【第4回】プロセスから見る人材育成と組織能力向上

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/11/06

意外と知らない?経営とITをつなぐプロセス

自己紹介
株式会社ワディット 和田 正則
主な経歴
大学卒業後、大手化学会社で製造、技術企画などの業務に従事し、その後、1994年に工場の情報システム部門に配属され、主に生産管理システムなどの開発プロジェクトのリーダを務める。1998年に本社情報システ…

【第4回】プロセスから見る人材育成と組織能力向上

 ビジネスをプロセスで捉えることの第一の目的は事業成果を上げることですが、それだけではない付随的な効果を生み出します。その中で大きいものが人材育成と組織能力の向上です。なぜ、こうした効果があるのかを見ていくことにしましょう。

1

プロセスを描くということ

 ビジネスをプロセスで捉えるというときに最も重要なことは、プロセスを中心に、あるいはプロセスを先行させて考えるということです。そして、まずは“プロセスを記述し、組織で共有する”ことです。記述するのは基本的には意思決定プロセスをTo Beとして描くことをします。自分たちが営んでいる事業とはこういうプロセスで成り立っているという観点になります。
 従って、そこには人や組織は登場しません。よくプロセスをスイムレーンに区切って書くことがありますが、As Isの場合だったら必要かもしれませんが、To Beの場合はかえってじゃまになります。人と組織はプロセスが確定してから割り当てるものなのです。
 こうしてプロセスを描くと、言葉は悪いのですが自分たちのビジネスがいかに“適当に“にやっているかがわかってきます。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

事業継続/【第4回】プロセスから見る人材育成と組織能力向上」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「事業継続」関連情報をランダムに表示しています。

事業継続」関連の製品

統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】 クラウドバックアップサービス 【NEC】 グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツ ネオ)」 【ネオジャパン】
バックアップツール バックアップサービス グループウェア
データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。 パブリッククラウド(Windows Azure)を利用することでコストを抑えつつ、NECのサービス提供・サポートにより、安心して使える遠隔地バックアップサービス。 HTML5採用で、わかりやすく見やすいインターフェースを実現したグループウェア。全25の豊富なアプリケーションに加え、扱いやすいユーザ/組織管理機能、国際化対応も実装。

事業継続」関連の特集


企業にお勤めの401人に、自社のBCP(事業継続計画)の対応状況とバックアップツールの導入状況につい…



テープバックアップ運用に関する疑問。テープを選んだ「目的」「満足度」、「磁気テープのメリット」など……



 メタボリック症候群のもう1つの要素が高血圧です。人間ドックの後の栄養指導では“1日の塩分6グラム未…


事業継続」関連のセミナー

VERDEセミナー 【オリゾンシステムズ】  

開催日 4月12日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

仮想化デスクトップ(VDI)の導入をご検討されている方へ朗報!BYODへの対応、事業継続計画(BCP)の策定、Windows XPのサポート問題、セキュリティ対…

BC(事業継続)演習トレーニングコース 【BSIグループジャパン】  

開催日 3月16日(木),6月9日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

昨今の地震や災害などの不慮の事態を想定し、事業継続計画(BCP)策定に注目が集まり実際に策定している組織も増加してきております。しかし、手順書を策定しただけでは…

このページの先頭へ

事業継続/ 【第4回】プロセスから見る人材育成と組織能力向上」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「事業継続/ 【第4回】プロセスから見る人材育成と組織能力向上」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007607


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 中小企業ITコラム > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ