人工知能が登場!1970年代から継続するワークスタイル変革の歩み/日本IBM

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

リレーインタビュー!ワークスタイルの変革 実録「トップの視点」営業活動支援分野に人工知能が登場!1970年代から継続し続けるワークスタイル変革の歩み 日本アイ・ビー・エム株式会社 専務執行役員 三瓶 雅夫
後編:長年の経験から得られた成功の秘訣とは?ワークスタイル変革定着の心得 2014/9/11
1970年代よりその時代におけるワークスタイル変革を行ってきた日本アイ・ビー・エム株式会社。Web会議やモバイルデバイスの活用はもちろんだが、人工知能を使った営業活動支援、他社とはひと味違うアプローチを採用するなど、最先端のワークスタイルを実践している。今回は、同社のワークスタイルの変遷とそのために整備したインフラについて、専務執行役員の三瓶 雅夫氏に詳しく伺った。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ワークスタイル変革/人工知能が登場!1970年代から継続するワークスタイル変革の歩み/日本IBM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークスタイル変革」関連情報をランダムに表示しています。

ワークスタイル変革」関連の製品

従来の手法は通用しない? Windows 10を最大限に活かす“プラスワン”とは? 【ヴイエムウェア株式会社】 根強い「Microsoft Office」の人気、情報共有ツールのクラウド活用は進むのか 【アイティメディア株式会社】 ワークスタイルの広がりで管理範囲も工数も急増 管理手法はどう変わるべきか 【ヴイエムウェア+他】
統合運用管理 その他情報共有システム関連 MDM
従来の手法は通用しない? Windows 10を最大限に活かす“プラスワン”とは? 根強い「Microsoft Office」の人気、情報共有ツールのクラウド活用は進むのか 働き方が多様化すると、情シスの工数が増加――アプリや端末の管理手法が変化

ワークスタイル変革」関連の特集


いつでもどこでも仕事ができる環境を作り上げることでワークスタイルの変革を強力に推進している同社に成功…



ワークスタイル変革に取り組むシスコシステムズ平井社長のインタビュー後半。組織の理想的と語る“オーケス…



メールシステムのクラウド移行が進む中、選択肢が充実してきたクラウドメールサービス。その中でも“2大巨…


ワークスタイル変革」関連のセミナー

第15回 ペーパーレス会議体験アワー 【リコージャパン】  

開催日 7月19日(水),7月19日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

「選ばれるのには、理由がある」5000人以上の役員がご利用中!会議ごとに発生する資料の印刷コスト・配布や回収の手間、情報セキュリティなど会議にまつわる様々な課題…

働き方改革を支える、安心なテレワーク・モバイルワーク環境 【ソリトンシステムズ】  

開催日 6月22日(木),6月28日(水),7月13日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

過去2回のセミナー参加者からは、 「大手企業はVDIやVPNを積極的に導入していると思っていました。  まずは人事部の産休、育休、求職者向けのトライアルを進めま…

「 Skype for Business 」利用率UPセミナー! 【内田洋行】 締切間近 

開催日 4月13日(木),5月17日(水),6月7日(水),7月5日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

Skypeの利用率を上げるようなソリューションを紹介するセミナーです。現在、生産性向上や働きやすい職場作りの為にワークスタイル変革を推進している企業が増えていま…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ワークスタイル変革/ 人工知能が登場!1970年代から継続するワークスタイル変革の歩み/日本IBM」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ワークスタイル変革/ 人工知能が登場!1970年代から継続するワークスタイル変革の歩み/日本IBM」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007444


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > Web会議 > Web会議のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ