この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

“DaaS”はVDIの新潮流となるか!?

2015/06/29

 PCにデータを保存することなく個人のデスクトップ環境を提供できるため、セキュリティを担保しながらIT担当者の管理負担を軽減するソリューションとして注目されているVDI。一方で導入時のイニシャルコストの高さが、企業にとっては大きな負担になるという課題もある。そんな中、昨今、月額料金で仮想デスクトップ環境を実現できる“DaaS”が市場を拡大してきている。
 そこで今回の特集では、デスクトップ仮想化を実現する1つのソリューションとしてのDaaSに焦点を当て、その概要と利用メリット、実際の活用シーンを紹介する。また後半ではサービス選定時の注意点を解説しているので、併せてご参照いただきたい。

VDI

※「VDI/“DaaS”はVDIの新潮流となるか!?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「VDI/“DaaS”はVDIの新潮流となるか!?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1DaaSの基礎解説

1-1VDIをサービスとして提供するDaaSとは?

 DaaS(Desktop as a Service)とは、エンドユーザの利用する仮想デスクトップ環境を、インターネットなどを経由してクラウドサービスとして提供するものだ。ユーザは、サービス事業者のクラウド上に移植されたデスクトップ環境を、PCやタブレット、スマートフォン、あるいはシンクライアントやゼロクライアントから月額料金で利用することができる。

図1 DaaSの利用イメージ
図1 DaaSの利用イメージ
資料提供:新日鉄住金ソリューションズ
図2 VDIとDaaS(クラウドホスト型)の構成比較
図2 VDIとDaaS(クラウドホスト型)の構成比較
【従来のVDI】
•設備投資コストモデル
•柔軟なデスクトップへのアクセス方法
•顧客の要件に応じて拡張可能
•豊富な管理機能

【クラウドホスト型】
•使用量に応じた価格設定をベースにした運用コストモデル
•必要に応じて拡張可能
•社内で必要な専門知識は最小限
•データセンターを構築できないリモートサイトに対応
資料提供:ヴイエムウェア

【DaaSの3つの提供形態】

 サービス事業者がDaaSを提供する形態は、大きく3つに分類できる。順番にプライベートクラウドDaaS、バーチャルプライベートクラウドDaaS、そしてパブリッククラウドDaaSだ。
 1つめのプライベートクラウドDaaSは、オンプレミスで仮想デスクトップ環境を構築するVDIとほぼ同じ使い勝手のもので、仮想デスクトップ環境の構築先が自社内ではなく、サービス事業者のデータセンターになるというものだ。構築された環境はその企業専用のものだが、課金形態としては月額モデルなので、莫大な初期コストが発生するわけではない。
 次にバーチャルプライベートクラウドDaaSは、サービス事業者が自身の提供するIaaSもしくはPaaS上に仮想デスクトップ環境を載せて提供するもので、一部占有/一部共有という形になる。
 そして3つめのパブリッククラウドDaaSはその名の通り、アプリケーションも含めたサービス事業者のITリソースを複数のユーザ企業で利用する形態のものだ。
 ただし現在のユーザ企業における仮想デスクトップ環境の実現形態としては、オンプレミスがまだ95%を占めており、DaaSについては、“プライベートクラウドDaaSから徐々に広がってきている”というのが現実のようだ。

図3 デスクトップ仮想化の提供形態
図3 デスクトップ仮想化の提供形態
資料提供:IDC Japan

【仮想デスクトップ環境を実現する4つのインフラ形態】

 次に仮想デスクトップ環境を実現する際のインフラ形態についても、簡単に触れておこう。大きく4つに分類でき、各々、SBC(Server Based Computing)、Server VDI、VDI、HDI(Hosted Desktop Infrastructure)となる(図4参照)。
 SBC(Server Based Computing)は、サーバーOSを複数ユーザで共有し、処理した結果を端末に画面転送する方式である。HDIは1台のブレードPC上で1つのデスクトップ環境を構築し、ブレードPCをサーバー上で集約し、端末に画面転送する方式である。VDIとServer VDI(クライアントOSの替わりにサーバーOSを使用するもの)は、仮想化技術をベースに複数のVMを構築、動作させている。つまり、以上の4方式においては、物理的なリソースを論理的な単位に細分化、あるいは集約化してそのリソースを動的に再配置し、柔軟性や信頼性を向上させている。これらを「仮想化」と捉えて頂きたい。

図4 クライアント仮想化を実現する4つのインフラ形態
図4 クライアント仮想化を実現する4つのインフラ形態
資料提供:IDC Japan

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

VDI/“DaaS”はVDIの新潮流となるか!?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「VDI」関連情報をランダムに表示しています。

VDI」関連の製品

導入検討で実際に体験もできるハイパーコンバージドインフラ 【レノボ・ジャパン株式会社】 SANsymphony-V 【データコア・ソフトウェア】 情報漏洩対策+資産管理ツール MaLion 5 【インターコム】
ストレージ仮想化 ストレージ仮想化 IT資産管理
仮想化による「運用コストと管理の複雑性増加」を解消する方法 ストレージ仮想化という新しい価値観を提供するSoftware-Defined Storage製品。ストレージをハードウェアの制約から開放し、性能、容量、運用とコストを高次元で最適化。 情報漏洩対策とIT資産管理・SAMを網羅したクライアントPC運用管理ソフト。充実した操作監視・制限機能や管理者負担の軽減に配慮した導入・運用支援機能が特長。

VDI」関連の特集


在宅勤務を実現する際には、業務に必要な各種環境を可能なかぎり「セキュア」なかたちで構築する必要がある…



昨夏より日本でも販売されるChromebook。米国では教育現場をはじめ法人市場での導入が進んでいる…



ワークスタイル変革には生産性の向上など様々なメリットが見込まれるが、特に日本ではBCP対策の観点も欠…


VDI」関連のセミナー

【東京】働き方改革・健康経営実現に向けたセミナー 【日立コンサルティング 】 締切間近 

開催日 12月13日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

株式会社日立コンサルティングは、働き方改革をめざしている方や取り組まれている方を対象とした「働き方改革・健康経営実現に向けたセミナー」を2016年12月13日(…

セキュリティ向上に向けたVDI導入セミナー 【主催:日本システムウエア 協賛:アルファテック・ソリューションズ】 締切間近 

開催日 12月13日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

 昨今、多くの企業ではより強固なセキュリティ対策が求められています。 クライアントPCのWindows10への更新タイミングはVDI導入検討の絶好の機会でもあり…

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

VDI/ “DaaS”はVDIの新潮流となるか!?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「VDI/ “DaaS”はVDIの新潮流となるか!?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30007712


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ