政府はインターネットを監視している…この噂、本当?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2015/02/20
ウソ?ホント?・・・みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #009

『政府はインターネットを監視している』この噂って本当?

巷の諸説は

我々がほとんど毎日利用しているインターネット。
仕事上のやりとりだけでなく、プライベートの情報も数多く飛び交っているインターネットを、政府が監視しているという噂が…!
これって本当のことだろうか?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

え!初耳です!
さすがに某国じゃないんだから、やってないと思います。
(50代・男性)

ありそうな話ですが……、嘘だといいなぁ。本当に監視されているなら検索履歴的にちょっと……。
(30代・女性)
本当でしょ。だからネットって恐ろしい…
一般に公開されていないが、裏で動いている人たちは、どんな業界にも存在している。ネットなら尚更あるはず。
(50代・男性)

某国でやってるのは有名ですが、やっぱりどこの国も同じようにやっているんじゃないかな。
(40代・男性)

社内でもWebの閲覧やメールの内容や送信先を監視している昨今、内閣調査室や警察、検察がインターネットを監視していも、何の不思議もありません。ただ、暗号等もあり、どこまで有効であるかは疑問ですが……。
(40代・男性)

憲法で通信の秘密は認められていますが、然るべき手続きがあれば傍受を認める判例もあります。なお、電波法では傍受自体は認められているため、第三者に漏らさなければ監視し放題ということに……。
(40代・男性)

やましい事があるものだけが大騒ぎする。
(30代・男性)
ある程度覚悟してネットを利用しなくてはダメですね。
少なくとも米国は事実ですし、他の国もそうでしょう。おそらくは公にしていないだけで日本も……。
(40代・男性)

仕方がないでしょうね。サイバーテロに対して何らかの効果があるのなら。
(60代・男性)

インターネットに代わるネットワークが普及しない限り、政府に限らず、誰かにデータを監視されるのは仕方がない。長所もあれば、短所もある。ただ、使う側にそういう教育や説明がされていないのが現状。
(40代・男性)

周辺の国からのサイバー攻撃も考えられるので、その予防として監視しているのでは? 今では国防と意味合いは同じだと思います。
(40代・男性)

ネットの匿名性など信じるほうがおかしい。そもそもサーバ管理者なら何でもできる。通信事業者なら何でもできる。得た情報を犯罪防止・防諜に使うのは極めて自然。
(60代・男性)
本当だと思うけど信じたくありません!
中国やアメリカがしているのは周知の事実のようですが、日本も右に倣えなんでしょうか……。警察ではすでに犯罪防止という意味で、してそうですけどね。
(40代・男性)

表向きには監視しているなんてことは言わずに監視を続け、バレたらテロなどの犯罪を事前に防ぐとかなんとか言い訳をしそうです。
(40代・男性)
ウソだと思います!
仮に監視していたとしてもデータ量からして人がいくらいても監視しきれないと思いますが…。
(20代・男性)

もし政府にそんな甲斐性(スキル)やら危機意識があるのならば、「日本はスパイ天国だ(外国からみて日本はスパイし放題の意味)」なんて言われないと思いますので。
(50代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「Spark」を動画で徹底解説、高速ビッグデータ分析環境を簡単に構築する方法 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 サイト構築の工数・コストの課題を解消――多機能CMSでデータ連携も手軽に実現 【メガ・トレード】 デジタルビジネス実現への道「クラウド運用のホワイトボックス化 8つの極意」 【日本電気】
ビッグデータ CMS IaaS/PaaS
「Spark」を動画で徹底解説、高速ビッグデータ分析環境を簡単に構築する方法 サイト構築の工数・コストの課題を解消――多機能CMSでデータ連携も手軽に実現 デジタルビジネス実現への道「クラウド運用のホワイトボックス化 8つの極意」

新着特集


多くの企業が利用する無線LAN。2016年後半からは登場した802.11acWave2対応の製品に続…



レノボ・ジャパンがThinkPadの新製品発表会を開催。米国MIL規格をクリアするほどの堅牢性をもつ…



企業にお勤めの401人に、自社のBCP(事業継続計画)の対応状況とバックアップツールの導入状況につい…


新着セミナー

フルラ・ヒューマンフォーラム登壇:お客様に愛されるお店づくり 【ネクスウェイ/アグレックス】  

開催日 3月2日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「お客様に愛され、何度も来ていただけるお店づくり」そのためには、来店されるお客様に喜ばれるお店での体験と、お帰りになられた後も続く繋がりが重要になります。そこで…

請求書などの郵送業務カイゼン・電子請求システムの構築事例公開 【ネクスウェイ/Cloud Payment】 締切間近 

開催日 2月27日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

請求書をはじめとする帳票の郵送は、企業間取引には欠かせない業務です。しかし、請求書を1通郵送するだけでも、紙代、切手代、封筒代、封緘の人件費と、様々なコストがか…

PwC主催ID管理セミナー「クラウド時代のIT統制〜」 【PwCコンサルティング/エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア】  

開催日 3月3日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

NTTソフトウェアでは、2017年3月3日(金)にPwCコンサルティング 本社ビル(丸の内)セミナールームにて開催されるPwC主催の「クラウド時代のIT統制〜S…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 政府はインターネットを監視している…この噂、本当?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 政府はインターネットを監視している…この噂、本当?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007676



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ