UTM(統合脅威管理)に関する市場調査レポート(2014年)

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

UTM(統合脅威管理)に関する市場調査レポート(2014年)

2014/11/11


 キーマンズネットでは、2014年8月6日〜8月20日にかけて「UTM(統合脅威管理)」に関するアンケートを実施した(有効回答数:347)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の41.2%、一般部門が58.8%という構成比であった。
 今回、お聞きしたのは「標的型攻撃対策の有無」「UTMの導入状況」「導入目的」「満足度」など、UTMの導入状況を把握するための質問。その結果、UTM導入済み企業は22.7%にとどまり、従業員規模が大きくなるにつれて、導入率が高まることが明らかになった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「UTM/UTM(統合脅威管理)に関する市場調査レポート(2014年)」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「UTM/UTM(統合脅威管理)に関する市場調査レポート(2014年)」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

多様化する標的型攻撃に、中小企業の6割が対策なし

 はじめに、現在実施済みの「標的型攻撃対策の有無」を尋ねた(図1-1)。その結果、「対策あり」が51.5%、「対策なし」が48.5%と、約半数以上が標的型攻撃対策を行っていることが分かった。しかし、企業規模100名以下の企業では「対策あり」が38.2%、「対策なし」61.8%と、対策を行っていない企業が6割を超えていることが明らかとなった。
 次に、ネットワークセキュリティ対策状況を尋ねた(図1-2)。その結果、1位が「Eメールのアンチウイルス」で84.3%、2位が「ファイアウォール」で82.4%と、これらの対策は8割を超える企業が実施していることが分かった。また、企業の従業員規模が1001名を超える大企業と100名以下の中小企業を比べると、「URLフィルタリング」では40.9ポイント、「Webコンテンツフィルタリング」は37.4ポイント、「無線LANのアクセス制御」は28.9ポイント、「セキュリティパッチの自動更新」は20.7ポイント、「ファイアウォール」は20.6ポイントの差が出ており、中小企業でのネットワークセキュリティ対策の充実度は大企業に比べて低いことが明らかとなった。

図1 標的型攻撃対策の有無・実施中のネットワークセキュリティ対策

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 標的型攻撃対策の有無・実施中のネットワークセキュリティ対策
このページの先頭へ

2

UTM導入率は22.7%…導入予定での目的は「法令遵守(情報漏洩対策)」が増加傾向

 次に、現在の「UTMの導入状況」を尋ねた(図2-1)。その結果、「既に導入済みである(追加・リプレイスなし)」が21.0%、「既に導入済みである(追加・リプレイスあり)」が1.7%、「導入を検討している」が10.1%、「必要性は感じるが導入は検討しない」が36.9%、「必要性を感じない」が30.3%であった。整理すると、追加・リプレイスの有無を含めて「導入済み」は22.7%であるのに対し、必要性の有無に関わらず、「導入の検討を行わない」が67.2%と導入済みを大きく上回った。また、企業規模別に見ると、100名以下の企業では導入率が10.1%であるのに対し、100〜1000名以下の企業では24.8%、1001名以上の企業では33.7%と従業員規模が大きくなるほど導入率が高くなる傾向が見られた。
 続いて、UTMを「導入済み」と回答した方を対象に、その「導入目的」を尋ねた(図2-2)。1位が「複数のセキュリティ対策を同時に実現するため」で47.6%、2位が「セキュリティ運用管理負荷の軽減」で39.7%、3位が「法令遵守(内部統制)」で36.5%と続いた。
 また、UTMを「導入予定」と回答した方を対象に、その「導入目的」を尋ねた(図2-3)。その結果、導入済みの方同様、1位が「複数のセキュリティ対策を同時に実現するため」で56.8%と最も多かったが、同率2位は「法令遵守(情報漏洩対策)」と「標的型攻撃対策の実現」で43.2%という結果であった。「法令遵守(情報漏洩対策)」が導入目的として高まっている点については、昨今、企業におけるコンプライアンスの徹底が社会的に重視されてきたことを受け、情報漏洩に対する危機意識が高まっていることが起因していると推測される。

図2 導入状況・導入目的(導入済み/導入予定)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 導入状況・導入目的(導入済み/導入予定)
このページの先頭へ

3

9割以上が満足と回答、一方で「社内LANが停止」と不満の声も

 次に、UTMを「導入済み」と回答した方にその「満足度」を尋ねた。その結果、「とても満足している」が27.7%、「まあ満足している」が64.6%、「やや不満がある」が6.2%、「とても不満がある」が1.5%となり、まとめると「満足」と回答した割合は92.3%、「不満」が7.7%と、満足度は高い結果となった。
 今回のアンケートで「とても満足している」「まあ満足している」と回答した方からは、「重大なセキュリティ事故の発生を防いでいる」や、「ほぼ脅威となる攻撃を排除できている」などのセキュリティ機能の高さに満足している声が多く、更に「問題も発生せず運用に手間もかかっていない」や「設定方法も分かり易く、特に問題なく運用できている」など、運用の簡易さに満足する声も上がっていた。一方、「やや不満がある」「とても不満がある」と回答した方からは、「セキュリティパッチの適用時に社内LANが止まったことがあり、社内で問題となった」や、「メモリ不足のため機能を一部制限している上、メモリが不足してネットワーク接続不良となり再起動している」等、少数ではあるが、導入後のPC及び周辺機器のパフォーマンス低下に対する不満の声が上がった。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

UTM/UTM(統合脅威管理)に関する市場調査レポート(2014年)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UTM」関連情報をランダムに表示しています。

UTM」関連の製品

eFEREC 【ネットスプリング】 検討事項が多いクラウド環境、要件を満たしたサービス選びのポイントは 【ディーネット+他】 非管理デバイスに多層防御を実現、UTMの課題を解消する無線LANセキュリティとは 【ユニアデックス】
UTM IaaS/PaaS 無線LAN
IDとパスワードによる「ユーザー認証」「アクセスコントロール」「ログ収集」を1台で実現するアプライアンスタイプのLANアクセス管理システム。 検討事項が多いクラウド環境、要件を満たしたサービス選びのポイントは 非管理デバイスに多層防御を実現、UTMの課題を解消する無線LANセキュリティとは

UTM」関連の特集


方式が異なるとコストも変わるみたいだけど、どれがよいのか?既存システムとの相性は?…など、ワンタイム…



IPAが「情報セキュリティ10大脅威」2016年版を公開しました。企業を襲う脅威をまとめた「組織」編…



MSやGoogleの自社開発によるハードウェア投入によりますます活気づくメディアタブレット市場。最新…


UTM」関連のセミナー

IT Solution Forum 2018 in 福岡 【キヤノンシステムアンドサポート】  

開催日 6月19日(火)   開催地 福岡県   参加費 無料

キヤノンシステムアンドサポートでは 2018年 6月19日(火)に『 IT Solution Forum 2018 in 福岡 』を開催いたします。さまざまな角…

無線 LAN セキュリティセミナー 【ウォッチガード・テクノロジージャパン】 締切間近 

開催日 5月30日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

無線 LAN セキュリティセミナー「デモで解説。セキュアな無線 LAN の重要性とクラウド管理型 AP の大きなメリット」〜既設の無線 LAN 環境へセキュリテ…

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

UTM/ UTM(統合脅威管理)に関する市場調査レポート(2014年)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「UTM/ UTM(統合脅威管理)に関する市場調査レポート(2014年)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007352


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > UTM > UTMのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ