利用しなきゃ損?強固セキュリティに省電力…最新データセンター

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

利用しなきゃ損?強固セキュリティに省電力…最新データセンター

2015/03/23

 ITインフラと運用管理の外部化を図るアウトソーシングはクラウド化の大潮流にも乗って加速している。データセンター事業者は従来からのハウジングやホスティングに加えてクラウドプラットフォームを提供するようになり、プライベートクラウドの構築/運用事例が近年増加中だ。施設/設備をレンタルする形態から、運用管理を含めたマネージドサービスの提供、柔軟なリソース活用が図れるパブリッククラウド(IaaS/PaaS/SaaS)との連携、さらにデータセンター間の連携による災害対策(DR)などがサービスメニューに加えられている。また都市近郊への新規データセンターの設立も多くなっており、施設の免震対策やセキュリティ対策、電力の有効利用対策、さらにデータセンターの最適稼働のための集中管理システムなどに、最新の技術が続々採り入れられている。利用価値がさらに高まるデータセンターの最新事情を、改めて確認してみよう。

データセンター

※「データセンター/利用しなきゃ損?強固セキュリティに省電力…最新データセンター」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「データセンター/利用しなきゃ損?強固セキュリティに省電力…最新データセンター」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1データセンターの「ファシリティ」と「サービス」とは?

 データセンターは、高速通信ネットワーク、大電力が利用可能な電源設備、耐震/免震機能などを備えて、企業が自社単独では調達できない規模の安全性・信頼性・機能性を実現した施設・設備(ファシリティ)を提供してきた。現在は日本の主要都市を中心に各地に設立されており、特に都心や大都市部に多くが集中、近年では大都市の辺縁にあたる郊外型の立地を選ぶデータセンターも増えている。

図1 データセンターの外観例
図1 データセンターの外観例
(左)郊外型のデータセンター(KDDI多摩データセンターの外観) 
(右)都市型のデータセンターの例(KDDI大阪データセンターの外観)
資料提供:KDDI

1-1データセンター利用の3つのメリット

■オフバランス化効果

 古くから注目されてきた最大のポイントは、資産を外部化してバランスシートをスリムにすることだ。施設・設備、機器、ネットワークなどの資産が費用として計上できることになる。クラウドサービスに次いで簡単にオフバランスができる。

■耐災害性・防犯などのセキュリティ強化

 東日本大震災以降、ますます重要視されるようになったのが耐災害性。大震災ではサーバールームが破壊された事例がある一方、被災地のデータセンター内では重大な事故は何も報告されていない(停電による影響はあったが)。その理由の1つが「免震」構造。免震構造でない場合でも、ラック下の免震台が機能的には同様の効果を発揮した。オフィスビルで新たに免震機構を備えるのは難しいが、最新データセンターでは免震構造がほぼ必ず備えられており、この1点をとっても利用価値がある。
 また防犯目的では入退室管理と建物内の行動監視が欠かせない。データセンターには、警備員配置と監視カメラ、入退室管理、本人認証など各種システムが備えられ、建物入口を入ってからラックのドアを開けてサーバーに触れるまでの間に何重ものチェックが行われる(図2)。
 入館者の行動はチェックポイントですべて記録され、行動の証跡が保存されることになる。これも一般企業ではなかなか整備できない仕組みだ。

図2 データセンターの入室セキュリティの例
図2 データセンターの入室セキュリティの例
※ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム) ISO/IEC 27001:2005 / JIS Q 27001」認証取得済  
※エレベータは契約フロア以外では停止しない。
資料提供:KDDI

■電力などランニングコストの最適化、CO2排出削減

 3つめのメリットは、電力の節約だ。サーバーなどの発熱は如何ともしがたいので、熱をいかに逃がし、効率よく冷却するかがIT機器を上手に使うポイントだ。ラックあたりのサーバーが高密度実装されるケースが増え、しかもマルチコア化していることから、ラックあたりの消費電力が6kVA以上になることが珍しくなく、12kVA、20kVA、最新データセンターでは42kVA(国内最大級)という大電力にも対応できるようになってきた今、その発熱量に耐えられる冷却設備が必要だ。
 データセンターでは冷却に要する電力量が全体の3割程度を占めるため、その削減が重要課題。施設構造そのものに熱を逃がしやすい設計を行い、空気が一定方向に移動するように空調を工夫するのは常識となり、最新データセンターでは外気による空冷や、冷媒を利用した効率的な冷却装置などを導入して、エネルギーをできるだけ使わずに冷却する仕組みが作られている場合が多い。消費電力削減はCO2排出削減にも直接つながり、データセンターはその意味でも利用価値がある。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

◆関連記事を探す

データセンター/利用しなきゃ損?強固セキュリティに省電力…最新データセンター」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データセンター」関連情報をランダムに表示しています。

データセンター」関連の製品

FUJITSU Cloud Service K5 【富士通】 クラウド型仮想デスクトップサービス NEC Cloud DaaS 【NEC】 IT資産統合管理 コア ITAMソリューション 【ギガ+他】
IaaS/PaaS VDI IT資産管理
クラウド環境でもSAP HANAやOracle Databaseの性能を引き出す方法 「NEC Cloud DaaS」は、ビジネスシーンに必要な機能を豊富なオプションラインナップで提供する。
クラウド基盤やハウジングとのシームレスな連携も可能。
導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。

データセンター」関連の特集


1..2MWの燃料電池を導入、大阪の



2015年は2610億円の市場規模のハウジング(アウトソーシング)。外販ビジネス増加で堅調に実績が拡…



ベンダの独自仕様は自社ニーズに合っているか?複合機やグループウェアとのスマート連携は可能か?情報共有…


データセンター」関連のセミナー

ビッグデータ活用事例 【主催:オープンソース活用研究所 協力:システナ/ノーチラス・テクノロジーズ/KSKアナリティクス】 注目 

開催日 5月18日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

【ビッグデータの活用は本格的な普及期へ】少し前までは「バズワード」と言われていた「ビッグデータ」。しかし、先進企業でのビッグデータ活用事例とその効果が認知されつ…

「Cloud Foundry」をベースとした新クラウドサービス 【富士通】  

開催日 6月6日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、オープンソースソフトウェア(OSS)のCloud Foundryをベースとした「K5 PaaS」の実環境を用いて、新サービスリリースに向けた迅速…

奉行とマイクロソフトクラウドで実現する経営情報ソリューション 【オービックビジネスコンサルタント/日本マイクロソフト/協立情報通信】  

開催日 4月26日(水),5月9日(火),6月6日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

企業の持続的成長を支える情報システムの基盤として、クラウドの利用は必須の条件となっています。現在では、会計業務や勤怠管理などもクラウドに対応し、導入・運営する企…

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

データセンター/ 利用しなきゃ損?強固セキュリティに省電力…最新データセンター」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「データセンター/ 利用しなきゃ損?強固セキュリティに省電力…最新データセンター」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30007508


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ