【第8回】タレントに着眼したアサイン拡大/前編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/01/14

タレントマネジメント概論

自己紹介
株式会社アクティブ アンド カンパニー 大野 順也
主な経歴
1974年生まれ。大学卒業後、株式会社パソナ(現パソナグループ)に入社。営業を経て、営業推進、営業企画部門を歴任し、同社の関連会社の立ち上げなども手掛ける。後に、トーマツコンサルティング株式会社(現デ…

【第8回】タレントに着眼したアサイン拡大/前編

【事例紹介】タレントマネジメントの実践

タレントマネジメントをすでに自社の人材マネジメントの中に採り入れ、個人のタレントを活かそうとしている企業がある。その企業では、タレントマネジメントを推進していく以前に、そもそもどのような問題や課題を抱えていたのか、またタレントマネジメントをどのように位置づけ、問題や課題を克服し、解決を図っていったのか。タレントマネジメントを推進することによって会社組織を変革させていった事例を見ていくことにする。

幅広い人材から新規プロジェクトの立ち上げを―A社の事例

■いかにアサイン対象の従業員を拡大するか

どんな企業においても、アイディアが豊富に生まれ、新しい商品やサービス、事業がどんどん立ち上がっていくような新規プロジェクトが生み出される風土は、他社と差別化していく意味でも、重要で欠かせないものであろう。

もちろん業種によっては、何年、時には何十年も変わらない息の長い商品やサービス、また事業を続けているところもあるかもしれないが、寿命の長い商品やサービス、事業であってもいつかは手を入れ直す必要が出てくる。手を入れなければ商品・サービス、また事業や組織は衰退していくしかない。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

/【第8回】タレントに着眼したアサイン拡大/前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

STAFFBRAIN(人事給与、勤怠管理、ワークフロー) 【電通国際情報サービス】 POSITIVE(タレントマネジメント、人事給与、勤怠管理) 【電通国際情報サービス】 タワーレコードなど4社に学ぶ人事給与システム刷新のポイント 【SCSK】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
1000社の導入実績を持つ統合人事パッケージ。
ユーザニーズに応える柔軟性・拡張性で、ノンカスタマイズ導入が可能。
2000社超の導入実績で培ったノウハウを活かした製品。人事・給与・就業管理に加えて、タレントマネジメントやグローバル人事など広範な機能を網羅した統合HCMパッケージ。 タワーレコードなど4社に学ぶ人事給与システム刷新のポイント

「人事管理システム」関連の特集


 最終回となる今回は、ストレスチェック制度の導入にあたり、弊社に寄せられる“よくある質問”について検…



グローバル競争を勝ち抜くためにも「タレントマネジメント」は日本企業に不可欠なもの。その現実とツール選…



モノとカネを管理できる企業は多いが、ヒトの情報はどこまで? 勘と経験を超えてヒトの能力を生かすHR …


「人事管理システム」関連のセミナー

人財育成によるパフォーマンス向上と人事業務のOCR・RPA活用 【主催:NTTデータビジネスシステムズ/共催:電通国際情報サービス】 締切間近 

開催日 2月27日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

働き方改革が推進される中、 「多様な働き方」、「労働時間の短縮」、「人財管理・育成」からの「生産性向上」、などをテーマに各企業にて取組みが始まりつつある一方、実…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

/ 【第8回】タレントに着眼したアサイン拡大/前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「/ 【第8回】タレントに着眼したアサイン拡大/前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007622


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ