フォースフィールドが具現化ってABCのニュース記事にもなっている」(日本)
  • 「動画にピラミッドが登場するけどボーイング社の特許とエジプトは関係するの?」(不明)

※上記枠内はすべて編集部訳

(執筆者:西山 昇)
おすすめ記事

バックナンバーをまとめて読むなら右のボタンから! 一覧へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「世界のRe:アクション」の記事は、インターネット上に配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、ニュース内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007726


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ
噂のIT都市伝説

キーマンズネットとは

ページトップへ