最高峰ビジネスノートPC「Ultrabook」は今どうなっている?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

最高峰ビジネスノートPC「Ultrabook」は今どうなっている?

2015/03/09

 ノートPCの中でも、薄さと軽さ、そして妥協しないスペックを誇る「Ultrabook」。Ultrabookこそビジネスユースに最適なPCであるとされることが多いが、ここ最近かつてのように各社一斉に揃って新製品の発表がされることがなくなり、勢いがなくなっているような印象を受けるが…。そこで今回は、Ultrabookに今なにが起こっているのか、それを明らかにしながら2015年におけるUltrabookについての最新情報を解説していく。また後半ではUltrabookの製品選びのポイントも解説していくので参照してほしい。

PC

※「PC/最高峰ビジネスノートPC「Ultrabook」は今どうなっている?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「PC/最高峰ビジネスノートPC「Ultrabook」は今どうなっている?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1どうなっている?最新のUltrabook事情!

1-1Ultrabookの基礎解説と最新事情

■Ultrabookとは

 Ultrabook(ウルトラブック)とは、CPUベンダであるインテルが2011年に提唱した、薄型・軽量でありながら、処理能力が高くバッテリー駆動時間も長いという高いスペックを持ったノートパソコンの総称である。インテルがUltrabookの満たす“要件”をベンダに提示し、それに沿った製品が開発され、販売されることとなる。製品には「Ultrabook」のステッカーが貼付されているので一目でわかる。  

 なお、Ultrabookの基本と要件についての詳細はこちらの記事を参照していただきたいが、実はこのUltrabookの要件、2013年に「第3世代」の要件が明らかになって以降、新たな要件が一般向けには公開されていないのである。

■インテルが企んだUltrabookの当初の目的とは

 かつてトラが舞い踊るUltrabookのテレビCMがかなりの頻度で放送されたことを記憶している人も少なくないだろう。軽妙な音楽と相まって、Ultrabookってナニ?とPCにそれほど興味のない人でも感心をそそられたことだろう。当時、Ultrabookはインテルによってプロモーションが頻繁に行われていた 。
 インテルが“Ultrabook”を提唱した当時、PCのようなデバイスをわざわざ外に持ち出して使っているような人はPC所有者の2割程度だったという。その割合を上げるべくインテルは、薄くて軽いUltrabookによって「コンピューティングパワーを有するデバイスを場所に囚われず使うことは誰にでも可能」ということをアピールしようとした。「社内PCと同じぐらいのスペックのPCを持ち出して社外でもフレキシブルに仕事をしよう」と訴えた。その結果、Ultrabookは広く浸透し、またそれと同時期からスマホやタブレットを外出先で使うユーザも爆発的に増えたことで、UltrabookのようなPCを外へ持ち出して使うスタイルはごく普通となった。現在ではUltrabookだけでなく、タブレットや2in1デバイスなど、多くのモバイルデバイスを出先で使う人が見られるようになっている。そういった意味では、インテルは当初の目的を達したと言える。だからこそ最近ではUltrabookを強く押し出さなくなっているようだ。

■Ultrabookの今後の進化は…?

 それにしても、第3世代のUltrabookまでは、毎年リリースされてきたインテルのCPUに合わせる形でその要件が明らかになっているので、順当に行けば2014年の「第4世代」、2015年には「第5世代」の要件が公になってもいいはずだ。しかしこれまで(2015年2月時点)明確な形での要件が公開された事実はない。

 実際のところ、新製品は市場に登場しており、Ultrabookの要件が消滅してしまった訳ではないハズだが…。そこで今回、関係各所への取材でその点を追求した。その結果、明らかになったのは以下の点だ。

1

第4世代、第5世代の要件は存在する。ただ、そもそもUltrabookの要件はインテルとベンダとの間で共有されるものであって一般に公開される種類のものではない。

2

第4世代以降、Ultrabookの要件はかなり複雑化している。ドキュメントが多く、かつてのように一口でまとめるのが難しい。

3

要件が複雑化すると同時に、その中で、ある程度の“トレードオフ”が認められることが多くなっている。そのため、旧世代よりも画一的でない、個性的なUltrabook製品が登場している。

 第4世代以降の要件が公開されていない理由として、上の(1)と(2)はもっともなことだろう。そして、(3)が加わっていることが、2015年時点でのUltrabookの姿をよく現している。つまり、現在のUltrabookの要件が、「ある程度柔軟性のあるもの」に変化してきているということだ。

 確かに、旧世代のUltrabookは公にされた要件に沿って忠実に製品設計が行なわれたためか、異なるベンダの製品でもスペックはほぼ同一で、外観でやや個性を発揮する程度の違いしかなかった。しかし2015年のUltrabookは、クラムシェルタイプの製品から「2in 1」と呼ばれるコンバーチブルタイプやデタッチャブルタイプの製品まで、幅広い種類が登場しており(詳細は次項で解説する)、ユーザは自分が使用するスタイルや用途によってUltrabookを選択できる状態になっている。

■インテルのCPUラインナップとUltrabook

 そして冒頭でも触れたように、Ultrabookの進化は、インテルの開発するCPUに合致してきた面がある。ここで、インテルが2014年末から2015年にかけて提供する、いわゆる「第5世代Coreプロセッサー」と、デバイスとの相関図を示す。

図1 第5世代Coreプロセッサーとデバイスとの相関図
図1  第5世代Coreプロセッサーとデバイスとの相関図
CPUとしての能力は、右に行くほど高性能、左に行くほどモバイルに適したものとなっている。
資料提供:インテル株式会社

 第5世代Coreプロセッサーは、14nmプロセス技術が採用された、「Broadwell」というコードネームで知られるプロセッサ群だ。第4世代(こちらは「Haswell」と呼ばれている)と比較するとより小型化・低電力化が進み、内蔵グラフィック機能も向上している。
 詳細は割愛するが、そのラインナップは「Broadwell-Y」「Broadwell-U」「Broadwell-M」「Broadwell-H」(この表にないデスクトップ向け「Broadwell-Kシリーズ」もラインナップ予定)となっている。
 そしてこの図を見ると、「Broadwell-Y」「Broadwell-U」が、Ultrabookの該当する2in1とクラムシェルPCをしっかりとカバーしていることがわかる。インテルとしても、Ultrabookのコンセプトを満たすのに十分なスペックを有したCPU製品を、今後も展開していくということは間違いない。

 といったことで、Ultrabookの要件は今後も更新されていき、製品も登場し続けることが濃厚ではある。ただし「Ultrabookはこのような仕様を満たした製品です」という明確なガイドラインがユーザ側に提示される可能性は薄くなりそうだ。Ultrabook製品の判別基準は、インテルとベンダ間の調整でUltrabookと認められた製品、つまりUltrabookのステッカーが貼付されている製品こそがUltrabookである、ということになる。逆にいえば、薄くて軽いクラムシェルタイプのノートPCや、コンパクトな2in1のPCといったUltrabookに酷似している製品だとしても、Ultrabookのステッカーが貼付されていない製品はUltrabookではない、ということになる。

コラム:これがUltrabookの証だ

 Ultrabookの証となるステッカー。要件をクリアした製品ならば、本体には必ず貼付されることとなる。Ultrabookか否かを判断する基準となる重要アイテム。必ずチェックしよう。

図2
図2

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

◆関連記事を探す

PC/最高峰ビジネスノートPC「Ultrabook」は今どうなっている?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PC」関連情報をランダムに表示しています。

PC」関連の製品

高速バックアップ/リカバリ 「System Recovery」 【ベリタステクノロジーズ】 ファイルの暗号・持出し管理「NonCopy 2」 【サイエンスパーク】 情報漏えい対策から残業管理まで、統合型クライアント端末監視ツールの実力は? 【インターコム】
バックアップツール 暗号化 統合ログ管理
サーバ、ノートPC、仮想マシンに対応する「高速バックアップ/リカバリソリューション」。Windows Server 2016、SQL 2016など、Microsoft社の最新製品にも対応。 サーバやPC内に「金庫(安全な領域)」を作ることで、不正なファイルの持ち出し行為を禁止。USBメモリ、スマートフォン、タブレットなど多様な外部デバイスを制御できる。 操作ミスによる情報漏えいを防ぐクラウドサービス その機能は?

PC」関連の特集


 いよいよ事業を開始するわけですが、日々の会社の運営で気にしていただきたいのは、何と言っても「コミュ…



 Centrify(セントリファイ)の佐藤と申します。 みなさまはCentrifyという会社をご存じ…



物体の状態を一切損なわず、可視光でID情報を付加することが可能な「情報発信LED照明」。新たな照明技…


PC」関連のセミナー

ゼロから100分でマスター!誰でもできる帳票作成セミナー 【ウイングアーク1st】 注目 

開催日 11月8日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

本セミナーでは、SVFをはじめてご覧になられる方や既にSVFをご利用中のお客様へ製品概要をわかりやすくお伝えいたします。ご参加の方へノートPCをお配りし、実機に…

SOLIDWORKS API カスタマイズセミナー 【キヤノンITソリューションズ】  

開催日 10月25日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

“SOLiShie(ソリシエ) for SOLIDWORKS”は、全61の機能を持つSOLIDWORKS専用のアドインツール集です。SOLIDWORKSをご利用…

iPad を利用した業務アプリ作成体験セミナー 【ファイルメーカー】  

開催日 11月24日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

講座の目的 FileMaker プラットフォームを用いての、iPad 向け業務システム作成をハンズオンで体験受講対象者iPad でビジネスソリューションを構築・…

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

PC/ 最高峰ビジネスノートPC「Ultrabook」は今どうなっている?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「PC/ 最高峰ビジネスノートPC「Ultrabook」は今どうなっている?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30007506


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ