業務効率を高めて残業時間を少なくしたい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

社内での業務効率を高めて残業時間を少なくしたい

2015/01/29


 長時間労働を強いられ、心身に不調をきたす労働者は決して少なくない。もし残業時間を減らすことができれば、日本人は、よりワークライフバランスのとれた暮らしを楽しむことができるだろう。一方、企業にとっても残業時間の削減は喜ばしいことだ。残業代が減れば、その分、利益につながる。また、残業時間の短い「ホワイト企業」になれれば、優秀な人材を確保しやすくなるはずだ。
 そこで大切になるのが、業務効率を高めることである。生産性を高めながら残業時間を短くするためには、どんな方法が有効なのだろうか?

※「残業時間短縮/業務効率を高めて残業時間を少なくしたい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「残業時間短縮/業務効率を高めて残業時間を少なくしたい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

勤怠管理システムを導入し、部門・従業員ごとの勤務状況を把握

 残業時間短縮の第一歩は、「労務管理」をきちんと行うこと。部門、従業員ごとの残業時間や有給消化率といったデータを正確に把握できていなければ、問題解決は難しいからだ。

勤怠管理システム上で従業員の残業時間を管理する一例
提供:蓼科情報株式会社

 そこで、「勤怠管理システム」の導入をおすすめしたい。これは、ICカードやスマートフォンを使って出退勤時刻を記録できるタイムレコーダに、集計ソフトなどを組み合わせた仕組みだ。勤務時間や休暇の取得状況、休日出勤の頻度などが簡単に集計できるため、残業の多い部門・従業員を一目で把握可能。また、残業時間が一定のラインを超えた場合は、その人や上司にアラートを出す機能もあるため、働き過ぎに歯止めをかけることができる。

 勤怠管理システムには、「シフト作成が簡単にできる」「給与計算システムと連動して給与額を自動計算する」「休日出勤届や有給休暇届などをインターネット経由で提出できる」などの機能を持つものもある。出退勤時刻を記録する以外にも、たくさんのメリットが得られるわけだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

セキュリティ製品比較:休暇後の検出率に97%から20%弱まで差が出た理由は? 【Cylance Japan】 導入しなければ競争に負ける? AIがセキュリティチームにもたらす変化 【Cylance Japan】 アンチウイルスソフトが奪う従業員の生産性は? 新旧製品で影響度を徹底比較 【Cylance Japan】
アンチウイルス セキュリティ診断 アンチウイルス
セキュリティ製品比較:休暇後の検出率に97%から20%弱まで差が出た理由は? 導入しなければ競争に負ける? AIがセキュリティチームにもたらす変化 アンチウイルスソフトが奪う従業員の生産性は? 新旧製品で影響度を徹底比較

新着特集


AI技術を採用活動に活かすことで得られるメリットとは。また、AI(人工知能)による評価の精度や人間が…



サーバとストレージを合算したエンタープライズインフラの2017年国内市場規模は6346億円だった。ト…



定型業務の自動化に効果があるとされるRPA(Robotic Process Automation)。…


新着セミナー

クラウド時代に求められるMcAfee-Skyhighによるセキュリティ対策 【マクニカネットワークス】  

開催日 11月1日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

クラウド利用が進んでいないと言われる日本企業でも、新規アプリケーションを検討する場合、56%の企業でクラウドファーストでサービス検討をしています(McAfee調…

重要な情報のみ暗号化 DBのデータ漏えい対策手法を紹介 【クライム】 締切間近 

開催日 9月26日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

近年、データベースを狙った情報漏洩の事件が後を立ちません。情報漏えいの原因は操作ミスや不正攻撃など、リスクが多岐にわたり完全な対策が難しい現実があります。情報漏…

「働き方改革」今とこれからセミナー 【ドコモCS/日本マイクロソフト/協立情報通信】  

開催日 10月11日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「働き方改革」の取組が進む中、労働環境の改善はもとより、情報活用による効率化、創造生産性の向上が法人企業において重要なテーマとしてあげられております。本セミナー…

このページの先頭へ

残業時間短縮/ 業務効率を高めて残業時間を少なくしたい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「残業時間短縮/ 業務効率を高めて残業時間を少なくしたい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007481


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ