仕事の優先順位も教えてくれる?機能性とUIで選ぶクラウドメール

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

業務の優先順位も教えてくれる?機能性とUIで選ぶクラウドメール

2015/05/11

 データの大容量化とコミュニケーション機会の増加に伴い、オンプレミスのメールサーバー運用で起こりがちな絶え間ないシステム拡張と運用管理負荷増大に悩む企業は多いはず。また、モバイルデバイスからの社内メール利用のニーズも高まっている。そこで注目されるのが「クラウドメール」。すでにメールシステム刷新の第一の選択肢となっている。しかしセキュリティ面への不安や監査ニーズに応えられるか、導入の際スムーズな移行ができるかという不安から、切り替えに踏み切れない企業も多いようだ。今回は、最新クラウドメールサービスのトピックスを紹介するとともに、導入の際に問題になりがちなポイントを整理してみよう。

メール クラウド

※「メール クラウド/仕事の優先順位も教えてくれる?機能性とUIで選ぶクラウドメール」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「メール クラウド/仕事の優先順位も教えてくれる?機能性とUIで選ぶクラウドメール」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1「クラウドメール」その移行メリットと特徴

 メールシステムの悩みは、システム管理面では運用管理負荷とメール容量拡張コスト、常に変動するユーザ情報への対応やサポート/教育、セキュリティ強化への投資と管理負荷が代表的なポイントになろう。またユーザにとってはメールの量そのものの増加と1つひとつのメールの大容量化、加えて情報漏洩防止ポリシーに沿った個人レベルでの注意ポイントが増えていくことなどが挙げられよう。
 従来からのメールシステムをそのまま運用していては、こうした課題の解決が難しいのではないかという意識は誰しも抱くはず。また、テキスト/音声/ビデオチャットやWeb会議、社内SNSなどの技術進化と普及により、メールというコミュニケーション手段が必ずしもいつも最適とは限らず、場合によっては業務効率を阻害している可能性があるのではないかという議論さえ行われるようになってきた。そこで抜本的なコミュニケーション/コラボレーションの合理化・効率化を考える企業が増えている。しかしメールシステムを廃止する選択は、今後数年先を考えても間違いなくあり得ない。そこでメールシステム刷新のタイミングで更にコラボレーション強化ができる施策として、経営的な視点からも注目されるのが「クラウドメール」だ。まずは移行メリットの面から考えてみよう。

1-1「クラウドメール」への移行メリット

 クラウドメールは、共用型のメールサーバーが社外のサービス業者側にあり、インターネット(サービスによっては業者保有の閉域網も利用可能)を介して企業内から接続して利用する形態のメールシステムのこと。「Webメール」と呼ぶ場合には、ブラウザをメールクライアントとして利用するサービスのことを指すことが多いが、そればかりでなく、Outlookなど各種のクライアントメーラーで利用できるサービスも含まれる。メールホスティングサービスとは違い、自社専用物理サーバーをサービス業者側に備えるのではなく、あくまで業者側で用意したメールインフラ上で、多少の顧客別カスタマイズが可能な場合はあるにしろ、原則としてレディメードの機能を利用することになる(図1)。

図1 クラウドメールのイメージ
図1 クラウドメールのイメージ
左:閉域網利用型、右:インターネット利用型
資料提供:NTTコミュニケーションズ

 機能がレディメードであることには長短があり、ユーザ側の運用管理工数が少なくなる一方、従来のオンプレミス型メールシステムで作り上げてきた運用法が踏襲できないケースが出てくる。エンドユーザの運用法も変更/刷新する割り切りができるか否かが、導入の最初の関門になるだろう。まず、従来の運用法が変わることの悪影響と、一般的なクラウドメール導入メリットとを比較してみるとよい。

クラウドメールの一般的なメリット

システムの老朽化、ソフトのバージョンアップコストを考えなくてよい

メールサーバーの運用管理コストが基本的に不要

多種のモバイルデバイスからアクセス可能

オンプレミスでのサーバー運用よりも可用性が高いことが多い(99.5〜99.8%といった高可用性)

大容量メールボックスが低コストで得られて拡張も容易、アカウント追加も簡単

 こうしたメリットと、従来のメールシステムの運用を変えることの悪影響とを勘案するのが第一歩だ。メールの仕組みは各社各様であり、クラウドメール導入でどこまで運用が変わるかは業務に即して個別に検討する必要があるため、ベンダやSIerと要件を詰めて相談してみることをお薦めする。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

メール クラウド/仕事の優先順位も教えてくれる?機能性とUIで選ぶクラウドメール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メール クラウド」関連情報をランダムに表示しています。

メール クラウド」関連の製品

OKBIZ. for FAQ / Helpdesk Support 【オウケイウェイヴ】 NextGen Firewall Xシリーズ(旧 Barracuda Firewall) 【バラクーダネットワークスジャパン】 「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】
FAQシステム ファイアウォール グループウェア
FAQの作成・公開・評価から、コンタクトセンタにおける問い合わせ管理業務までをワンストップで提供。顧客対応業務の効率化と顧客満足度の向上を同時に実現する。 通常のL3/L4ファイアウォール機能に加え、アプリケーションとユーザの可視化・制御機能を備えたL7対応の次世代ファイアウォールアプライアンス。 305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。

メール クラウド」関連の特集


ページ数の多いファイルや映像・画像などの中には、数十MB、数百MBに及ぶものも…。今回は、簡単に素早…



クライアント端末市場は拡大し、主役はスマートフォンですが企業活用はなかなか浸透していません。今後の活…



中堅〜大企業では一般的な“データセンター活用”も、中小企業ではまだ進んでいないのが現実。一体ナゼなの…


メール クラウド」関連のセミナー

IoT特有のセキュリティ課題を徹底解説! 【ソフトバンク コマース&サービス】 注目 

開催日 2月24日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

インダストリー4.0をキーワードに欧州、米国の製造業界、医療業界のIoT化が進む中、日本を中心としたアジアでは今後より早いスピードでのIoT化が予想されています…

クラウドの『プライベート化』戦略 最前線 【ブロードバンドタワー】 注目 

開催日 3月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、自社の業務やビジネスに最適化した、真の意味で「プライベート化」されたインフラづくりをテーマに各界のトップエンジニアより最新テクノロジーの活用術を…

クラウド移行の決定版!「Double-Take Move」セミナー 【シーティーシー・エスピー】 注目 

開催日 3月15日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

「クラウドファースト」という言葉からも分かるように、クラウド活用を考えている企業が急速に増えています。しかし、あらゆる企業がクラウド活用にまい進しているのかとい…

「メール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

メール クラウド/ 仕事の優先順位も教えてくれる?機能性とUIで選ぶクラウドメール」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「メール クラウド/ 仕事の優先順位も教えてくれる?機能性とUIで選ぶクラウドメール」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30007705


IT・IT製品TOP > メール > 電子メール > 電子メールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ