【第4回】タレントマネジメントの全体像

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/12/02

タレントマネジメント概論

自己紹介
株式会社アクティブ アンド カンパニー 大野 順也
主な経歴
1974年生まれ。大学卒業後、株式会社パソナ(現パソナグループ)に入社。営業を経て、営業推進、営業企画部門を歴任し、同社の関連会社の立ち上げなども手掛ける。後に、トーマツコンサルティング株式会社(現デ…

【第4回】タレントマネジメントの全体像

1

タレントマネジメントの全体像

タレントマネジメントとは、カタチの決まった人事制度のことを指すわけではない。また特別な仕掛けや仕組みを意味するわけでもない。ましてや、タレントマネジメントシステムと名の付くシステムを導入することが、タレントマネジメントを実現し、経営戦略にひもづく人材マネジメントの成功に導くわけでもない。まずこの点は抑えておいて欲しい。

タレントマネジメントとは、
人材のタレントに着眼した、比較的新しい人材マネジメントの概念である。

つまり、会社組織でタレントマネジメントに取り組むということは、特別な仕掛けや仕組み、また新しいシステムを導入することなく、既存の人材マネジメント施策にタレントマネジメントの要素を練り込んでいくことになる。既存の人材マネジメント施策をタレントマネジメントの考え方で見直す作業と言っても過言ではない。そして、会社全体で個人のタレントに着眼する文化や風土を醸成し、浸透させていくのである。

既に、タレントマネジメントと呼ばずとも、タレントマネジメント的な要素を取り入れながら、人材マネジメント施策を執っている企業も少なくないであろう。だが、多くの場合、それらの人材マネジメント施策は、個人の能力を活かすことが目的というよりは、会社の目線から個人を活用することが目的になっているのではないだろうか。つまり、タレントマネジメントとは、会社と個人の両方の目線からタレントを活用することなのである。

このタレントマネジメントを実現するためには、
「設計」「活用」「開発」「運用」の4つフェーズを実行していくことになる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

/【第4回】タレントマネジメントの全体像」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

グローバル人材マネジメントサービス Cultiiva Global/HM 【NEC】 良い人材を採るチャンスを増やす、求人管理システムで採用を強化 【Donuts】 労務管理システム 「jinjer労務」 【ネオキャリア】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
社員のプロファイルを見える化。人材マネジメントに関わる目標管理、パフォーマンス管理、キャリア開発、後継者管理などを効率的に実行し、人材戦略の実行を支援する。 なぜ中途採用候補者は辞退するのか──人材採用活動の効果を分析する仕組み作り 社会保険の各種手続きをオンライン化する労務管理システム。
書類の作成/申請がWeb上ででき、従業員情報、扶養家族、住所変更、社会/健康保険などの情報も一元管理できる。

「人事管理システム」関連の特集


いま脚光を浴びつつある「HR Tech」。最もハートを込めて管理すべき人材管理・採用の部分を、ビッグ…



自社が求める人材像は? 相性がいいタイプはどんな人?――大手しか使えないような最新の組織論やAI技術…



 前回は12月より施行される「ストレスチェック制度」について、あえて問題点を取り上げさせていただき、…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

/ 【第4回】タレントマネジメントの全体像」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「/ 【第4回】タレントマネジメントの全体像」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007617


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ