この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

ブラウザ

2014/12/24


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、アイ・ティ・アールの情報を元に、ブラウザのシェア情報をご紹介しよう。

 アイ・ティ・アールの2014年6月の調査によれば、企業で最も多く利用されているブラウザは、第1位がMicrosoft Internet Explorer(IE)10で37.6%を占め、次いで2位はIE 9で21.1%、IE 8が3位で18.2%、4位はIE 7で9.1%、5位はFirefoxで4.5%であった。
 2013年6月の調査時には、IE 10は第5位の6.7%であったが、30ポイント超の大きな伸びを示した。代わって昨年30%を超えていたIE 8とIE 9がいずれも大きく数字を落とした。
 また、IE 6は昨年の9.1%から3.7%へと縮小し、6.0 SP3のサポートが2014年4月に終了したことが影響しているとみられている。更に、FirefoxやGoogle Chromeは昨年の調査時よりも若干の伸びは見られるものの、依然として5%を下回る低い値に留まっている。

ブラウザシェア

ブラウザシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

ブラウザ/「ブラウザ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ブラウザ」関連情報をランダムに表示しています。

ブラウザ」関連の製品

アンチスパム+メールサーバの トータルソリューション MailSuite 【クオリティア】 情報活用ダッシュボード 「MotionBoard」 【ウイングアーク1st】 ワークフローシステム構築ツール 『Web Plant』 【キヤノンITソリューションズ】
電子メール BI ワークフロー
メールサーバーソリューションとスパム遮断ソリューションを統合したトータルメールソフトウェア。マルチスレッド方式を採用した独自開発の高性能メールエンジンを搭載。 複数のデータソースからの情報を、一元的に可視化するダッシュボード製品。誰でも使える分かりやすさを備え、モバイル対応でリアルタイムに情報を集計・分析できる。 多機能なフォーム・複雑なフローを、GUIで簡単に開発可能なワークフロー構築ツール。柔軟なシステム連携を実現でき、自社ルールに合致したワークフローを構築可能。

ブラウザ」関連の特集


既に多くの企業で導入済みとなっているUPS。そして、現在、UPSの導入を検討するきっかけになっている…



JavaやVBに押されレガシーなイメージのCOBOL。しかし今でもプログラム生産量ではCOBOLがT…



毎年進化する攻撃によって企業は脅威にさらされており、その対策に四苦八苦するケースも。そこで役立てたい…


ブラウザ」関連のセミナー

ファイル交換・転送サービスの正しい選び方 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 3月16日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

他社との協業活動の拡大や世の中の急速なデジタル化に伴い、国内外問わず社外とのデータ授受・共有が増えており、それに比例してセキュリティ事故の発生リスクも増加します…

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ブラウザ/ 「ブラウザ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ブラウザ/ 「ブラウザ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007643


IT・IT製品TOP > PCソフト > その他PCソフト関連 > その他PCソフト関連の市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ