仕事の優先順位も教えてくれる?機能性とUIで選ぶクラウドメール

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

業務の優先順位も教えてくれる?機能性とUIで選ぶクラウドメール

2015/05/11

 データの大容量化とコミュニケーション機会の増加に伴い、オンプレミスのメールサーバー運用で起こりがちな絶え間ないシステム拡張と運用管理負荷増大に悩む企業は多いはず。また、モバイルデバイスからの社内メール利用のニーズも高まっている。そこで注目されるのが「クラウドメール」。すでにメールシステム刷新の第一の選択肢となっている。しかしセキュリティ面への不安や監査ニーズに応えられるか、導入の際スムーズな移行ができるかという不安から、切り替えに踏み切れない企業も多いようだ。今回は、最新クラウドメールサービスのトピックスを紹介するとともに、導入の際に問題になりがちなポイントを整理してみよう。

メール クラウド

※「メール クラウド/仕事の優先順位も教えてくれる?機能性とUIで選ぶクラウドメール」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「メール クラウド/仕事の優先順位も教えてくれる?機能性とUIで選ぶクラウドメール」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1「クラウドメール」その移行メリットと特徴

 メールシステムの悩みは、システム管理面では運用管理負荷とメール容量拡張コスト、常に変動するユーザ情報への対応やサポート/教育、セキュリティ強化への投資と管理負荷が代表的なポイントになろう。またユーザにとってはメールの量そのものの増加と1つひとつのメールの大容量化、加えて情報漏洩防止ポリシーに沿った個人レベルでの注意ポイントが増えていくことなどが挙げられよう。
 従来からのメールシステムをそのまま運用していては、こうした課題の解決が難しいのではないかという意識は誰しも抱くはず。また、テキスト/音声/ビデオチャットやWeb会議、社内SNSなどの技術進化と普及により、メールというコミュニケーション手段が必ずしもいつも最適とは限らず、場合によっては業務効率を阻害している可能性があるのではないかという議論さえ行われるようになってきた。そこで抜本的なコミュニケーション/コラボレーションの合理化・効率化を考える企業が増えている。しかしメールシステムを廃止する選択は、今後数年先を考えても間違いなくあり得ない。そこでメールシステム刷新のタイミングで更にコラボレーション強化ができる施策として、経営的な視点からも注目されるのが「クラウドメール」だ。まずは移行メリットの面から考えてみよう。

1-1「クラウドメール」への移行メリット

 クラウドメールは、共用型のメールサーバーが社外のサービス業者側にあり、インターネット(サービスによっては業者保有の閉域網も利用可能)を介して企業内から接続して利用する形態のメールシステムのこと。「Webメール」と呼ぶ場合には、ブラウザをメールクライアントとして利用するサービスのことを指すことが多いが、そればかりでなく、Outlookなど各種のクライアントメーラーで利用できるサービスも含まれる。メールホスティングサービスとは違い、自社専用物理サーバーをサービス業者側に備えるのではなく、あくまで業者側で用意したメールインフラ上で、多少の顧客別カスタマイズが可能な場合はあるにしろ、原則としてレディメードの機能を利用することになる(図1)。

図1 クラウドメールのイメージ
図1 クラウドメールのイメージ
左:閉域網利用型、右:インターネット利用型
資料提供:NTTコミュニケーションズ

 機能がレディメードであることには長短があり、ユーザ側の運用管理工数が少なくなる一方、従来のオンプレミス型メールシステムで作り上げてきた運用法が踏襲できないケースが出てくる。エンドユーザの運用法も変更/刷新する割り切りができるか否かが、導入の最初の関門になるだろう。まず、従来の運用法が変わることの悪影響と、一般的なクラウドメール導入メリットとを比較してみるとよい。

クラウドメールの一般的なメリット

システムの老朽化、ソフトのバージョンアップコストを考えなくてよい

メールサーバーの運用管理コストが基本的に不要

多種のモバイルデバイスからアクセス可能

オンプレミスでのサーバー運用よりも可用性が高いことが多い(99.5〜99.8%といった高可用性)

大容量メールボックスが低コストで得られて拡張も容易、アカウント追加も簡単

 こうしたメリットと、従来のメールシステムの運用を変えることの悪影響とを勘案するのが第一歩だ。メールの仕組みは各社各様であり、クラウドメール導入でどこまで運用が変わるかは業務に即して個別に検討する必要があるため、ベンダやSIerと要件を詰めて相談してみることをお薦めする。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

メール クラウド/仕事の優先順位も教えてくれる?機能性とUIで選ぶクラウドメール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メール クラウド」関連情報をランダムに表示しています。

メール クラウド」関連の製品

クラウド勤怠管理システム Touch On Time(タッチオンタイム) 【デジジャパン】 クラウド型メールアーカイブサービス 「Active! vault SS」 【クオリティア】 クラウド勤怠管理システム 「バイバイ タイムカード」 【ネオレックス】
勤怠管理システム メールアーカイブ 勤怠管理システム
全店舗・事業所の出退勤状況をクラウドで一元管理できる勤怠管理システム。生体認証やICカード、スマートフォン利用など多彩な打刻方法に対応。利用実績は40万人以上。 Google Apps、Office 365と連携可能なクラウド型メールアーカイブサービス。日本語対応で使いやすく、コンプライアンス対策に役立つ。 2年連続シェアNo.1(1,000人以上規模、2016年ミック経済研究所調べ)の勤怠管理システム。様々な打刻方法と柔軟なカスタマイズに対応し、サポート体制も充実。

メール クラウド」関連の特集


メール誤送信防止ソリューション、頭ではイメージできるけど、具体的にどうやって使うのかイメージしにくい…



クラウドへの期待と現実とのギャップが散見される昨今、競争優位構築のためのクラウド戦略とは何か?アナリ…



「紙とハンコ」で顧客管理や従業員間のコミュニケーションを行っていた老舗ホテル。グループウェアを導入し…


メール クラウド」関連のセミナー

塩漬けシステム再生!今取り組むべき、ITモダナイゼーション 【システムズ】 注目 

開催日 2月22日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

マイグレーションプロバイダのシステムズでは、マイグレーションのリーディングプロバイダとして、レガシー化した既存システムをモダナイズ(近代化)するための、システム…

【大阪】デスクネッツ ネオ & Major Flowクラウド体験セミナー 【主催:ネオジャパン 共催:パナソニック ネットソリューションズ】 注目 

開催日 2月3日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

本セミナーでは、デスクネッツ ネオならではの最新機能のほか、連携するワークフロー製品「MajorFlow」まで、実際のパソコン環境でご体験いただけます。前半では…

【福岡】デスクネッツ ネオ & チャットラック体験セミナー 【ネオジャパン/九州日立システムズ】 注目 

開催日 2月7日(火),2月7日(火)   開催地 福岡県   参加費 無料

1人1台のパソコン環境で操作性や機能をご体験いただきながら、満足度No.1グループウェア(※)「desknet's NEO」とビジネスチャットシステム「Chat…

「メール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

メール クラウド/ 仕事の優先順位も教えてくれる?機能性とUIで選ぶクラウドメール」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「メール クラウド/ 仕事の優先順位も教えてくれる?機能性とUIで選ぶクラウドメール」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30007705


IT・IT製品TOP > メール > 電子メール > 電子メールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ