そのデータ暗号化は禁止!法律で制限される国があるって本当?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2015/02/13
ウソ?ホント?・・・みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #008

『一般庶民がデータの暗号化を行うことが法律で禁止されている国がある』これって本当?

巷の諸説は

やりとりする情報のセキュリティを強化するため、さまざまなファイル暗号化ツールや暗号化サービスが提供されている。
普通にそれらを利用しているから、私たちは暗号化技術を自由に利用する権利はごくごく普通のこと、と考えがちだ。しかし実際には、個人が暗号化技術やその機能が搭載された機器を利用することを法律で禁止している国もあるというのだが……。
この噂、本当のことだろうか?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

本当です!
全体主義国家にとって国民を完全に把握できなくなると死活問題。スパイ対策でもある。
(50代・男性)

日本でもかつては公衆回線がそうであったので、当然あるでしょうね。どことは言わないけど。
(50代・男性)

フランスがそうだと聞いたことがあります。国民が暗号を使用すると、国家が国民の通信内容を傍受できないからだと思います。日本も同様に禁止して、国権による通信傍受を簡単に行えるようにすべきと思います。
(50代・男性)

近くにありそうですよね。
(50代・男性)
業務で関係するので既に知っています
中国が該当の国です。秘密保護情報の注意事項に記載がありました。
(50代・男性)
ウソ!その国のセキュリティ対策はどうするというのだ?
お店でカード払いなんて怖くてできない!
(40代・男性)

やりにくい国だね。
(50代・男性)
本当だと思うけど、それでは困る…
元々暗号技術は軍事機密で、以前は米国でも高い強度のものは輸出禁止だった。ロシアでは国家による通信の盗聴も認められていると聞く。それらの主旨を考えると、国家が国民のデータを盗聴できるよう確保しなければならないと考える国が存在しても不思議ではない。
(40代・男性)

日本の尺度で測っていてはイカンということですよ。時代は既にグローバルですが、イヤな部分も見えてきます。
(40代・男性)

実際にあると仮定した場合、暗号化したものを政府が復号出来れば規制しないんでしょうね。
(40代・男性)
この世界は広いのであり得ると思う
夫婦共有パソコンに暗号化もパスワードも妻に禁止されてます。
(40代・男性)

そうなんですか。。。 知らなかったので逮捕されるところでした。
(20代・男性)

まだまだ恐ろしく統制しようする国があるのでしょう。昔の東欧諸国を思い出します。
(50代・男性)

共産圏や独裁国家ならありうるのでは?
(50代・男性)

情報統制している国であれば、当然かと思いますが…。
(50代・男性)

日本の暗号化だって、無制限に許されているわけじゃないはず…。
(40代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 【マクニカネットワークス】 野村証券の大規模ネットワーク運用術:8000ノード一元管理の手法 【日本ヒューレット・パッカード】 ハイパーコンバージドの利点を生かすバックアップアプライアンス 【arcserve Japan】
暗号化 ネットワーク管理 バックアップツール
暗号化が危険を招く原因に? SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 野村証券の大規模ネットワーク運用術――8000ノードの一元管理に選んだ手法は? ハイパーコンバージドインフラのメリットを生かすバックアップアプライアンス

新着特集


「クラウドの利用で資産管理が不要に」という声も? IT資産管理ツールの導入状況を調査した結果をお届け…



複数での同時かつリアルタイムの話し合いも、ビジネスチャットを使えばテレビ会議よりもカジュアルな形式で…



年間約2億円もの売上増加効果を生み出した「クラウド上の契約書」――弁護士ドットコムが始めた新サービス…


新着セミナー

適正検査・採用検査ツールを利用した新入社員のトリセツの作り方 【主催:カコムス/共催:アドバンテッジリスクマネジメント】  

開催日 1月27日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

本セミナーでは、メンタル不調予防ならびに採用後の社員の定着化を進めるための、社員の「取扱説明書」の作り方をレクチャー。最新の学生のメンタル状況などの情報を、適性…

第2回 電子帳簿保存法改正によるメリットと業務改善セミナー 【日立システムズ】  

開催日 1月25日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

好評により、“電子帳簿保存法”を活用した業務プロセス改善セミナーの第2回を開催します。平成27年度および平成28年度の税制改正により、税務関係書類のスキャナー保…

第3回 SuperStream-COREから「NXシリーズ」への移行セミナー 【日立システムズ】  

開催日 1月27日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

この度、日立システムズでは、SuperStream-COREをご利用中のお客さまを対象としたセミナーを開催します。本セミナーでは、SuperStream会計ソリ…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ そのデータ暗号化は禁止!法律で制限される国があるって本当?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ そのデータ暗号化は禁止!法律で制限される国があるって本当?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007675



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ