オンラインストレージは第3のデータストアの地位を確立するか?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

オンラインストレージは第3のデータストアの地位を確立するか?

2014/12/18


 スマートフォンの普及などによって、昨今では「撮影した写真をクラウドに保存する」といった操作を個人が当たり前のように行うようになった。このようにハードディスクなどを購入することなく、クラウド上に保存されたデータを読み書きできるサービスが「オンラインストレージサービスである。こうしたサービスは個人向けだけでなく、企業向けにおいても普及が進みつつある。オンラインストレージサービスは企業にとってPC、サーバ/ストレージに続く「第3のデータストア」としての地位を確立するのだろうか?以下ではユーザ企業に対する調査データなどを交えながら、オンラインストレージサービスの最新動向について見ていくことにする。

オンラインストレージ

※「オンラインストレージ/オンラインストレージは第3のデータストアの地位を確立するか?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「オンラインストレージ/オンラインストレージは第3のデータストアの地位を確立するか?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

岩上 由高

シニアアナリスト 岩上 由高(Yutaka Iwakami)

株式会社 ノークリサーチ企業サイトへ
アナリストファイル #045

早稲田大学大学院理工学研究科数理科学専攻卒業後、ジャストシステム、ソニーグローバルソリューションズ、ベンチャー企業などでIT製品及びビジネスの企画/開発/マネジメントに携わる。ノークリサーチでは技術面での経験を活かしたリサーチ/コンサルティング/執筆活動を担当。



1

オンラインストレージ活用状況

1-1

300億円以上〜500億円未満でも46.4%と高い導入率

 以下のグラフは文書管理/ファイル管理システムを導入している年商500億円未満の企業における「社内設置型文書管理システム」と「オンラインストレージサービス」の導入割合を比較したものだ。つまり、企業が導入する文書管理/ファイル管理システムのうち、オンラインストレージサービスに相当するものがどれくらいあるか?を示した結果といえる。ただし、ここでは「企業として認知されているオンラインストレージサービスの利用」を対象としており、個人での利用や企業に承認を得ない形での利用は含まれていない。また、「社内設置型文書管理システム」と「オンラインストレージサービス」を併用するケースもあるため、設問は複数回答を許可する形式となっている。

図1 社内設置型文書管理システムとオンラインストレージサービスの導入割合
図1 社内設置型文書管理システムとオンラインストレージサービスの導入割合
2014年版 中堅・中小企業のITアプリケーション利用実態と評価レポート
出典:ノークリサーチ

 オンラインストレージサービスの導入率は概ね年商規模が小さくなるほど高くなっているが、年商300億円以上〜500億円未満においても高い導入率となっている。こうした傾向を理解するためにはオンラインストレージサービスの導入経緯を抑えておく必要がある。一般的に企業がクラウドを導入する場合には大きく分けて

パターン1:既存のシステムをクラウドへ移行する
パターン2:新たなIT活用シーンに伴って新規にクラウドを導入する

の2通りが存在する。
 年商5億円未満(小規模企業層)や年商5億円以上〜50億円未満(中小企業層)といった比較的年商の低い企業層においてオンラインストレージサービスの導入が高い要因は既存のファイルサーバからのクラウド移行が進んでいるからではない。実際、これらの企業層では自社内設置型ファイルサーバ(低価格のLAN接続型ハードディスクなども含む)へのニーズも依然として見られる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

オンラインストレージ/オンラインストレージは第3のデータストアの地位を確立するか?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「オンラインストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

オンラインストレージ」関連の製品

Office 365 Enterprise 【ソフトバンク コマース&サービス】 セキュアリモート接続 「テレワークRAソリューション」 【アクシオ】 根強い「Microsoft Office」の人気、情報共有ツールのクラウド活用は進むのか 【アイティメディア株式会社】
オフィスソフト リモートアクセス その他情報共有システム関連
常に最新のグループウェアサービスと最新のデスクトップアプリケーション(Microsoft Office)をセットで利用できる法人向けクラウドサービス。 3つのセキュアなリモート接続環境を用意することで、さまざまなニーズに対応可能なリモートアクセスソリューション。VDI、RDS構成や“ネットワーク分離”の提案も可能。 根強い「Microsoft Office」の人気、情報共有ツールのクラウド活用は進むのか

オンラインストレージ」関連の特集


昨年の「内部関係者」による国内最大規模の情報漏洩事件はまだ記憶に新しいはず。ログ管理で不正行為を検知…



モバイルデバイスの長所を活用しつつ、情報漏えいを防ぐための企業ポリシーを踏襲し、セキュリティレベル保…



クラウドサービスを導入し事務所を廃止した事例を紹介。ネット上で情報共有・協働できる仕組みを取り入れ、…


オンラインストレージ」関連のセミナー

クラウドストレージへの移行をスムーズに進めるためのポイント 【オーシャンブリッジ】  

開催日 9月13日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

オンラインストレージ/クラウドストレージサービスへの移行は進められていますか?法人でクラウドストレージを利用すると場所を選ばずファイルアクセスが可能なため、ファ…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

オンラインストレージ/ オンラインストレージは第3のデータストアの地位を確立するか?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「オンラインストレージ/ オンラインストレージは第3のデータストアの地位を確立するか?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30007371


IT・IT製品TOP > ストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ