無意識の動作で未来を予測!ドライバー挙動解析渋滞予測

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

無意識の動作で未来を予測!ドライバー挙動解析渋滞予測

2015/02/18


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。今回のテーマは、自動車の運転中に、交通の状況に合わせて無意識に行う運転操作を解析すると、渋滞の前兆が予測可能になるという「ドライバー挙動解析渋滞予測」技術。まったく新しい視点からの渋滞予測へのアプローチにより、より早い時点での渋滞回避が可能になり、ストレスフリーのドライブができるようになるかもしれません!

ドライバー挙動解析渋滞予測

※「ドライバー挙動解析渋滞予測/無意識の動作で未来を予測!ドライバー挙動解析渋滞予測」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ドライバー挙動解析渋滞予測/無意識の動作で未来を予測!ドライバー挙動解析渋滞予測」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

「ドライバー挙動解析渋滞予測」技術とは?

 自動車を運転するドライバーが無意識に行うブレーキ操作や加速操作、ハンドル操作などの計測可能なデータを元に、人間では予測できない未来の交通渋滞を予測する技術のこと。芝浦工業大学システム理工学部機械制御システム学科の伊東敏夫教授が2015年1月に発表した。

1-1

インフラに依存しない渋滞予測の方法を追求

 道路の渋滞は、混雑状況に従った車の減速によって起きるのが常識だが、いつ渋滞が起きるのかを事前に察知するのは難しい。交通渋滞で国内で損失する時間は国民1人あたり年間約30時間と言われ、経済損失は約11.6兆円にのぼるという。その解消のために道路交通情報通信システム(VICS)が主要道路に備えられ、道路上のカメラなどで交通状況を観測して渋滞状態を把握、カーナビに配信して知らせるシステムが普及しているが、残念ながらそのインフラは未だに一部で整備されているに過ぎず、利用できるエリアは限られている。
 そこで、大掛かりなインフラを用意しなくとも、自動車から得られる情報だけで、その先で起こりうる渋滞を予想すれば、適切なタイミングで迂回することができるのではないか、と考えたのが伊東教授だ。
 渋滞を回避したい思いは誰しも同じ。しかし実際に道路が混んできて渋滞が起き始めてからでないと、それに気づくことができず、迂回したくとも時すでに遅し、という経験を持つドライバーは多いはずだ。もし、人間が渋滞の前兆に気づくよりも早く、これから起きる渋滞を確度高く予測できれば、よくある「しまった!」経験を少なくできるだろう。
 伊東教授は、渋滞が起きていない状態(自由走行相)と、渋滞が起きた状態(渋滞相)との間にある、速度が低下してはいないが道路が混み始めている状態(メタ安定相)に渋滞の前兆が潜んでいると考えた。図1にそのメカニズムを示すが、図中のグラフは時間の経過に従った道路上の車両密度を横軸にとり、道路上の車両の流量を縦軸にとった実測値だ。グラフから明らかなように、車両密度がある臨界点に達すると、急激に流量が低下していく傾向が見られる。つまり、道路に車両の数が多くなると車速がどんどん低下していき、渋滞が生じている状態になるわけだ。だがその臨界点の近くでは、流量が低下しているわけではないのに車両密度が増している状態があることが分かる。その状態ではドライバー自身は車の速度は変わらないので「混みだした」ことになかなか気づけない。ドライバーが自覚できないこのような状態、すなわちメタ安定相にやがて移行することを、自動車自身が前もって予測できれば、警告を発して迂回ルートを選べるように誘導し、渋滞を回避できるのではないか。これがこの研究のポイントだ。

図1 渋滞発生のメカニズム
図1 渋滞発生のメカニズム
資料提供:芝浦工業大学 運転支援システム研究室

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/3/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 Lenovo 2 in 1タブレット「YOGA BOOK with Windows」 
●A賞:抽選で1名様
 ZEROTECH 小型セルフィードローン「Dobby Deluxe D100B-H」 
●C賞:抽選で1名様
 harman/kardon ワイヤレスホームスピーカーシステム「AURA PLUS」 
●D賞:抽選で1名様
 THANKO iPhoneケース型「モバイルDLPプロジェクター」 
●E賞:抽選で2名様
 キングジム コンパクトにたためるパソコン「PORTABOOK XMC10」 

このページの先頭へ

ドライバー挙動解析渋滞予測/無意識の動作で未来を予測!ドライバー挙動解析渋滞予測」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ドライバー挙動解析渋滞予測」関連情報をランダムに表示しています。

「データ分析ソリューション」関連の製品

Splunkを効率よく構築・運用する秘訣―専用アプライアンスの利点 【マクニカネットワークス】 楽天証券が採用したセキュリティログ分析基盤Splunk…… 【マクニカネットワークス】 ビーコンによる動線分析ソリューション Location Data Analyzer 【パナソニック ソリューションテクノロジー】
データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション
セキュリティ分析基盤を効率よく構築・運用する秘訣 楽天証券が採用したセキュリティログ分析基盤、その効率的導入方法とは? 場所を選ばず簡単に設置可能な小型軽量のビーコンを用いて、人やモノなどの経営資源の位置情報や動きを「見える化」することで、業務効率アップや売上拡大を支援。

「データ分析ソリューション」関連の特集


2010年度、前年比11.3%増の24億6000万円に拡大した「国内テキスト・マイニング」。同市場の…



IT担当者243人を対象にデータ分析ツールの導入状況について調査を実施。分析のための活用データや活用…



2015年度の市場規模は184億5000万円。パッケージ市場が158億5000万円、SaaS市場が2…


「データ分析ソリューション」関連のセミナー

マーケティング・テクノロジーフェア2017(第5回) 【UBMジャパン】 注目 

開催日 2月14日(火)〜2月15日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

第5回目を迎える本年の開催は「Create a new market」をテーマに過去最大となる約100の講演と約300製品・サービスが出展する展示会を同時開催。…

統計解析ツール体験セミナー 【NTTデータ数理システム】  

開催日 1月19日(木),2月10日(金),3月22日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

データ分析ツールとして世界的な長い実績を誇る、データ解析ソフトウェアS-PLUS。そして、Visual R Platform(略称 VRP) は、世界中で利用さ…

あなたは経営戦略に必要なデータを見つけ出せますか 【MRIバリューコンサルティング・アンド・ソリューションズ】  

開催日 2月10日(金),2月15日(水),2月22日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

効果的な経営戦略立案のためには、様々なデータの中から課題や新たな機会につながるものを見つけ出していく必要があります。しかしながら現状のデータの活用とは、Exce…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ドライバー挙動解析渋滞予測/ 無意識の動作で未来を予測!ドライバー挙動解析渋滞予測」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ドライバー挙動解析渋滞予測/ 無意識の動作で未来を予測!ドライバー挙動解析渋滞予測」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30007475


IT・IT製品TOP > データ分析 > データ分析ソリューション > データ分析ソリューションのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ