節電のために毎日PCの電源を切ると寿命が縮むって本当?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2015/02/27
ウソ?ホント?・・・みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #010

『節電のために毎日PCの電源を切ると、PCの寿命が縮む』という噂は本当か?

巷の諸説は

業務が終わり、今日はもう使わないのだから…と毎日PCの電源を切って帰宅の途に就く人は少なくないだろう。
夜間は使わないのだから電源オフは至極当然のこと。もちろん節電の意味もある。しかし、毎日PCの電源を切って翌日に電源オン、これを繰り返していると、PCの寿命が縮んでしまうという噂が…。
この都市伝説、本当だろうか?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

本当です。毎日実践済みです
オンオフ時に電圧負荷がかかるのであまりよくないだろうが、重大な影響を及ぼすことはほとんどないと思う。
(50代・男性)

昔は壊れにくかったことを反省した、機器メーカーの戦略だ!
(50代・男性)

IT機器に限らず、電源投入時の負荷は通電のときと比較して大きい。電源を落とさない方が寿命は長いが、電気代というコストとトレードオフの関係があり、どちらが得か見解が分かれると思います。
(50代・男性)
本当だと思うけど、会社では実践できていません
電源やHDDは起動・停止時に負荷がかかるから、故障を誘発すると思います。
(40代・男性)

電子回路にとって、通電のON/OFFはストレスになると聞いたことがある。電球の寿命も、ON/OFFの回数が影響するらしいし。
(50代・男性)

突入電流とか、HDDのシークとかヘッダの動作を考慮すると頻繁なオンオフは却って危ない。OSだってきちんと終了するとは限らないので。とはいえ、ずっと動かして安定動作するというものでもないけど。
(40代・男性)
ウソだと思うけど真相を知りたい
PCをずっとONにしているとパフォーマンスが落ちるので、寿命の話とは関係なく毎日電源を切るようにしています。
(30代・男性)

情報漏洩防止対策として、帰宅時には全社員がPCの電源を切り、施錠できるロッカーに入れるという運用を行っています。この運用が始まってから何年も経ちますが、PCの寿命が縮んだという報告はあがっていません。
(40代・男性)

一昔前なら通電時の過負荷があったかもしれませんが、現在のパーツでは、まず無いのでは。
(50代・男性)

節電より、セキュリティ保護のために、使用しない時は必ず電源は落として帰ります。サーバーならまだしも、PCの上げっぱなしはリスクが高いと思いますが? PCの寿命が尽きる前に、フツウはPCを更新すると思います。
(50代・男性)

PC部品に頻繁に電流が流れたり、止まったりするのは負担がかかりそうでもあり、反面ずっと電源が入っているもの部品に負担がかかりそうであり……。でも、電源が入りっぱなしのほうが、早く構成部品の設計寿命が来るのは確かですよねっ!!!
(50代・男性)
ウソに決まってる
わが社では、PCの電源をほとんどの人が切って帰りますが、特に故障が多いようには感じません。
(50代・男性)

毎日電源を切って、しっかり机の引き出しに入れてから帰る習慣がついているのでいまさらそんなこと言われても困ります。
(50代・男性)

どちらかと言うと起動しっぱなしの方が十ラブりやすい気がします。
(40代・男性)

設計上は1日8時間稼働が前提になっているのでは? そのようにユーザに伝えてしまってますが……。
(40代・女性)

通電している時間が短い方が基板も劣化が少ない。特にHDDは稼働時間で寿命判断しているので使わない時は切った方がいいかと思います。短時間の離席ならスリープでもいいですね。
(40代・男性)
起動の回数が原因なのでは…?
起動・停止の繰り返しはHDDへの影響は大きいはずなので、嘘とは言えないと思う。
(50代・男性)

フレミングの法則と金属疲労という言葉を知っていれば、電源周りの劣化が早くなるのは自明です。
(40代・男性)

同時に買った4台が、3ヶ月差で次々昇天しました。その差は、退勤時に電源を切っている人と切っていない人でした……Orz
(40代・女性)

モバイルPCなら充電回数がバッテリーの寿命に影響するが、デスクトップも含めた全てのPCが対象であるのなら、恐らくハードディスクなど駆動部品がオンオフにより劣化するのだろうと思う……。
(50代・男性)

HDDの診断ソフトなどでは、電源ONの回数が表示されるので、寿命に関係するのだと思っていましたが…。電源を切っている間は冷える訳だし、急激な温度変化が無いだけでも、PCには良い気がします。過去には、大型連休明けの電源ONの度に、HDDが壊れて、オンサイトをコールするサーバとかありました。
(50代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ITシステム変更管理ソフトウェア Netwrix Auditor 【ラネクシー】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT(R)」 【日立ソリューションズ】 OpenText ECM <文書&コンテンツ統制管理ソリューション> 【オープンテキスト】
統合ログ管理 アンチウイルス 文書管理
ネットワーク上に蓄積されたActive Directoryやファイルサーバなどのさまざまな変更ログを一元管理し、セキュリティ情報や稼働情報などのレポートを自動生成。 AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 契約書や証憑書類、オフィス文書、画像、動画、更に企業で蓄積されるノウハウや知識情報など多彩なコンテンツを業務プロセスに紐づけて管理・活用できる情報統制・共有基盤

新着特集


人事管理システムのリプレース意向が増加傾向。背景には働き方改革やクラウド移行の思惑が見えてきた。



業務の煩雑さを解消して業務を効率よくまわしたいだけなのに、なぜか多くの企業が失敗を経験するのがERP…



仮想通貨NEM流出事件で注目の「ダークウェブ」。犯罪行為の温床になっているその仕組みの実態から、本来…


新着セミナー

実事例やハッキングデモから学ぶサイバーセキュリティ対策 【ニュートン・コンサルティング】  

開催日 8月29日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込み)

サイバーセキュリティへの取り組みは数年前に比べると格段に向上してきているものの、被害を受けて記者会見沙汰になってしまう企業も少なくないのが近年の現状としてありま…

実事例やハッキングデモから学ぶサイバーセキュリティ対策 【ニュートン・コンサルティング】  

開催日 9月7日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込み)

サイバーセキュリティへの取り組みは数年前に比べると格段に向上してきているものの、被害を受けて記者会見沙汰になってしまう企業も少なくないのが近年の現状としてありま…

FDA Part11対応システムマイグレーションセミナー 【主催:NTTデータビジネスシステムズ 共催:NTTデータイントラマート】  

開催日 7月27日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

米国FDA(Food and Drug Administration:食品医薬品局)の連邦法第21章第11条として、21 CFR Part11ガイダンスが199…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 節電のために毎日PCの電源を切ると寿命が縮むって本当?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 節電のために毎日PCの電源を切ると寿命が縮むって本当?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007677



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ