この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

ID管理ツールの導入状況(2014年)

2014/10/28


 キーマンズネットでは、2014年7月16日〜2014年8月1日にかけて「ID管理ツールの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:318)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の40.3%、一般部門が59.7%という構成比であった。
 今回お聞きしたのは、業務で利用している「ID数」、ユーザ・管理者それぞれの視点での「満足度」や「不満点」など業務利用IDの現状、そして「導入のきっかけ」「満足度」「導入しない理由」など、ID管理ツールの導入状況を把握するための質問。その結果、業務上利用しているID数は「2〜3個」と回答した方が最も多く、全体の導入率は20.5%で、導入している企業の83.1%は満足していることが明らかになった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「ID管理/ID管理ツールの導入状況(2014年)」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ID管理/ID管理ツールの導入状況(2014年)」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

企業が業務で利用するID数は「2〜3個」、中小企業は2割弱が「11個以上」

 最初に、全体に対して「業務上利用しているID数」について尋ねた(図1)。その結果、「2〜3個」が36.5%、「4〜5個」が32.6%、「6〜10個」が14.8%、「11個以上」が12.2%、「0〜1個」が3.9%となった。従業員規模別に見ると、101名〜1000名以下の中堅企業や1001名以上の大企業においては「2〜3個」の割合が4割近いのに対し、100名以下の中小企業は約3割に留まる結果となった。一方で、100名以下の中小企業においては「11個以上」と回答した割合が18.1%と2割弱にも達し、101〜1000名以下の中堅企業の7.8%、1001名以上の大企業の12.8%を大きく上回ることが分かり、比較的多くのIDを利用している実態が見てとれた。昨今では、社内システムだけでなく、社外のクラウドサービスやSNSなどのマーケティングツールを利用する機会も多くなり、その都度ID/パスワードを必要とされるシーンが多くなってきているが、特に中小企業においては管理する専任者がいないことやシングルサインオンの実現に向けた管理ツールの導入に至っていないケースが多いことから、使用ID数が多い結果となったと考えられる。

図1 業務上利用しているIDの数

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 業務上利用しているIDの数
■ユーザ視点では64.8%が満足も…システムごとにIDが違う、パスワードの更新頻度が多いと不満も

 続いて、業務におけるID/パスワード利用に対して、ユーザ視点での満足度を尋ねた。その結果、「とても満足している」が6.4%、「まあ満足している」が58.4%、「やや不満がある」が27.2%、「とても不満がある」が8.1%となり、まとめると「満足」が64.8%、「不満」が35.3%となった。
 また、ユーザ視点での不満点についても尋ねたところ(図2-1)、1位は「システム・アプリごとにID/パスワードが違う」で75.0%、2位は「パスワードの更新頻度が多い」で41.7%、3位は「会社のセキュリティポリシーが厳しい」で16.7%という結果となった。その他の意見としては、「システムごとにパスワード規則や6文字以上、8文字以上、英数記号など使用可能文字が違う」「個人で管理しなければならないID/パスワードが多すぎる」といったものが見受けられた。

■管理者視点では58.4%が不満足「ユーザの管理意識の低さ、システムごとにIDが違う」に不満が集中

 次に、業務におけるID/パスワード利用に対して、管理者視点での満足度を尋ねた。その結果、「とても満足している」が1.6%、「まあ満足している」が40.0%、「やや不満がある」が49.6%、「とても不満がある」が8.8%となり、まとめると「満足」が41.6%、「不満」が58.4%となった。
 また、管理者視点での不満点についても尋ねたところ(図2-2)、1位は「ユーザのセキュリティ管理意識が低い」で63.0%、2位は「システム・アプリごとにID/パスワードが違う」で58.9%、3位は「管理対象の従業員が多い」で21.9%、4位は「使っているID管理ツールが複数存在する」で11.0%という結果となった。その他の意見としては、「システムによって、ポリシーが異なる」「職員の入れ替わりが多く、毎月時間を取られる」といったものが寄せられた。
管理者視点での方がユーザ視点より、ID/パスワード利用における不満が圧倒的に大きく、これは個々のユーザが気づいていないセキュリティ管理意識の低さや認識の甘さが主要因であることが分かった。パスワードの設定・更新・保管など、個人の管理に委ねる部分も大きいことから、ユーザのセキュリティ意識を高めることで、より安全に管理していくことが早急に求められていると考えられる。

図2 ユーザ視点での不満点・管理者視点での不満点

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 ユーザ視点での不満点・管理者視点での不満点
このページの先頭へ

2

ID管理ツールの導入率は未だ20.5%…大企業と中小企業とでは5倍以上の差

 次に「ID管理ツールの導入状況」について尋ねた(図3)。「既に導入済みである(追加・リプレイスなし)」が17.0%、「既に導入済みである(追加・リプレイスあり)」が3.5%、「新規で導入を検討している」が2.8%、「必要性を感じるが導入は検討しない」が47.2%、「必要性を感じない」が29.6%と続き、まとめると、全体で20.5%が導入済み、6.3%が検討中という結果となった。また、「導入済み」を従業員規模別で見たところ、100名以下の中小企業で6.9%、101名〜1000名以下の中堅企業で12.6%、1001名以上の大企業で35.4%と、従業員規模が大きくなるにつれて導入済みの割合が大きくなる傾向にあり、100名以下の中小企業と1001名以上の大企業では5倍以上の開きが出た。従業員規模に応じて管理対象となるID/パスワード数が増え、また関連会社も管理対象となるケースもあることから、このような結果となったと考えられる。

図3 導入状況

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図3 導入状況
このページの先頭へ

3

導入きっかけ「セキュリティ向上」が半数超え、「ISMS対応」の声も

 続いて、ID管理ツールを導入済みと回答した方に「導入のきっかけ」を尋ねた(図4)。その結果、1位は「セキュリティ向上やリスクマネジメントなど」で51.8%、2位は「ユーザの業務効率化や運用負荷軽減など」で44.6%、3位は「個人情報保護法や内部統制などの法規制対応」で30.4%、4位は「外部機関・取引先・関連会社などからの指摘・要望」で1.8%となった。
 その他、フリーコメントには、「ISMS対応」がきっかけとなったという声が複数寄せられた。また、「成りすまし防止」「退職者のアクセス禁止」などといった、いわゆる「亡霊ID」と呼ばれる不明なIDを使って退職者が外部からアクセスできる環境を残しておくことを懸念する声や、「シングルサインオンへの準備として」「複数のシステムで複数のIDがあったため、パスワードの亡失などの問い合わせが多かった」といった管理・運用面でのメリットを考慮して導入を検討したという声が集まった。

図4 導入のきっかけ(導入済み)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図4 導入のきっかけ(導入済み)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ID管理/ID管理ツールの導入状況(2014年)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

ID管理」関連の製品

オープンソース統合ID管理 Unicorn ID Manager 【オープンソース・ソリューション・テクノロジ】 プロビジョニング管理システム「D-PLAMS」 【ディライトテクノロジー】 Office 365+Windows 10でセキュリティをレベルアップ 【日本マイクロソフト】
ID管理 ID管理 フィルタリング
複数システムのID管理情報を一括管理するオープンソースの統合ID管理ソフトウェア。過剰な機能を抑え必要な機能に絞ることで、低価格での提供を実現している。 アカウント管理のニーズに柔軟に応えるID管理パッケージ。データのコード体系を選ばず、ほぼすべてのシステムと連携できる。オンプレミスまたはクラウドサービスで提供。 標的型攻撃が 7倍に急増!…で 狙われる公共・教育・医療機関

ID管理」関連の特集


 本連載の第1回、第2回、第3回では、それぞれ企業向け、文教向け、コンシューマ向けの最新のシングルサ…



本人確認手段として長らく用いられてきた「ID/パスワード」に限界が訪れている。では、パスワードに替わ…



情報漏洩から企業を守るDLPツール。運用管理に膨大な負荷がかかっていた昔とは違い、現実的な運用を前提…


ID管理」関連のセミナー

医療ICT カンファレンス 2016 【ナノオプト・メディア】 締切間近 

開催日 12月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

より高品質な医療サービス実現のためのシステムとは?クラウド、セキュリティ、AI活用、ID管理などの課題解決方法を最新事例で解説!■キーノート■      ※敬称…

Office 365・Azureハンズオンセミナー【Office365のID管理ほか】 【カコムス】  

開催日 1月20日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

大変ご好評頂いておりますOffice 365及びMicrosoft Azureハンズオンセミナーを、カコムス大阪本社にて新年2017年1月も開催させていただきま…

Office 365・Azureハンズオン【販売管理/ERP構築】 【カコムス】  

開催日 12月16日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

大変ご好評頂いておりますOffice 365及びMicrosoft Azureハンズオンセミナーを、カコムス大阪本社にて12月も開催させていただきます。 12月…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ID管理/ ID管理ツールの導入状況(2014年)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ID管理/ ID管理ツールの導入状況(2014年)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007351


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ