クラウド、モバイル、IoTで見直されるBPM

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

クラウド、モバイル、IoTで見直されるBPM

2014/11/20


 BPM(Business Process Management)ソフトウェアはアプリケーションと業務プロセスを分離し、可視化することで業務目的に最適なプロセスの構築と継続的な改善を実現するソフトウェアである。ビジネスプロセスをアプリケーションに組み込んだ場合、業務の変更や効率改善に伴いプロセスを変更しようとしてもアプリケーション自体を回収する必要が生じ、効率が悪い。一方、BPMソフトウェアを利用するとプロセスを可視化して監視し、プロセスあるいはプロセス連携の効率性や生産性を判断、問題プロセスや連携を組み替えることで継続的に業務の最適化を図ることができる。かつてSOAのかけ声とともにブームを巻き起こした後、その反動もあって沈静化していたBPMだが、昨今のITプラットフォームの大転換により、改めて価値が再認識されている。今回は、クラウド、モバイル、IoTというキーワードで活性化しているBPMの現状を確認してみよう。

BPM

※「BPM/クラウド、モバイル、IoTで見直されるBPM」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「BPM/クラウド、モバイル、IoTで見直されるBPM」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

草地 慎太郎

ソフトウェア&セキュリティ マーケットアナリスト  草地 慎太郎(Shintaro Kusachi)

IDC Japan株式会社企業サイトへ
アナリストファイル #077

国内アプリケーション開発およびミドルウェア市場の分析、市場予測、競合分析、ユーザー調査に従事。ベンダーでのプロダクトマーケティングおよび事業開発を中心にIT業界で10年以上の経験を有する。ベンダーでのワークステーション、UNIXサーバー、ストレージ等のプロダクトマーケティングを皮切りに通信事業者でのWAN事業の立ち上げに従事したのち、SIerでの仮想化ソフトウェアのプロダクトマーケティングを経験。IDC入社の直前は、セキュリティソフトウェアベンダーにおいてクラウド環境での事業開発を担当した。



1

改めて注目されるBPM

1-1

SOAブームを経て、新しいプラットフォームでBPMが再び脚光を浴びる時代に

  2000年代初めから半ばにビジネスプロセスの最適化がITの大きなテーマとしてクローズアップされた時代に注目を集めたのが「BPM」だ。当初はEAI(Enterprise Application Integration)による業務システム連携の上位で各システムとその連携を管理する機能を果たしていたが、やがてソフトウェア機能を「サービス」として括り、その連携により企業システム全体を構築するSOA(Service Oriented Arachitecture)と呼ばれる方法論が台頭。そのシステムおよびネットワークへの実装基盤であるESB(Enterprise Service Bus)が登場すると、BPMはそれらを利用してより柔軟にビジネス変化に適応する業務改善を成し遂げる道具として、さらに重要な役割を担うようになった。ビジネスプロセスに従ったサービスを設計・記述するための標準言語であるBPEL(Business Process Execution Language/業務プロセス実行言語)が生まれたのもこの頃だ。
 しかし現在、BPM、EAI、SOA、ESBというキーワードを耳目にする機会は著しく減っている。その理由は、一時のブームが去ったというだけでなく、実はすでに当たり前の概念や技術になっており、殊更に話題にする必要がなくなってきたというのが真相だろう。
 ところが最近になって、BPMに再び光が当たるようになってきた。その背景にあるのは、アプリケーション共通基盤がビジネス変化への柔軟な対応のための解答の1つになりうることへの理解が進んだことと、プライベートクラウドやパブリッククラウドの利用拡大とともに新しい業務改善への取り組みが必要になっていること、さらにはモバイルコンピューティングの急速な広がりと、ソーシャル技術、IoTと総称されるGPSをはじめとする各種センサなどからの情報活用ニーズの高まりにより、それらを組み合わせたプロセスオートメーションがビジネスを改善する可能性が明確になってきたことが挙げられよう。そこで今回はBPMの現在と今後の可能性について考えてみたい。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

BPM/クラウド、モバイル、IoTで見直されるBPM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BPM」関連情報をランダムに表示しています。

BPM」関連の製品

数理最適化モデリングツール 「Xpress」 【MSI】
BPM
数理計画・最適化ソフトウェアの分野に強みを持つモデリングソルバー。強力なソルバーとその実行環境を提供、最適化アプリケーションモデリングと意思決定の迅速化を支援。

BPM」関連の特集


検索性を高める技術として注目されたセマンティックWebは、「データの統合技術」としても評価されてきて…



今回ピックアップするのはEAI。例えばシステムのリプレースでは、全ての業務アプリケーションを一気にE…



2015年度は115億円規模だった文書管理ツール市場。大企業を中心に導入が進む中、17%の占有率を獲…


BPM」関連のセミナー

Webセミナー「業務のペーパレス化による導入効果」 【アシストマイクロ】  

開催日 4月16日(月),5月14日(月),5月28日(月),6月11日(月),6月25日(月)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

業務のワークフロー化を検討するとき、まずはじめに思い浮かぶのは紙の申請書類などで運用している業務ではないでしょうか。このような業務をデジタルベースでの運用に切り…

【6/14木】IoT、AI時代における業務分析手法の習得 【ITコーディネータ協会】  

開催日 6月14日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込み)

当講座は、GUTSY−4の業務参照モデルを活用した業務分析手法を演習中心に学びます。SE、コンサル、ITコーディネータは、顧客が独自に抱える問題・課題を解決する…

Webセミナー「業務の見える化、自動化を行うBP Directorの紹介」 【アシストマイクロ】  

開催日 4月16日(月),5月14日(月),5月28日(月),6月11日(月),6月25日(月)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

変化の激しいビジネス環境では、かぎられた人材や資源を最大限に生かして企業活動を行える、効率性の高い業務体制がますます重要になっています。業務効率を高めるためには…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

BPM/ クラウド、モバイル、IoTで見直されるBPM」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「BPM/ クラウド、モバイル、IoTで見直されるBPM」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30007370


IT・IT製品TOP > 情報システム > BPM > BPMのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ