税理士と一緒に経営データをタイムリーに把握

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

顧問税理士との二人三脚で経営データをタイムリーに把握

2014/11/17


 人材難の中小企業にとってすべてを自社で処理するのは難しい。そこで注目されるのが税理士など外部の専門家の活用だ。今回紹介するのは顧問税理士の指導の下、財務経理ソフトを刷新したケース。経営データのタイムリーな把握によって、着実に次の手を打つことができるようになったのか、見ていきたい。

※「財務経理/税理士と一緒に経営データをタイムリーに把握」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「財務経理/税理士と一緒に経営データをタイムリーに把握」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


導入企業プロフィール

株式会社巴商事
従業員数/30名(パート、役員を含む)
事業内容/食品・酒類の輸入販売
企業サイトへ

導入製品・ソリューション

財務経理ソフト「FX2」
TKC
企業サイトへ


課題 導入システム 効果

部門別の売上、粗利、コストなどをタイムリーに把握できない。

田尻会計事務所のサポートの下、TKCの財務経理ソフト「FX2」を導入。

部門別の利益率が以前の翌々月末から翌月中旬には把握できるようになった。


1

部門別の経営データの把握は手作業で行っていた

■経営データをまとめるには2段階の処理が必要だった

 株式会社巴商事がTKCの戦略財務情報システム(財務経理ソフト)「FX2」を導入したのは約6年前。それ以前は別の会計ソフトを使用していた。「FX2」導入以前は、入力したデータを紙ベースで出力し、顧問税理士である田尻会計事務所に送り、税理士事務所がTKCの財務会計システムに入力・処理していた。
 以前の会計ソフトを導入したのは10年以上前だが、最大の難点は部門ごとの管理ができないことだった。同社では海外お土産を取り扱う部門が営業1部、その他の国内販売が営業2部と分かれているが、以前の会計ソフトでは部ごとに売上などの数値が自動的に把握できず、手作業によって集計していた。
 Excelや電卓で集計するのは作業が大変でミスも起こる。このため、部門別データがまとまるのは翌々月末と60日かかっていた。

担当者のナマ声:税理士のサポートがあり、更新はスムーズに進みました

 私は以前、銀行に勤務していましたが、その後、当社で経理を見ています。以前のソフトは私が入社した時にはすでに導入されていたのですが、経営データである部門別の前年対比の売上などの数値が即座に把握できないというのは、経営判断を下す上で大きな問題でした。経理ソフトの更新にあたっては、税理士の田尻先生に負うところが大きく、すべて田尻先生の指導でスムーズに導入が進みました。(株式会社巴商事 経理部 部長 野口幸四郎氏)

巴商事の財務経理部門を担う3氏
巴商事の財務経理部門を担う3氏
右から株式会社巴商事 経理部長代理 山田亮平氏、経理部長 野口幸四郎氏、税理士法人田尻会計 税理士 田尻重暁氏

このページの先頭へ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

財務経理/税理士と一緒に経営データをタイムリーに把握」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「財務経理」関連情報をランダムに表示しています。

財務経理」関連の製品

ZeeM 会計 【クレオマーケティング】
会計システム
財務・管理会計を統合し、他システムとの連携性と充実した管理会計、決算日程の短縮にこだわったオールインワン会計システム。

財務経理」関連の特集


今回、訪問したのは全世界に350以上の拠点を持つ世界有数の事業用不動産サービス会社であるCBREの東…



IT担当者243人を対象にデータ分析ツールの導入状況について調査を実施。分析のための活用データや活用…



情報漏洩は、内部の人間による持ち出しが大半。いつ、誰が、どこに出入りしたかをしっかり記録し、確認でき…


「会計システム」関連の製品

Oracle Planning and Budgeting Cloud Service(PBCS) 【日本オラクル】 楽楽精算 【ラクス】 交通費・経費精算クラウド 経費BankII 【SBIビジネス・ソリューションズ】
会計システム 会計システム 会計システム
経営管理ソリューション分野で高いシェアを誇るOracle Hyperionの予算管理機能をクラウドで提供。データ入力/連携から各種計算処理、レポート・分析をトータルに実現。 交通費をはじめ、あらゆる経費の申請・承認・精算を楽楽精をラクにする、累計導入社数NO.1のクラウド型経費精算システム。 交通費・経費精算をスマートフォンやWebで申請できるクラウドサービス。駅すぱあと連携、仕訳データ出力、FBデータ作成ができ、作業時間の短縮、効率化が可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

財務経理/ 税理士と一緒に経営データをタイムリーに把握」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「財務経理/ 税理士と一緒に経営データをタイムリーに把握」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007388


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ