バックアップツールの導入状況(2014年)

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

バックアップツールの導入状況(2014年)

2014/12/09


 キーマンズネットでは、2014年9月10日〜9月24日にかけて「バックアップツール」に関するアンケートを実施した(有効回答数:315)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の44.1%、一般部門が55.9%という構成比であった。
 今回、お聞きしたのは「バックアップツールの導入状況」「満足度」「導入時期」「導入目的」「バックアップ形式」など、バックアップツールの導入状況を把握するための質問。その結果、バックアップツール導入済み企業は59.7%と、約6割の企業で導入されていることが明らかとなった。しかし、100名以下の中小企業では35.1%に留まり、全体の値より約25ポイントも少ない結果となった。
 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので事前にご了承いただきたい。

※「バックアップ/バックアップツールの導入状況(2014年)」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「バックアップ/バックアップツールの導入状況(2014年)」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

バックアップツールの導入率は全体で59.7%、中小企業での導入は35.1%に留まる

 はじめに、「バックアップツールの導入状況」を尋ねた(図1-1)。その結果、「既に導入済みである(追加・リプレイスなし)」が53.7%、「既に導入済みである(追加・リプレイスあり)」が6.0%、「新規で導入を検討している」が0.6%、「必要性を感じているが、導入時期は未定」が21.6%、「必要性を感じない」が18.1%であった。整理すると、追加・リプレイスの有無を含めて「導入済み」は59.7%であるのに対し、導入検討の有無を含め「未導入」が40.3%という結果だった。企業規模別に見ると、100名以下の中小企業は導入率が35.1%であるのに対し、101名〜1000名以下の中堅企業では68.8%、1001名以上の大企業では66.4%と、中小企業に比べ中堅以上の企業では30ポイント以上多く導入されている傾向にあり、中小企業での導入が進んでいない現状が明らかとなった。
 次に、「導入済み」と答えた方にツールの導入時期を尋ねた(図1-2)。その結果、約8割(79.3%)が2012年3月以前に導入しており、直近約2年間で導入した企業は約2割(20.7%)に留まった。バックアップツールは多くの企業で比較的古くから導入されているツールであり、またそれが安定して運用されているために新たな導入が少ないと推測される。

図1 導入状況・導入時期(導入済み)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 導入状況・導入時期(導入済み)
このページの先頭へ

2

満足度は3年前と比べ約10ポイントUP、一方で「処理時間」に不満の声も

 次に、バックアップツールを「導入済み」と回答した方にその「満足度」を尋ねた。その結果、「とても満足している」が17.7%、「まあ満足している」が65.1%、「やや不満がある」が14.3%、「とても不満がある」が2.9%となり、まとめると「満足」と回答した割合は82.8%、「不満」が17.2%だった。3年前に実施した同アンケートと比べ、「満足」と回答した比率は約10ポイント増加していた。「満足」と回答した方からは、「特に問題もなく運用できている」や、「特に意識しないでもバックアップされ、フォルダ単位で設定もできる。読み込みも簡単」「価格が安い割には、きめ細かくバックアップの設定ができた」などの声が挙がった。3年前と比較し、特に問題もなく運用できていることが、満足度向上につながっていると考えられる。一方で「不満」と回答した方からは、「バックアップにかかる時間が長い」「操作が難しく特定の人しか作業できない」「日々のテープ交換が煩わしい」など多様な意見が挙がった中、特に「処理時間が長い」や「終了時間が分からない」など、処理時間に関する不満の声が多く挙がった。

このページの先頭へ

3

リストア時にスムーズな運用ができる「フル+差分バックアップ」が主流

 続いて、バックアップツールを「導入済み」と回答した方に、「導入目的」「バックアップ形式」「バックアップに必要な機能」を尋ねた。「導入目的」については、「障害時のリカバリ」が92.0%、「事業継続・災害対策」が65.3%、「バックアップにかかる運用負荷削減」が21.0%、「その他」が1.1%だった。その他と回答した方からは、「企業間訴訟時に備えて情報を保存するため」という声も挙がった(図2-1)。
 「バックアップ形式」では、「フルバックアップ」が19.2%、「フルバックアップ+差分バックアップ」が68.4%、「フルバックアップ+増分バックアップ」が12.4%という結果となり、差分バックアップの利用率が高い傾向が見られた(図2-2)。差分バックアップは、リストアの際に増分バックアップより手間がかからず、復旧の時間も短縮できることが主なメリットとされている。予期せぬ事故などでデータ復旧が必要になった際に、いかにスムーズかつ迅速にリストアできるかが企業にとっては重要な選定ポイントとなっているようだ。
 また、「バックアップに必要な機能」では、1位は「スケジューリング機能」で76.3%、2位は「差分バックアップ機能」で65.9%、3位は「ジョブ管理機能(監視機能)」で50.9%、4位は「簡単リストア機能」で49.1%、5位が「仮想環境でのバックアップ機能」で37.6%という結果となった(図2-3)。3年前の同アンケート結果と比較すると、1位〜4位の順位に変化はなかったが、前回9位で28.6%だった「仮想環境でのバックアップ機能」が、今回は37.6%と約10ポイント増加し5位にランクインしており、前回5位で46.1%だった「集中管理機能」については、9位で26.0%と約20ポイント減少した。ここ3年間で、仮想環境への移行が進み、バックアップツールの集中管理機能を不要と考える企業が増加したものと推測される。

図2 導入目的(導入済み)・バックアップ形式(導入済み)・バックアップに必要な機能(導入済み)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 導入目的(導入済み)・バックアップ形式(導入済み)・バックアップに必要な機能(導入済み)
このページの先頭へ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

◆関連記事を探す

バックアップ/バックアップツールの導入状況(2014年)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップ」関連情報をランダムに表示しています。

バックアップ」関連の製品

勤怠管理クラウド・SaaSサービス KING OF TIME(キングオブタイム) 【ヒューマンテクノロジーズ】 Barracuda Message Archiver 【バラクーダネットワークスジャパン】 New Concept Integrated WorkFlow 【エヌシーアイ総合システム】
勤怠管理システム メールアーカイブ ワークフロー
サーバー不要で安心・便利なクラウド型勤怠管理システム。国内・海外の勤怠データをリアルタイムに一元管理でき、定期バージョンアップによる進化するシステム。 強力かつ効率的なメールアーカイブを実現するメールアーカイブソリューション。優れた検索機能を備え、必要な情報をすぐに取り出すことが可能。 強力なヒューマンワークフロー機能、デザイン機能を装備し、短期間・低コストで社内外の各種システム間の柔軟な連携を実現する統合ソリューションを提供。

バックアップ」関連の特集


企業内データの爆発的増加を背景に導入が進む「ミッドレンジNAS」。将来のデータ増加分をいかに見極める…



 世界のデータ量は恐るべき勢いで増加の一途をたどっています。データ量が「5年で10倍」に増加する傾向…



個人では利用しているけれど…企業でオンラインストレージを本当に利用できる?という声は多い。今回は「企…


バックアップ」関連のセミナー

導入検討UserもSIerも聞いてスッキリ、AWS導入から運用のキホン 【共催:ソニーネットワークコミュニケーションズ/アマゾン ウェブ サービス ジャパン】 注目 

開催日 10月25日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、一貫して業界をリードし続ける「Amazon Web Services(AWS)」について、メリットやコストイメージのほか、システム移行の際のチェ…

導入検討UserもSIerも聞いてスッキリ、AWS導入から運用のキホン 【共催:ソニーネットワークコミュニケーションズ/アマゾン ウェブ サービス ジャパン】 注目 

開催日 10月20日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

本セミナーでは、一貫して業界をリードし続ける「Amazon WebServices(AWS)」について、メリットやコストイメージのほか、システム移行の際のチェッ…

ActiveImage Protector Server Edition + ImageBoot実践セミナー 【ネットジャパン】 締切間近 

開催日 10月5日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ActiveImage Protectorはシステムを稼働したままでも、止めた状態でも、高速にバックアップするために変更部分だけをバックアップする増分バックアッ…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

バックアップ/ バックアップツールの導入状況(2014年)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「バックアップ/ バックアップツールの導入状況(2014年)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007353


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ