自慢が仇に…全米ネット普及の立役者が大統領選に敗北したワケ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2014/11/07
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#261インターネットの父? 賛否両論の2代目政治家 〜アル・ゴア氏

インターネットの父と言われる人物はたくさんいる。だれがどれだけ貢献したかを見極めるのは難しいものだ。その中で「情報ハイウェイ構想」が大きな影響を与えたと言われている。今回は、そんな情報ハイウェイ構想を提唱した、アル・ゴア氏(以下敬称略)をキーマンとして紹介しよう。

アル・ゴアは、1948年にアメリカ・ワシントン.D.Cにて誕生した。本名はアルバート・アーノルド・ゴア・ジュニアで、父・アルバート・ゴア・シニアの名前を継承している。その父は政治家で、恵まれた幼少時代を過ごしたようだ。

アル・ゴア氏
1948年
アメリカ・ワシントン.D.Cにて誕生。
1965年
ハーバード大学に進学。
1976年
ヴァンダービルト大学ロー・スクールを中退して政治家に。
1990年
情報スーパーハイウェイ構想を提唱。
1993年
クリントン大統領のもと、副大統領に就任。
2000年
大統領候補になるものの敗戦。
2007年
地球温暖化に警鐘を鳴らしたということでノーベル平和賞を受賞。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ インターネットの父? 賛否両論の2代目政治家 〜アル・ゴア氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ インターネットの父? 賛否両論の2代目政治家 〜アル・ゴア氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007342



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ