「Windows Server 2003サポート終了」にともなう対策状況

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

「Windows Server 2003サポート終了」にともなう対策状況

2014/09/24


 キーマンズネットでは、2014年7月2日〜2014年7月18日にかけて「Windows Server 2003サポート終了にともなう対策」に関するアンケートを実施した(有効回答数:1472)。回答者の内訳は、情報システム部門が全体の72.8%、一般部門が27.2%という構成比であった。今回お聞きしたのは、延長サポート期間が2015年7月15日(日本時間)に終了するWindows Server 2003の「現在の利用状況」や「サポート終了にともなう対策」「対策の実施時期」など、サポート終了にともなう対策状況を把握するための質問。その結果、現在Windows Server 2003を利用している企業は約半数であり、そのうち半数近くが対策計画を検討中もしくは検討予定と回答しており、未だ方針が固まっていない ことが分かった。
 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「サーバー/「Windows Server 2003サポート終了」にともなう対策状況」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「サーバー/「Windows Server 2003サポート終了」にともなう対策状況」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

Windows Server 2003を現在利用している企業は約半数。うち半数近くが対策検討中 

 最初にWindows Server 2003の「現在の利用状況」について尋ねた(図1-1)。「利用している」が46.9%、「利用していない」30.3%、「分からない」22.3%、「その他」が0.5%であり、現在でも約半数がWindows Server 2003を利用している現状が明らかになった。
 続いて「利用している」と答えた方にサポート終了にともなう対策状況を尋ねた(図1-2)。「既に対策を実施済み」が22.8%。「対策計画を検討済み/継続利用を決定」が23.4%、「対策計画を検討中」が34.4%、「これから対策計画を検討予定」が11.2%、「分からない」が7.4%、「その他」が0.9%であった。まとめると継続利用の決定を含め「対策計画を検討済み/実施済み」が46.2%で、これから検討する人を含め「対策計画を検討中」が45.6%と、サポート終了にともなう対策を講じる必要のある企業がまだまだ多いことが分かった。

図1 Windows Server 2003搭載サーバの現在の利用状況と対策状況

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 Windows Server 2003搭載サーバの現在の利用状況と対策状況
このページの先頭へ

2

対策は7割が「2012」「2008」へ移行、半数が同時に「サーバー仮想化」へ取り組む

 次に、Windows Server 2003を利用していると回答した方に、取った(取る予定)対策の内容について尋ねた(図2-1)。1位は「Windows Server 2012へ移行する」で40.3%、2位は「Windows Server 2008へ移行する」で31.5%、3位は「サポート終了後もWindows Server 2003を使い続ける」で9.2%、4位は「その他」で6.2%、5位は「自社ではサーバーは保有せず、クラウドサービス(IaaS/SaaS/PaaSを含む)を利用する」で4.2%という結果になった。「その他」の内容を見ると「複数サーバが存在するため、対策は様々。2008及び2012に移行、一部をクラウド化、一部を仮想化にする予定」といった、対策が複数混在していることを挙げる方が多かった。

 続いて、今回の対策と併せて取り組んだこと/取り組みたいことを尋ねた(図2-2)。1位は「サーバーの仮想化」で48.8%、2位は「インフラを変更するのみで、新たな取り組みは行わない」で20.1%、同率2位は「セキュリティの強化」で20.1%、4位は「BCP、バックアップ強化」で18.5%、5位は「運用管理の自動化や強化」で15.3%となった。
 この結果から、これを機にパブリッククラウドへ移行する企業は少ない状況にあり、7割強が自社の環境を維持したままWindows Server 2008または2012に移行すると回答、このタイミングでサーバーを仮想化しようとしている企業は全体の約半数にのぼることが分かる。またWindows Server 2008への移行は大企業のほうが多い傾向にある。大企業のほうが32bit対応のWindows Server 2003上で動かしているアプリケーションが多いことから、定石通りWindows Server 2012への移行がスムーズに行えず、Windows Server 2008への移行にとどめていることが推測される。

図2 Windows Server 2003搭載サーバの対策内容と併せて取り組みたいこと

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 Windows Server 2003搭載サーバの対策内容と併せて取り組みたいこと
このページの先頭へ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

サーバー/「Windows Server 2003サポート終了」にともなう対策状況」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー」関連情報をランダムに表示しています。

サーバー」関連の製品

経営基盤ソリューション 『 SuperStream-NX 』 【スーパーストリーム】 BusinessSPECTRE 【電通国際情報サービス】 Kaspersky Endpoint Security for Businessシリーズ 【カスペルスキー】
ERP ETL アンチウイルス
◎会計:完全Web対応の優れた操作性 / 日本の法制度に迅速に対応/多言語・多通貨によるグローバル対応
◎人事給与:高度なタレント管理、人材の適性配置・育成を実現
SAP ERPに格納された大量のデータを素早く抽出し、様々な用途に活用するためのデータ連携フレームワーク。会計・販売レポートや経営分析、他システム連携などに活用可能。 PC、モバイル、サーバーなどのエンドポイントを幅広く保護し、アプリケーション、デバイス、Web使用を適切に制限するコントロール機能で強固なセキュリティ環境を実現。

サーバー」関連の特集


情報システム部門が常駐できない拠点オフィス向けのルータに必要な要件は?管理の手軽さ?堅牢性?従来重要…



アプリケーションの脆弱性に関する統計データをご紹介。現在問題となっている脆弱性からその対策までじっく…



東日本大震災で甚大な被害を受けた、岩手県一関市。オンライン申請などでインターネット利用が欠かせない司…


サーバー」関連のセミナー

体験! エンジニア向けNutanixハンズオンセミナー 【主催:ネットワークバリューコンポネンツ/協賛:ニュータニックス・ジャパン】 注目 

開催日 7月14日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

最近よく言葉を耳にする、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ。そのリーダーであり、52%ものシェア(※)を誇るNutanix(IDC MarketScape…

フラッシュ ファースト時代に失敗しない! これからのストレージ 【EMCジャパン/ブロケード コミュニケーションズ システムズ】 注目 

開催日 7月14日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

フラッシュストレージへの投資が特別だった時代は過ぎ去りました。既に多くのお客様がフラッシュによって、コストやスペース、電力、運用の手間とリスクを削減しながら、ス…

フラッシュ ファースト時代に失敗しない! これからのストレージ 【EMCジャパン/ブロケード コミュニケーションズ システムズ】 注目 

開催日 7月12日(火)   開催地 福岡県   参加費 無料

フラッシュストレージへの投資が特別だった時代は過ぎ去りました。既に多くのお客様がフラッシュによって、コストやスペース、電力、運用の手間とリスクを削減しながら、ス…

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

サーバー/ 「Windows Server 2003サポート終了」にともなう対策状況」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「サーバー/ 「Windows Server 2003サポート終了」にともなう対策状況」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007417


IT・IT製品TOP > サーバー > Windows > WindowsのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ