無意識の動作で未来を予測!ドライバー挙動解析渋滞予測

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

無意識の動作で未来を予測!ドライバー挙動解析渋滞予測

2015/02/18


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。今回のテーマは、自動車の運転中に、交通の状況に合わせて無意識に行う運転操作を解析すると、渋滞の前兆が予測可能になるという「ドライバー挙動解析渋滞予測」技術。まったく新しい視点からの渋滞予測へのアプローチにより、より早い時点での渋滞回避が可能になり、ストレスフリーのドライブができるようになるかもしれません!

ドライバー挙動解析渋滞予測

※「ドライバー挙動解析渋滞予測/無意識の動作で未来を予測!ドライバー挙動解析渋滞予測」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ドライバー挙動解析渋滞予測/無意識の動作で未来を予測!ドライバー挙動解析渋滞予測」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

「ドライバー挙動解析渋滞予測」技術とは?

 自動車を運転するドライバーが無意識に行うブレーキ操作や加速操作、ハンドル操作などの計測可能なデータを元に、人間では予測できない未来の交通渋滞を予測する技術のこと。芝浦工業大学システム理工学部機械制御システム学科の伊東敏夫教授が2015年1月に発表した。

1-1

インフラに依存しない渋滞予測の方法を追求

 道路の渋滞は、混雑状況に従った車の減速によって起きるのが常識だが、いつ渋滞が起きるのかを事前に察知するのは難しい。交通渋滞で国内で損失する時間は国民1人あたり年間約30時間と言われ、経済損失は約11.6兆円にのぼるという。その解消のために道路交通情報通信システム(VICS)が主要道路に備えられ、道路上のカメラなどで交通状況を観測して渋滞状態を把握、カーナビに配信して知らせるシステムが普及しているが、残念ながらそのインフラは未だに一部で整備されているに過ぎず、利用できるエリアは限られている。
 そこで、大掛かりなインフラを用意しなくとも、自動車から得られる情報だけで、その先で起こりうる渋滞を予想すれば、適切なタイミングで迂回することができるのではないか、と考えたのが伊東教授だ。
 渋滞を回避したい思いは誰しも同じ。しかし実際に道路が混んできて渋滞が起き始めてからでないと、それに気づくことができず、迂回したくとも時すでに遅し、という経験を持つドライバーは多いはずだ。もし、人間が渋滞の前兆に気づくよりも早く、これから起きる渋滞を確度高く予測できれば、よくある「しまった!」経験を少なくできるだろう。
 伊東教授は、渋滞が起きていない状態(自由走行相)と、渋滞が起きた状態(渋滞相)との間にある、速度が低下してはいないが道路が混み始めている状態(メタ安定相)に渋滞の前兆が潜んでいると考えた。図1にそのメカニズムを示すが、図中のグラフは時間の経過に従った道路上の車両密度を横軸にとり、道路上の車両の流量を縦軸にとった実測値だ。グラフから明らかなように、車両密度がある臨界点に達すると、急激に流量が低下していく傾向が見られる。つまり、道路に車両の数が多くなると車速がどんどん低下していき、渋滞が生じている状態になるわけだ。だがその臨界点の近くでは、流量が低下しているわけではないのに車両密度が増している状態があることが分かる。その状態ではドライバー自身は車の速度は変わらないので「混みだした」ことになかなか気づけない。ドライバーが自覚できないこのような状態、すなわちメタ安定相にやがて移行することを、自動車自身が前もって予測できれば、警告を発して迂回ルートを選べるように誘導し、渋滞を回避できるのではないか。これがこの研究のポイントだ。

図1 渋滞発生のメカニズム
図1 渋滞発生のメカニズム
資料提供:芝浦工業大学 運転支援システム研究室

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2016/12/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 象印マホービン 圧力IH炊飯ジャー「極め炊き NP-YB10」 
●A賞:抽選で1名様
 HUAWEI Windows 10 Pro搭載 2in1デバイス「HUAWEI MateBook M3」 
●C賞:抽選で1名様
 iRobot 床拭きロボット「ブラーバ ジェット240」 
●D賞:抽選で1名様
 プリンセス 大皿みたいな白いホットプレート「Table Grill Pure」 
●E賞:抽選で2名様
 ASUS 毎日の健康をスマートに記録「VivoWatch」 

このページの先頭へ

ドライバー挙動解析渋滞予測/無意識の動作で未来を予測!ドライバー挙動解析渋滞予測」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ドライバー挙動解析渋滞予測」関連情報をランダムに表示しています。

「データ分析ソリューション」関連の製品

LozioMAF 【ZEKKO 】 消費者行動調査に見る、デジタル時代の消費者の購買を促すカギ 【アドビ システムズ】 Splunkを効率よく構築・運用する秘訣―専用アプライアンスの利点 【マクニカネットワークス】
データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション
ビッグデータ/IoTの様々な構造化・半構造化・非構造化データを仮想化により統合。課題解決のための仮説・検証プロセスを効率化、データディスカバリー型データ分析を支援。 宣伝広告を「うるさい!」と思われないためには? 消費者アンケート結果を発表 注目を集める「マシンデータ分析」の導入を迅速に実現するには

「データ分析ソリューション」関連の特集


 サイバースパイ行為の脅威は、昨今の報道から誰もが知るところだ。この脅威に対し、今組織として何を実施…



人体の電波反射をグラフ化、混雑度レベルを自動判定する「混雑監視レーダ」が登場!魚群探知機ならぬ“人群…



国内市場は2019年に16兆円になるとも言われ、大注目のキーワードとなっているIoT。一方、ユーザ企…


「データ分析ソリューション」関連のセミナー

音声マイニングの最新情報と活用事例 【ベクスト】 締切間近 

開催日 12月15日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

テキストマイニングツールVextMinerを始めとした「Vextシリーズ」のユーザー様による導入事例の発表を中核として新技術や新製品の情報を、いち早く皆様にお届…

戦略的BtoBデジタルマーケティングセミナー 【三菱電機インフォメーションシステムズ】 締切間近 

開催日 12月14日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今のIT投資は、コスト削減だけではなく売上や利益を上げる為のマーケティング投資に移行しつつあります。現在の顧客は、自社の営業と接する以前に購買行動を進めており…

誰もが使える簡単BI "InfoCabina Yellowfin Cloud"体験セミナー 【エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア】  

開催日 11月18日(金),2月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

NTTソフトウェアは、現場が使えるBIをコンセプトに、クラウド上のBIオールインパッケージ「InfoCabina Yellowfin Cloud」をご提供してい…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ドライバー挙動解析渋滞予測/ 無意識の動作で未来を予測!ドライバー挙動解析渋滞予測」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ドライバー挙動解析渋滞予測/ 無意識の動作で未来を予測!ドライバー挙動解析渋滞予測」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30007475


IT・IT製品TOP > データ分析 > データ分析ソリューション > データ分析ソリューションのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ