従業員のパスワード忘れの問合せを減らしたい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

従業員の「パスワード忘れ」の問い合わせを減らしたい

2015/03/19


 各種ITサービスのほとんどがユーザIDとパスワードでアクセス可否を判断している現在、1人が管理するID/パスワードのセットは、プライベートと業務用を合わせて10や20では済まないだろう。しかもパスワードリスト攻撃などのなりすまし事件が多発する今、同じID/パスワードの使いまわしはとても危険。たくさんのセットを記憶しておくのは難しく、業務システムへのID/パスワードを忘れる従業員も増えていきそうだ。システム管理者の悩みのタネ、「パスワード忘れ」への対策はどうすればよいだろうか。

※「エンドポイントセキュリティ/従業員のパスワード忘れの問合せを減らしたい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「エンドポイントセキュリティ/従業員のパスワード忘れの問合せを減らしたい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

シングルサインオンで利便性も安全性も確保する

 まずは従業員個人とユーザID/パスワードを1対1で紐付け、一元的に管理できる体制にしておくことが勧められる。ログイン情報を1個所の管理サーバーで管理して、ユーザが決めた自分のID/パスワードを1回入力すれば、他のシステムへのログインの時には管理サーバーがそのシステム用のID/パスワードに読み替えて自動ログインしてくれる仕組みがある。
 「シングルサインオン」と呼ばれるこの仕組みでは、既存業務システムの認証部分を改修する手間も、認証情報を変える手間もいらない。アクセスが許可されている業務システムには、いくつのシステムを利用しようともID/パスワード入力は1回で済み、何度もID/パスワードを入力するイライラは解消できる。一方、管理サーバがユーザ個人の業務システムへのアクセス権も管理しているので、アクセス許可されていないシステムにはログインできず、セキュリティ面でも安全だ。
 ただしユーザのID/パスワードが1個だけになるため、それを不正使用されては大変だ。そこで、例えばワンタイムパスワード、本人認証のためのICカード、USBトークンなど、本人だけが持つ認証要素を組み合わせて、不正利用を防ぐ工夫が必要になる(2要素認証)。指紋認証や指静脈認証などのバイオメトリクス認証や、マトリクス認証(ワンタイムパスワードの一種)なども、2番目の認証要素として使える。

図1 指静脈認証を組み合わせたシングルサインオンのイメージ(日立ソリューションズ)
図1 指静脈認証を組み合わせたシングルサインオンのイメージ(日立ソリューションズ)
提供:日立ソリューションズ

※4月から「CA SiteMinder」は「CA Single Sign-On」に名称が変更となります

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

エンドポイントセキュリティ/従業員のパスワード忘れの問合せを減らしたい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「エンドポイントセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

エンドポイントセキュリティ」関連の特集


 シスコシステムズは2016年4月6日、中小企業向け製品ラインアップ「Cisco Start」シリー…



不正アプリで6億5000万件の個人情報詐取!端末や操作情報を抜き取りワンタイムパスワードを突破するモ…



突然、亜種が生まれ、大量の攻撃が発生するマルウェア。日本語メールで銀行口座を狙う「URSNIF」が復…


エンドポイントセキュリティ」関連のセミナー

今年度こそ着手!特権ID管理の「実施項目」を具体例で解説 【ゾーホージャパン/フェス】 締切間近 

開催日 9月20日(木)   開催地 神奈川県   参加費 無料

WindowsのAdministrator、Linux/Unixのroot、Active Directoryのドメイン管理者アカウント等、高権限を有する特権ID…

NRI 関西ITセキュリティ セミナー2018 【野村総合研究所/NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 10月15日(月)   開催地 大阪府   参加費 無料

高度化・巧妙化が進むサイバー攻撃は手を緩めること無く、企業・組織の情報セキュリティ担当者にとっては受難の日々が続いています。あらゆるモノがネットにつながるIoT…

監査法人が語る「クラウド時代における特権ID管理」 【NTTテクノクロス】  

開催日 11月30日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

企業の不祥事や情報セキュリティ事故などを背景に内部統制の重要性が高まっており、特権IDの管理は、ガバナンスやセキュリティ強化のために非常に重要な要素となっていま…

このページの先頭へ

エンドポイントセキュリティ/ 従業員のパスワード忘れの問合せを減らしたい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「エンドポイントセキュリティ/ 従業員のパスワード忘れの問合せを減らしたい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007488


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ