この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/01/15

海外拠点のあるべき姿とは

自己紹介
太陽グラントソントン株式会社 今井 武
主な経歴
上場一部SIベンダーにて日本国内を中心に基幹業務システムのマーケティング・販売に従事。その後、太陽グラントソントンにて海外進出企業、外資系企業を中心にグローバル対応の基幹業務システムの企画・立案・実行…

【第2回】情報システム化に向けて

第1回「日本本社と、海外拠点の想い」はこちら
http://www.keyman.or.jp/at/30007605/

情報システム化の方向性と計画

皆さま、明けましておめでとうございます。
本年も、読者の皆様にとりまして、有用となる情報をお伝えできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、 前回のコラムでは、海外事業拡大を実行する上で、 経営資源である「人、モノ、カネ」の配分を海外拠点でも行う必要性がありますが、 その想いは日本本社と海外拠点では違い、双方が満足できる仕組みは あまり検討されていませんでした。
それを補完するために情報システムがあるというお話をしましたが、 第2回目では「情報システム」化を検討するにあたり、 その「方向性」や「計画」について説明していきます。

■「方向性」と「計画」

情報システム化を検討するにあたり、まず「方向性」を決めます。
これは、経営計画の実現や現場からの業務上の要望あるいは現行のシステムの課題など、色々なシチュエーションからのスタートが考えられますが、同時に自分たちのあるべき姿をイメージしながら、システム化の方向性を見定めます。

次に定めた「方向性」に沿って具体的に、どのような体制、スケジュール、予算感を持って解決していくか「計画」を作成します。
この「計画」は、経営者と現場の要望を、情報システムという共通言語(仕組み)に落とし込むためのバイブルとなります。

さらに、経営と情報システムの齟齬を無くすために、この「方向性」と「計画」を経営者が承認します。経営者の承認は、後の行動に対しての決定事項であり、指示であるため非常に重要です。

情報システム化に関して、経営者の承認を得ることにより、情報システム化のプロジェクトが始まり、仮に途中で立ち止まることがあっても、「計画」に立ち返り、自分たちが進む「方向性」を再確認することが可能となります。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

/【第2回】情報システム化に向けて」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「」関連情報をランダムに表示しています。

「その他基幹系システム関連」関連の製品

継続請求管理ロボット「経理のミカタ」 【ソフトバンク コマース&サービス】 固定資産管理ソリューション ProPlus Fixed Assets Suite 【プロシップ】 HULFT運用管理の最適化・自動化ツール「HULFT-HUB」 【セゾン情報システムズ】
その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連
SFA/CRMと会計をつなぎ、請求・集金業務を管理・統合・自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)。 4100社超の導入実績を誇り、進化し続ける固定資産管理ソリューション。IFRS対応はもちろんキメ細かな固定資産管理を実現。多言語・多通貨にも対応。 複数の拠点で利用されるHULFTのデータ連携網を「見える化」し、その正確な管理と運用の最適化を実現する。1:1のファイル転送だけでなく、n:nの連携を可能にする。

「その他基幹系システム関連」関連の特集


ユビキタス社会を実現する技術として、注目されている「RFID」。“バーコードとの違いは何?!”と思っ…



今回は従来からのEAIのコンセプトを含みながら、さらにそれを超えた効果を生む新時代の統合基盤について…



近頃、巷を賑わすキーワード「SaaS」。SaaSはASPと何が違うのか?今後どのように進化していくの…


「その他基幹系システム関連」関連のセミナー

予算管理システム ハンズオン+活用事例紹介セミナー 【ワイ・ディ・シー】  

開催日 4月24日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

予算管理システム fusion_placeは、計数業務の効率化をはじめ、予算編成・予実管理といったPDCAサイクルに基づく経営管理プロセスを支援する機能を備えた…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

/ 【第2回】情報システム化に向けて」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「/ 【第2回】情報システム化に向けて」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007670


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ