クラウド新機軸“IDaaS”は広まるか?ID管理が辿る道

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

クラウド新機軸“IDaaS”は広まるか?ID管理が辿る道

2014/11/17

 企業におけるユーザ管理やセキュリティ対策には様々な技術が存在するが、その根幹に位置するのがユーザ情報を管理するためのID管理技術だ。旧来はオンプレミスに閉じたシステムの運用を考えればよかったのが、現在はクラウドに向けてもID管理の範囲を拡張していく必要性が出てきた。オンプレミスからクラウドまで、システムのありかをユーザが意識することなく、シームレスに利用できるSSO(シングル・サインオン)環境に加え、アクセス制御やコンプライアンス監査も一貫性を持って行うことができる仕組みが求められる。そこで今回は、クラウドも意識した上で企業におけるID管理の最新動向を追いかけながら、数年先を見据えたID管理の最適な考え方について詳しく紹介する。

ID管理

※「ID管理/クラウド新機軸“IDaaS”は広まるか?ID管理が辿る道」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ID管理/クラウド新機軸“IDaaS”は広まるか?ID管理が辿る道」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1クラウド時代のID管理システム

1-1ID管理システムが求められる理由

 かつてID管理といえば、あるシステムを利用するユーザの情報を一元的に束ね、文字どおり管理するための仕組みだった。それがシステムの高度化や多様化とともに、次第にその目的を大きく変化させている。
 もともとはシステムにアクセスするユーザの「利便性の向上」や「管理効率の向上」といった要件が中心だったID管理も、数年前からは「セキュリティリスクの低減」や「内部統制対策」といった目的が中心となっており、それは現在でも続いている状況だ。
 実際、一人のユーザが企業内で利用するシステムの数は増加の一途をたどっており、その数だけ新たなIDが作られ、管理そのものが分散していくことになる。ガバナンスを効かせるのが困難なこの状態をそのまま放置することは、誰も利用していない「幽霊ID」の発生や「パスワードの使い回し」を招き、セキュリティホールになりかねない。こうしたリスクを低減するためにも、統合ID管理の基盤が求められている。

図1 ID管理システム整備の目的
図1 ID管理システム整備の目的
資料提供:エクスジェン・ネットワークス

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ID管理/クラウド新機軸“IDaaS”は広まるか?ID管理が辿る道」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

ID管理」関連の製品

複数のデバイスやアプリを使った働き方に最適な環境や管理とは? 【ヴイエムウェア株式会社】 SSOcube 【ネットスプリング】 AXIOLE 【ネットスプリング】
VDI シングルサインオン 認証
成果の出る職場は「どのデバイスからでも、すべてのアプリが使える」、どう実現 シングルサインオン、ID管理・認証機能まで、オールインワンで実装したシングルサインオンアプライアンス。
◎低コスト化を実現、導入・運用管理も容易。
LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。

ID管理」関連の特集


受付を無人化することでコスト削減の目的を果たす「無人受付システム」。時代とともに進化する同製品の最新…



昨今注目の「IDフェデレーション」。既に活用している企業がある一方で、具体的な利用イメージ湧かないた…



キーボードで文字を入力する際の“癖”で、本人か否かを確認できる認証技術に注目!将来はどんなところに使…


ID管理」関連のセミナー

巧妙化する標的型攻撃に必要な対策とは 【主催:アシスト 】  

開催日 2月9日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

標的型攻撃を完全に"防御"することは難しいため、マルウェアに侵入されることを前提とした多重のデータ保護(内部対策)や、マルウェアが組織内に存在するか否か、存在す…

巧妙化する標的型攻撃に必要な対策とは 【主催:アシスト 】  

開催日 3月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

標的型攻撃を完全に"防御"することは難しいため、マルウェアに侵入されることを前提とした多重のデータ保護(内部対策)や、マルウェアが組織内に存在するか否か、存在す…

クラウド&モバイル時代に向けたこれからのセキュリティ対策 【富士ソフト】  

開催日 2月3日(金),2月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、クラウド技術の向上、さらにはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスの普及により、今や「いつでも」「どこでも」業務ができるようになってきております…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ID管理/ クラウド新機軸“IDaaS”は広まるか?ID管理が辿る道」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ID管理/ クラウド新機軸“IDaaS”は広まるか?ID管理が辿る道」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30007331


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ