メール改善でGoogleApps導入、思わぬ副産物も

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

メールシステム改善でGoogle Apps導入、思わぬ副産物も?

2015/03/02


 パソコンなどの端末に電子メールのデータを保存して読む「POPメール」は、今も多くの企業で採用されている。しかしこの方法では、外出先などでメールを読む際に余計な手間がかかってしまうし、メールサーバの管理も大変だ。そこで最近は、クラウド経由で利用できる「Webメール」の導入を検討するケースが増えている。
 今回紹介するのは、メールシステムをWebメール「Gmail」に切り替えた企業の事例。コスト負担を増やさず、メールの保守・運用の手間を大きく抑えることに成功した。さらに、Google Appsの様々なサービスが利用可能になったことで、情報共有の活発化なども成功できたという。

※「メール/メール改善でGoogleApps導入、思わぬ副産物も」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「メール/メール改善でGoogleApps導入、思わぬ副産物も」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


導入企業プロフィール

島村楽器株式会社
従業員数/1876名(うち正社員約540人)※
売上高/301億円 ※(2014年2月期)
事業/楽器の製造、販売、修理、音楽教室ほか
企業サイトへ

導入製品・ソリューション

Google Apps/導入支援・アドオン機能追加
Google/サテライトオフィス
企業サイトへ


課題 導入システム 効果

メールの受信量が増えるに従い、メールシステムに不具合が頻発。パソコンの動作にも悪影響を及ぼしていた。

ビジネス向けサービスGoogle Apps for Workを導入。メールシステムをGmailに切り替えるなど、各種サービスを利用するように。

メールシステムの運用・保守にかかる時間がほぼゼロに。情報共有が活発になるなどの副産物もあった。


1

メールデータが膨大になり、速度低下やトラブルが頻発していた

■費用の高さがメールシステム切り替えへの障害に

 島村楽器株式会社は、ショッピングセンターを中心に楽器などを販売する店舗と、子供・大人向けの音楽教室を運営している企業。2015年2月現在で、38都道府県・全153拠点を展開している。「音楽の楽しさを提供し、音楽を楽しむ人を、1人でも多く創る」というのが企業理念だ。
同社がメールシステムへの不満を感じ始めたのは、2008年あたりのこと。当時はPOPメールと、一般的なメールソフトを使ってメールを送受信していた。ところが、社内外のコミュニケーションがメール中心となるにつれ、メールの受信量・件数が増加。多い人になると、1人で30GB程度のメールボックスを消費するケースもあったという。そのため、メールソフトを開くのに時間がかかっていたし、メールデータが破損するケースも目立つようになった。
 同社の情報システム課でマネージャーを務める山川竜氏は、Webメールへの切り替えを検討。また、グループウェアを導入し、その中に含まれているメール機能を使うことも考えたという。しかし、ネックになったのは、導入費用の高さだった。

担当者のナマ声:グループウェアやWebメールへの切り替えを検討するが…

 「当社では、社内外のコミュニケーションにメールが欠かせません。長年にわたって使ううちに、メールボックスのデータが膨大になっていったのです。そのため、パソコンのハードディスク容量を圧迫して動作に悪影響を及ぼすケースが、徐々に増えていました。ひどい時は、『パソコンが固まっている』と情報システム部に苦情が入ったりして(笑)。また、各端末内のメールデータが壊れることも多かったですね。メールシステムの切り替え直前期には、ほぼ毎日、メールデータの復旧作業を行っていた気がします。
 問題解決には、『メールデータをローカル(自社内に置かれたサーバなど)に置かないこと』が一番だと思いました。そこで、Webメールやグループウェアの導入を検討したのです。ところが、当時メールシステムを委託していた業者にIMAP(クラウド上にあるサーバにメールデータを残す方法)方式での見積もりを頼んだところ、1アカウントあたり年3〜4万円かかるという返事がきました。

POPメールでは1アカウントあたり年7000〜8000円だったので、こんなコストアップは受け入れられませんでしたね。
 他にも、主なグループウェア・Webメールも検討してみました。でも、どれもピンときませんでしたね。まず、どれも運用コストが高い。さらに、運用・保守が面倒ではないかと感じたのです。価格と運用・保守の手間を総合的にチェックして、以前より明らかにメリットがなければ、切り替える意味がないと思いました。」(島村楽器株式会社 管理部情報システム課マネージャー 山川 竜氏)

全社のシステムを管理する山川氏
全社のシステムを管理する山川氏
元々、システム関連に詳しかった訳ではない山川氏。しかし、Google Appsは多少勉強するだけで、十分管理できるサービスだという。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

メール/メール改善でGoogleApps導入、思わぬ副産物も」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メール」関連情報をランダムに表示しています。

メール」関連の製品

intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 情報活用ダッシュボード 「MotionBoard」 【ウイングアーク1st】 intra-mart ワークフロー 【NTTデータ イントラマート】
文書管理 BI ワークフロー
文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローにあわせたドキュメントマネジメントが可能。
電子帳簿保存法にも対応している。
複数のデータソースからの情報を、一元的に可視化するダッシュボード製品。誰でも使える分かりやすさを備え、モバイル対応でリアルタイムに情報を集計・分析できる。 9年連続・国内シェアNo.1のワークフロー基盤。数十万人規模でも利用できるワークフロー基盤でありながら、部門の業務改善にも使える手軽さが特徴。

メール」関連の特集


せっかく導入したのに、あまり使われていない…なんてことにならないように、導入前に抑えておくべきポイン…



不況によりWeb会議が注目され、その適用範囲も会議のみならず広がりつつあります!どんな使われ方がされ…



多くの攻撃がWebを介して行われるようになった2010年。特徴的な攻撃を振り返り今年気をつけたいポイ…


メール」関連のセミナー

ユーザーからの「何か遅い」その原因を特定する仕組みと手順 【ゾーホージャパン】 注目 

開催日 12月19日(火),1月19日(金),3月22日(木)   開催地 神奈川県   参加費 無料

この手のツールの新規導入・乗り換えを検討中だけど...●どれくらいの費用感で何をどこまでできるのか知りたい●導入実績や製品の強みを知りたい●どのような手順で障害…

仮想化後によくある悩みとトラブルシューティング事例いろいろ 【ピー・ビーシステムズ/ゾーホージャパン】 注目 

開催日 1月17日(水)   開催地 福岡県   参加費 無料

●サーバー仮想化を実施したが原因不明の「何か遅い…」が解決できない●仮想サーバーが増加傾向にあり、管理が煩雑になりつつある●サーバー・ネットワーク統合監視ソフト…

Active DirectoryのID管理、管理者の残業を減らす仕組みとは 【テクラス/ゾーホージャパン】 注目 

開催日 1月16日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

いつの時代も情報システム部門は日々多くのタスクに追われています。テクノロジーの進歩や会社の成長に合わせて、専門として習得しなくてはならない範囲も拡大し、難易度は…

「メール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

メール/ メール改善でGoogleApps導入、思わぬ副産物も」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「メール/ メール改善でGoogleApps導入、思わぬ副産物も」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007553


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > メール > 電子メール > 電子メールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ