仕事で使うならどれ?“ビジネス向けスマートフォン”大研究

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

仕事で使うならどれ?“ビジネス向けスマートフォン”大研究

2015/01/13

 iPhone6の発売などでますます市場が盛り上がっているスマートフォン。BYODやモバイルワーク、ワークスタイル変革といったキーワードに象徴されるように、今や仕事にも欠かせないツールとなっている。しかし、各社から数多くの新しいスマートフォンが出てきており、情報が溢れている中で、自社で一括導入する場合に選び方に困るケースが想定される。そこで本特集では、最新のスマートフォンの動向をビジネスユースの視点で紹介しつつ、ビジネス利用におけるスマートフォンの選定ポイントなどを紹介することにしよう。

スマートフォン

※「スマートフォン/仕事で使うならどれ?“ビジネス向けスマートフォン”大研究」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「スマートフォン/仕事で使うならどれ?“ビジネス向けスマートフォン”大研究」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1ビジネス向けスマートフォン最新トピック5つ!

1-1BYODがあまり普及しなかった“3つの理由”とは?

 スマートフォンのビジネス利用といえば、ここ数年、様々なメディアで語り尽くされているのが「BYOD」だ。しかしこのBYOD、中堅以上の規模の企業ではあまり普及はしていないようだ。「私用のスマートフォンを仕事に使いたくない」など社員側の事情とは別に、企業側から見たその理由は主に次の3つが考えられる。

■理由その1 会社での一括購入(契約)の方が安い

 やはり個人ごとの契約よりも、企業が一括購入もしくは契約した方が1台あたりのコストは低くなる。企業規模が大きくなればなるほどコスト面のスケールメリットが活かせるので、後述のような余計な負担をしてまであえて社員の私用スマートフォンを仕事のためにも使ってもらうメリットが小さくなるのだ。

■理由その2 BYODはセキュリティ対策が面倒

 スマートフォンをビジネスで利用するためにはMDMによる管理は必須と言っていい。しかしBYODとなると、個人ごとにOSや端末も異なるためMDMもあらゆるプラットフォームに対応できるようにしなければならず、また設定内容も多岐にわたってしまうことになる。さらに、プライベートな機種変更のたびに情シスに連絡して対応してもらわねばならないので、社員にとっても管理者にとっても負荷が大きい。管理面では、故障時の責任の所在が個人と企業のどちらになるのかといった問題もある。

■理由その3 内線化に向いていない

 これはスマートフォンのビジネス利用がある程度普及してから顕著になってきた課題だろう。キャリアなどが提供するサービスを利用して、スマートフォンに個別の内線番号を付与し、会社の内線電話化するといったニーズが高まっているのである。内線化することで、社員が社内にいようと社外にいようと内線発信での連絡が可能となる。それだけでなく、比較的コストの大きいビジネス向け固定電話機の数を大幅に減らすことでコスト削減にもつながることから人気が高い。いわゆるユニバーサルサービスの流れもあり、ここに来て注目を集めている。
 BYODとの親和性の高いサービスも一部あるものの、スマートフォンの内線化サービスは端末から回線、クラウドPBXなどを含めた企業単位での契約となるため、BYODの場合にはハードルが高くなってしまうのだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

スマートフォン/仕事で使うならどれ?“ビジネス向けスマートフォン”大研究」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「スマートフォン」関連情報をランダムに表示しています。

スマートフォン」関連の製品

SaaS型eラーニングシステム 「Platon お手軽スタートパック」 【ソフトバンク コマース&サービス】 クラウド型Web会議サービス 「TeleOffice」 【ソフトバンク コマース&サービス】 オンラインストレージ・パッケージ DocPlug 【鉄飛テクノロジー】
eラーニングシステム Web会議 オンラインストレージ/ファイルストレージ
マルチデバイス対応のSaaS型eラーニングシステム「Platon」とコンテンツ作成ソフト「STORM Maker」、クイズ作成ソフト「THiNQ Maker」をスタートパックとして低価格で提供。 映像や音声、資料、ホワイトボードなどを、場所を選ばず、リアルタイムに共有できるクラウド型Web会議サービス。簡単操作と独自技術によるスピーディな資料共有が特長。 自社のファイルサーバをオンラインストレージとして利用できるソフトウェア。PCやタブレット、スマートフォンを利用した社外からのデータアクセスを簡単に実現。

スマートフォン」関連の特集


Windows Server 2012への移行で重要な要素となるのがアプリケーションの対応状況だ。例…



モバイル端末の業務利用が進む中、「検疫ネットワーク」に再注目!「管理画面が“真っ赤”なアラートで埋め…



メールによる誤送信を防ぐ最良な策として注目されているメール誤送信防止ツール。今回は、起こりがちな4つ…


スマートフォン」関連のセミナー

「第4次産業革命を読み解く!」 【重要生活機器連携セキュリティ協議会】  

開催日 4月26日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 2万8080円(税込)

「第4次産業革命」とも呼ぶべきIoT、ビッグデータ、ロボット、人工知能(AI)等による技術革新は、従来にないスピードとインパクトで進行しています。この技術革新を…

インターネットとは 【一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター】  

開催日 6月22日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 5000円(税込)

●対象者:インターネットの利用者で仕組みに興味のある方 (Web、電子メールなどの利用経験があること)●難易度:★☆☆☆☆●内容:インターネットの成り立ちや仕組…

G Suite(旧名:Google Apps)活用オンラインセミナー 【サテライトオフィス】  

開催日 3月13日(月)〜3月14日(火),3月29日(水)〜3月30日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

G Suite を導入する上で、メール機能の有効活用、カレンダーの有効活用、組織管理方法、シングルサインオンなどのセキュリティ強化策、Googleドキュメントを…

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

スマートフォン/ 仕事で使うならどれ?“ビジネス向けスマートフォン”大研究」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「スマートフォン/ 仕事で使うならどれ?“ビジネス向けスマートフォン”大研究」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30007497


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ