スマホ料金の滞納で住宅ローンが組めないって本当?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2015/03/06
ウソ?ホント?・・・みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #011

『スマホの料金を滞納すると住宅ローンが組めなくなる』これってホント?

巷の諸説は

ついウッカリして、スマホの利用料金を支払い忘れてしまうことがある。
結果“料金滞納”ということになるのだが、このウッカリが、後の住宅ローンやクレジットカードの審査に影響するという噂があるという……。
この都市伝説、本当のことだろうか?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

本当ですよ。
利用料をクレジットカードや銀行口座から引き落としていると、滞納は信用情報に記載されるはずです。住宅ローンを組んでいますが、審査の時に自分の信用情報が非常に気になりました。油断大敵です。
(40代・男性)

確認したわけではないですが、スマホ料金は、いわゆる生活基本料金としているのでは? 電気、ガス、電話代金と信用査定機関からしてみたら、生活基本料金が滞納するような輩は長期ローンは組めないと判断するのではないでしょうか?(想像ですけどね)
(40代・男性)

スマホに限ったことではないでしょ。ローンは大抵、信用会社が肩代わりしてるわけで、必要な情報は共有されているはず。滞納も、程度が過ぎるとアウト!ですよ。
(60代・男性)

滞納した瞬間に不可ということはないだろうけど、ためまくったらあり得ない話ではないと思います。むしろ、正当な対価を払わない者はペナルティを課せられるべきで、住宅ローン組ませないも推奨されるべきかと。
(50代・男性)

何事も滞納することは良いことではないけど、スマホを割賦販売して手軽に持てることのメリット・デメリットを理解した上で利用すべき。「実質ゼロ円」とかのウマい話は、そのカラクリも利用者側が理解しないと痛い目を見ることになる。
(40代・男性)

利用料だけではありませんが……本体料金も分割で購入していてその扱いがクレジットになっていると滞納すると信用情報に履歴を載せるという書類にサインをさせられるはずです。そうすると、利用料滞納=クレジットの支払い滞納となるので信用情報に滞納履歴が載りこれが影響するクレジットカードの発行やローンに影響が出ます。
(30代・男性)

本当だと思います。でも一体どういう情報網でやりとりしているんだろう?
(40代・男性)
体験済みです…
コメントできません…。
(30代・男性)
またまたそんな。スマホ料金ぐらいで。
今のところ自分には関係ないけど、未払いが多発すれば経済的信用を失うのは当たり前。
(40代・男性)

信販会社のブラックリストに載った場合でしょ。よほど悪質でないと載らないのでは?
(60代・男性)

個人情報がどんな形であれ、信用を無くす情報は金融業界は把握するでしょう。
(60代・男性)
ウソですね。延滞したことあるけど影響なしでした。
そのキャリアへ新規契約できなくなることはあれ、外部に情報は流れない!ですよね…。
(30代・男性)

それほどたいした問題ではないでしょ!
(60代・男性)

キャリアから銀行に個人情報が流れるとは考え難い(あったら怖い)。
(40代・男性)
住宅ローンを組む予定はないのでどちらでもいい…。
滞納しても実際住宅ローンを支払っています。
(50代・男性)

スマホではないですが、電話料金は滞納で止められたけど、その後住宅ローン組めました。
(30代・女性)

よほどでなければ大丈夫なのでは?
(30代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

DevOpsでビジネスにスピードと信頼性を、運用自動化のベストプラクティスは 【ネットワールド】 業務システム用クラウドサービスの選び方――海外サービスとの比較、他 【ビッグローブ】 中堅・中小企業でも何とかなる、会計システムのクラウド移行“最適解” 【ビッグローブ株式会社】
DevOps IaaS/PaaS IaaS/PaaS
ビジネスのスピードを上げるには、開発と運用が連携してシステム開発を進める「DevOps」の実践が大きな鍵となる。その実現には運用自動化ツールが欠かせない。 業務システム用クラウドサービスの選び方――海外サービスとの比較、他 中堅・中小企業でも何とかなる、会計システムのクラウド移行“最適解”

新着特集


常温処理ながら従来型コンピュータの約50倍ものスピードで問題解く「量子ニューラルネットワーク」、その…



自動運転車のミライはどうやって作られるのか? 今回は東大の次世代モビリティ研究センターに潜入。超大型…



 前回は、全てのアプリでリリース後に取り組むべき「新規ユーザー数を伸ばす取り組み」と「継続率改善の取…


新着セミナー

開発者様向けセミナー「InterSystems Japan Summit in 大阪」 【インターシステムズジャパン】  

開催日 3月8日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

インターシステムズジャパンでは、開発者様を対象に、技術セミナー「InterSystems Japan Summit 2017 in 大阪」を開催いたします。共通…

純国産ERP「GRANDIT」最新版Ver2.3ハンズオンセミナー 【主催:双日システムズ/協力:GRANDIT】  

開催日 3月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

純国産ERPパッケージ「GRANDIT」の最新版「Version2.3」がリリースされました。 この「Version2.3」を実機を使って、その機能、操作性を体…

純国産ERP「GRANDIT」最新版Ver2.3ハンズオンセミナー 【主催:双日システムズ/協力:GRANDIT】  

開催日 4月21日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

純国産ERPパッケージ「GRANDIT」の最新版「Version2.3」がリリースされました。 この「Version2.3」を実機を使って、その機能、操作性を体…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ スマホ料金の滞納で住宅ローンが組めないって本当?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ スマホ料金の滞納で住宅ローンが組めないって本当?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007678



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ