ワークスタイル変革に歴史あり!NECが目指す新たな挑戦/NEC

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

リレーインタビュー!ワークスタイルの変革 実録「トップの視点」ワークスタイル変革に歴史あり!NECが目指す新たな挑戦 日本電気株式会社 企業ネットワーク事業部 事業部長 野田修
外国人労働者も含めた人材確保に、グローバルな情報共有基盤が大きく貢献!
200社を超えるグループ全体でユニファイドコミュンケーションを実現するグローバル情報共有基盤(Global Information Sharing Platform:以下、GISP)展開を実施し、2014年度には海外を含めたグループ14万人で利用するプラットフォームにまで成長させる計画の日本電気株式会社(以下、NEC)。ワールドワイドで新たな環境を作り上げている同社のワークスタイル変革の取り組みについて、企業ネットワーク事業部 事業部長の野田 修氏にその経緯などについて伺った。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ワークスタイル変革/ワークスタイル変革に歴史あり!NECが目指す新たな挑戦/NEC」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークスタイル変革」関連情報をランダムに表示しています。

ワークスタイル変革」関連の製品

8万人のテレワーク推進に挑む富士通に、VDI導入で得た教訓を聞いた 【富士通株式会社】 ワークスタイルの広がりで管理範囲も工数も急増 管理手法はどう変わるべきか 【ヴイエムウェア+他】 根強い「Microsoft Office」の人気、情報共有ツールのクラウド活用は進むのか 【アイティメディア株式会社】
VDI MDM その他情報共有システム関連
8万人のテレワーク推進に挑む富士通に、VDI導入で得た教訓を聞いた 働き方が多様化すると、情シスの工数が増加――アプリや端末の管理手法が変化 根強い「Microsoft Office」の人気、情報共有ツールのクラウド活用は進むのか

ワークスタイル変革」関連の特集


最適なワークスタイル変革を進めてきた日本アイ・ビー・エム株式会社。人工知能を使った営業支援など他社と…



 前回に引き続きdeskmagの記事を引用しながらコワーキングスペースの歴史に触れる。前回は2008…



ワークスタイルの変革に組織をあげて取り組んできた企業、シスコシステムズの平井康文氏にその秘訣をインタ…


ワークスタイル変革」関連のセミナー

Japan Virtual Client Computing Vision 2017 【IDC Japan】 注目 

開催日 6月23日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

本イベントでは、「ワークスペースが実現する未来型ワークスタイルへのトランスフォーメーション」をテーマに、IDC Japanのアナリストと主要ベンダーが講演し、ク…

ワークスタイル変革 実践事例セミナー 【リコー】  

開催日 6月23日(金),6月23日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ワークスタイル変革の鍵はコミュニケーション・コラボレーション!!本セミナーでは、「ワークスタイル変革はコミュニケーション変革」という視点で、これからの企業に必要…

「 Skype for Business 」利用率UPセミナー! 【内田洋行】  

開催日 4月13日(木),5月17日(水),6月7日(水),7月5日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

Skypeの利用率を上げるようなソリューションを紹介するセミナーです。現在、生産性向上や働きやすい職場作りの為にワークスタイル変革を推進している企業が増えていま…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ワークスタイル変革/ ワークスタイル変革に歴史あり!NECが目指す新たな挑戦/NEC」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ワークスタイル変革/ ワークスタイル変革に歴史あり!NECが目指す新たな挑戦/NEC」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007418


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ