【第3回】日本におけるタレントマネジメント

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/11/26

タレントマネジメント概論

自己紹介
株式会社アクティブ アンド カンパニー 大野 順也
主な経歴
1974年生まれ。大学卒業後、株式会社パソナ(現パソナグループ)に入社。営業を経て、営業推進、営業企画部門を歴任し、同社の関連会社の立ち上げなども手掛ける。後に、トーマツコンサルティング株式会社(現デ…

【第3回】日本におけるタレントマネジメント


1

タレントマネジメント…日本での注目は欧米の10年遅れ

実際のところ、現在の日本企業ではタレントマネジメントの考え方に沿って、人材マネジメントを行っている企業はどの程度あるのだろうか。タレントマネジメントの源流である欧米では、多民族国家であるがゆえに、人権意識が高く、個人を単位に社会が成り立っていることが前提にある。その結果、個々人は自分のキャリアを自分で作っていくことを意識し、そのため転職を繰り返し、社会もそれを認めているといっても過言ではない。またそのような状況を前提として、転職のための仕組みやヘッドハンティング会社などの活動も盛んで、転職市場と呼ばれるマーケットも発達している。

ダイバーシティもアメリカで進んだ概念である。多民族国家であり、人種、性別、年齢などによる差別や区別には敏感に反応する。日本の履歴書に相当する職務経歴書には、写真も年齢も掲載しない。その代りといっては何だが、職務経歴書には職歴だけでなく、大学のインターンの経験やボランティアなどの社会的活動等、就職するに当たってアピールできるものは書く。一方、日本ではどうだろうか。これまで日本では、企業という組織に就職し、そこで長く過ごす終身雇用が主だった。一律に採用され、同じ教育を受け、同じ基準で評価されるのが当然であった。しかし、そのような日本にも労働市場の変化から、個人にフォーカスした人材マネジメントが求められてきている。およそ欧米の10数年遅れで、タレントマネジメントに対する注目が集まっているのが現状である。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

/【第3回】日本におけるタレントマネジメント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

タワーレコードなど4社に学ぶ人事給与システム刷新のポイント 【SCSK】 少子高齢化時代の雇用問題を解消、働きやすいIT環境を作る7つの条件 【東日本電信電話】 人材育成・総合スキル管理ツール ESI (Enterprise Skills Inventory) 【ワン・オー・ワン】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
タワーレコードなど4社に学ぶ人事給与システム刷新のポイント 少子高齢化時代の雇用問題を解消、働きやすいIT環境を作る7つの条件 社員ごとに、ビジネス戦略に沿った人材育成プログラムが作成できるなど、豊富な機能が実装された総合スキル管理システム。厚生労働省が推奨する職業能力評価基準に対応。

「人事管理システム」関連の特集


目的は制度対応にあらず!“メンタルヘルス対策の推進”という本質を捉えて運用体制を構築しなければそれこ…



まだ終身雇用への期待が大きい日本。しかし、少子高齢化やグローバル化に伴い注目され始めているのが「タレ…



こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今回の「見落としがちなマイナンバーのこと」は鈴与シンワート株…


「人事管理システム」関連のセミナー

人財育成によるパフォーマンス向上と人事業務のOCR・RPA活用 【主催:NTTデータビジネスシステムズ/共催:電通国際情報サービス】 締切間近 

開催日 2月27日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

働き方改革が推進される中、 「多様な働き方」、「労働時間の短縮」、「人財管理・育成」からの「生産性向上」、などをテーマに各企業にて取組みが始まりつつある一方、実…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

/ 【第3回】日本におけるタレントマネジメント」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「/ 【第3回】日本におけるタレントマネジメント」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007616


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ