この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

国内携帯電話

2014/09/24


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、IDC Japanの情報を元に、国内携帯電話のシェア情報をご紹介しよう。

 IDC Japanの調べによれば、2014年第2四半期(4〜6月)の国内携帯電話出荷台数(スマートフォンと従来型携帯電話の合計)は、前年同期比12.7%減の737万台と、前四半期に続き2四半期連続のマイナス成長となった。その主要因として、総務省の指導により通信事業者の販売奨励金戦略が大幅に見直されたことが挙げられる。通常“夏モデルシリーズ”として第2四半期に発売されるスマートフォン新製品のラインアップ数が昨年以下で、そのプロモーションも積極性に欠けていたことなどにより、販売台数/出荷台数の双方で減少傾向が続いている。
 ベンダ別の市場占有率(出荷台数ベース)を見ると、1位のベンダは7四半期連続で首位を維持したものの、前四半期の48.0%から29.1%へと占有率を下げている。2位は16.6%で前四半期と同順位、3位は12.2%で前四半期から順位を1つ上げた。4位は11.1%、5位は9.2%であった。
 今後の見通しとして、2014年9月前半までは、スマートフォン販売減少の傾向は続く可能性が高く、2014年第4四半期(10〜12月)は、スマートフォン新モデルの市場投入により一時的に販売は回復基調に向かうが、年間ベースではマイナス成長と予測される。

国内携帯電話シェア

国内携帯電話シェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

携帯電話/「国内携帯電話」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「携帯電話」関連情報をランダムに表示しています。

携帯電話」関連の製品

クラウド勤怠管理システム Touch On Time(タッチオンタイム) 【デジジャパン】 サイボウズ リモートサービス 【サイボウズ】 セキュアな大容量ファイル転送・共有サービス「Active! drive SS」 【クオリティア】
勤怠管理システム グループウェア オンラインストレージ/ファイルストレージ
全店舗・事業所の出退勤状況をクラウドで一元管理できる勤怠管理システム。生体認証やICカード、スマートフォン利用など多彩な打刻方法に対応。利用実績は40万人以上。 社内LANのセキュリティ環境を変えずに、社内のサイボウズ製品やその他Webシステムへ、パソコン・スマートフォン・携帯電話などからアクセスできるネットワーク環境を提供。 ビジネス利用を前提に設計された大容量ファイル転送サービスとオンラインストレージサービス。高いセキュリティ性と使いやすさを兼ね備え、低コストでの導入を可能とした。

携帯電話」関連の特集


複数のキャリアが多様なサービスを展開し、次世代規格LTEの商用サービスも開始したモバイルブロードバン…



現状の通信回線の帯域を変更なくWANを高速化できる「WAN高速化ツール」をアニメで解説!速度がでない…



iPadなどのタブレット端末を活用し学習効率を高める学校が増加中!しかし多大な生徒を抱えるため端末管…


携帯電話」関連のセミナー

ワークスタイル変革でコスト削減&業務の効率化! 【NECキャピタルソリューション】 締切間近 

開催日 12月8日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

 〜 セキュリティベンダーが語るモバイルセキュリティの最前線〜 導入企業多数!コスト削減、業務の効率化を実現するソリューションを、それぞれの専門家が解説します。…

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

携帯電話/ 「国内携帯電話」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「携帯電話/ 「国内携帯電話」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007449


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話の市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ