“SAN vs NAS”議論を終焉させた「ユニファイドストレージ」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

“SAN vs NAS”議論を終焉させた「ユニファイドストレージ」

2015/01/26

 データを格納するストレージには、大きく分けてファイルベースのNASストレージとブロックベースのSANストレージが存在しているが、以前は用途に応じて選び分けが必要だった。しかし今では、どちらのプロトコルにも対応できる「ユニファイドストレージ」が登場し、多くの企業で導入が進んでいる。様々な場面で利用できるこのユニファイドストレージの現状について概観しながら、ストレージの最新トレンドを詳しく見ていきたい。

ユニファイドストレージ

※「ユニファイドストレージ/“SAN vs NAS”議論を終焉させた「ユニファイドストレージ」」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ユニファイドストレージ/“SAN vs NAS”議論を終焉させた「ユニファイドストレージ」」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1ユニファイドストレージの基礎知識

1-1ユニファイドストレージとは?

 ご存じの通りストレージには、CIFS(Common Internet File System)やNFS(Network File System)などのネットワークプロトコルを利用してファイル単位にアクセスするファイルベースのストレージと、SCSIコマンドを用いてデータの送受信を行うブロックベースのストレージがある。前者は主に「NAS(Network Attached Storage)」と呼ばれるファイルストレージで、文書や画像、動画など“非構造化データ”を扱うものだ。後者はブロックをやり取りするための専用ネットワークの総称であるSAN(Storage Area Network)を用いたブロックストレージ(SANストレージ)で、データベースをはじめとした“構造化データ”を扱う時に利用される。
 従来は、NASとSANストレージはそれぞれ筐体が異なっており、用途に応じて使い分けられてきた。このファイル及びブロック双方のプロトコルに対応したものが、今回紹介する「ユニファイドストレージ」だ。筐体そのものは完全に一体化していないものであったとしても、1つのインターフェースでNAS及びSANストレージが管理できるものが対象となっている。

図1 ユニファイドストレージとは?
図1 ユニファイドストレージとは?

 現状では、ファイル及びブロック双方のプロトコルに対応したものがユニファイドストレージと呼ばれているが、今後はこれまで以上にマルチプロトコル対応が進み、RESTやSORP、XMLなどのプロトコルが用いられるオブジェクトストレージへの対応も進んでくると予想されている。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ユニファイドストレージ/“SAN vs NAS”議論を終焉させた「ユニファイドストレージ」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ユニファイドストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

ユニファイドストレージ」関連の特集


大震災や電力不足の影響でマイナス成長が予測される国内の外付け型ストレージ市場。だがその中身を詳しく分…



こんにちは。吉政創成の吉政でございます。このコラムでは、「意外に知らないストレージの基礎を確認」とい…



サーバ仮想化やVDIなど、仮想環境でのシステム利用は増加中。そして次にくるのが、ストレージプールを仮…


「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ユニファイドストレージ/ “SAN vs NAS”議論を終焉させた「ユニファイドストレージ」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ユニファイドストレージ/ “SAN vs NAS”議論を終焉させた「ユニファイドストレージ」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007499


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ