この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

国内携帯電話

2014/09/24


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、IDC Japanの情報を元に、国内携帯電話のシェア情報をご紹介しよう。

 IDC Japanの調べによれば、2014年第2四半期(4〜6月)の国内携帯電話出荷台数(スマートフォンと従来型携帯電話の合計)は、前年同期比12.7%減の737万台と、前四半期に続き2四半期連続のマイナス成長となった。その主要因として、総務省の指導により通信事業者の販売奨励金戦略が大幅に見直されたことが挙げられる。通常“夏モデルシリーズ”として第2四半期に発売されるスマートフォン新製品のラインアップ数が昨年以下で、そのプロモーションも積極性に欠けていたことなどにより、販売台数/出荷台数の双方で減少傾向が続いている。
 ベンダ別の市場占有率(出荷台数ベース)を見ると、1位のベンダは7四半期連続で首位を維持したものの、前四半期の48.0%から29.1%へと占有率を下げている。2位は16.6%で前四半期と同順位、3位は12.2%で前四半期から順位を1つ上げた。4位は11.1%、5位は9.2%であった。
 今後の見通しとして、2014年9月前半までは、スマートフォン販売減少の傾向は続く可能性が高く、2014年第4四半期(10〜12月)は、スマートフォン新モデルの市場投入により一時的に販売は回復基調に向かうが、年間ベースではマイナス成長と予測される。

国内携帯電話シェア

国内携帯電話シェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

携帯電話/「国内携帯電話」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「携帯電話」関連情報をランダムに表示しています。

携帯電話」関連の製品

クラウド導入に伴う課題に対して企業はどのように乗り越えたか 【株式会社セールスフォース・ドットコム】 NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】 クラウド勤怠管理システム Touch On Time(タッチオンタイム) 【デジジャパン】
SFA コールセンター/CTI 勤怠管理システム
2社の事例から学ぶ、予測困難なビジネスを支えるクラウド活用術 Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。 全店舗・事業所の出退勤状況をクラウドで一元管理できる勤怠管理システム。生体認証やICカード、スマートフォン利用など多彩な打刻方法に対応。利用実績は40万人以上。

携帯電話」関連の特集


担当者378人に調査!業務用スマホ・タブレット導入率からセキュリティ対策状況など…、モバイルデバイス…



ワークライフバランスが注目され、企業で在宅勤務が導入され始めました。今回はワークスタイルの改革を支え…



2012年第4四半期、前年同期比6.3%増となった同市場。通年でも4年ぶりに4000万台を超えた好調…


「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

携帯電話/ 「国内携帯電話」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「携帯電話/ 「国内携帯電話」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007449


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話の市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ