高速化・高密度化がもたらす弊害とは?無線LAN利用の最適解

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

高速化・高密度化がもたらす弊害とは?無線LAN利用の最適解

2014/11/10

 スマートフォンやタブレット、モバイルPCは社内で増加の一途。オフィスでの利用端末から有線LANインターフェースが無くなるケースも増えており、かつては有線LANの“添え物”的位置づけだった無線LANが業務現場の主役になってきた。それに伴い「切れる」「遅い」「つながらない」との苦情も増え、アクセスポイント(以下、AP)を増やしても解決するどころかさらに問題が拡大することも。IEEE 802.11ac対応機器が続々登場している今こそ、無線LAN端末の高密度利用環境を整備する好機。今回は高密度利用環境でのユーザの「不満」をカギに、最新無線LANがどう課題を解決するかを紹介していこう。

無線LAN

※「無線LAN/高速化・高密度化がもたらす弊害とは?無線LAN利用の最適解」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「無線LAN/高速化・高密度化がもたらす弊害とは?無線LAN利用の最適解」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


13つの「困った」に答える最新無線LAN

1-1無線LAN AP以外にコントローラが必要なワケは?

 モバイルノートPCとスマートフォン、タブレットと、利用端末は1人3台と言われる時代になり、しかもプリンタや複合機、ネットワークカメラやストレージまで無線LANを利用するようになってきた。IEEE802.11acの登場でギガビットWi-Fi環境が理論的には実現し、すでにRJ45のイーサネットポートが搭載されていないノートPCも登場している。これからのオフィスネットワークは無線LAN前提で設計されるのが当たり前になるだろう。

■端末高密度化で懸念されるトラブル増加

 しかし問題は、無線LAN環境で「切れる」「遅い」「つながらない」事象が頻発するようになってきたことだ。これは無線LAN端末の数とAPの数がともに増加してきたことと、オフィス内での端末移動が当然のワークスタイルになりつつあることに関連している。利用端末が少ない時代にはさほど重視されてこなかった、きめ細かい管理と制御がこれからは必須になる。それには、複数APの集中管理機能を備えた無線LANコントローラ、またはその機能を代替できるタイプのAPが必要だ。

■AP配置“5つ”の方法とコントローラ配置

 APとコントローラの構成は、図1に見るようにおよそ5つの類型に整理できよう。

図1 無線LAN構成の5類型
図1 無線LAN構成の5類型
資料提供:シスコシステムズ

■小規模構成に向く自律型AP、コントローラ機能内蔵AP

 小規模構成またはスモールスタートに有利なのは、図1の下段左端・自律型APの複数配置のみによる構成だ。自律型APにはトラフィック処理はもちろん電波の監視や制御、セキュリティなど数台規模の運用に最低限必要な管理・制御機能が全部揃えられており、必要になり次第APを追加できる。ただし導入時、およびAP位置の変更やAP追加の際には個別に設定を行う必要があり、将来のAP増加で運用管理負荷が高くなる可能性がある。
 またAP自体がコントローラ機能を持ち、1台を集中管理用のコントローラとして機能させる製品もある(図2)。まず1台で設定を行えば、追加されるAPが自動的に設定をコピーして適切に自動設定してくれる。管理可能なAP台数は5〜6台程度だが、中小〜中堅規模のオフィスや遠隔拠点での利用には好適だ。

図2 コントローラ機能をもつAPを利用した構成イメージ
図2 コントローラ機能をもつAPを利用した構成イメージ
拠点毎の仮想コントローラ
ウィザードによる簡単設定(完全日本語化)
コントローラ型APにアップグレードが可能
複数の仮想コントローラはAirWaveで統合管理
資料提供:アルバネットワークス

■AP増設が見込まれるなら無線LANコントローラによる集中管理

 中〜大規模構成では無線LANコントローラ導入が前提だ。管理・制御機能はコントローラが担当し、APはその管理下で随時適切に設定を自動変更しながら運用する。コントローラは各APからの信号により電波状況や利用状況をすべて把握するので、過負荷APの負荷分散を他のAPで行ったり、AP間の電波干渉が起きていれば電波強度調整(ビームフォーミングも含めて)を行ったりすることで、ネットワーク内にどんな変化があっても全体のスループットを維持するようにAPをリアルタイムに自動設定することができる。コントローラ同士の連携が可能なので、構成の拡張も自在だ。
 APを10台以上展開するような環境がみこせるようなら、コントローラが必須となろう。図1の下段右端が典型例だ。ベンダによってはコントローラに有線スイッチを一体化した製品があるが、別途有線スイッチに接続するコントローラも多い。
 センター拠点で遠隔拠点の集中管理を行うイメージは図1では下段の右から2番目にあたる。この類型は図3のようなイメージで考えるとよりわかりやすいだろう。

図3 センター拠点のコントローラで各拠点のコントローラやAPを集中管理するイメージ
図3 センター拠点のコントローラで各拠点のコントローラやAPを集中管理するイメージ
大規模展開へ対応する拡張性
複数コントローラ構成における集中管理構成
トラフィックは、トンネルモードによるセンター集中化、ブリッジモードによる分散型が可能
資料提供:アルバネットワークス

 なお、図1下段左から2番目のように、データセンタでコントローラをホスティングすれば、拠点数が多い場合にも対応が容易になる。また図1上段のような管理機能をクラウドで提供するサービスもある。これから続々拠点が増えるようなケースではコスト低減が望めるだろう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

無線LAN/高速化・高密度化がもたらす弊害とは?無線LAN利用の最適解」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

無線LAN」関連の製品

Ruckus Wireless Smart Wi-Fiソリューション 【ジェイズ・コミュニケーション】 秘文AE AccessPoint Control 【日立ソリューションズ】 「無線LANアクセスポイント」の法人モデルは家庭用と何が違うのか? 【KDDI】
無線LAN 認証 無線LAN
クライアント端末/パケットごとに電波の強度分布を変化させることで、常に最適な状態での通信を実現する無線LANソリューション。
簡易なサイトサーベイにて導入可能。
Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。 「無線LANアクセスポイント」の法人モデルは家庭用と何が違うのか?

無線LAN」関連の特集


1814億円規模と見込まれる、2014年度のL2/L3スイッチ市場。実績が高くサポート面でも強みを持…



緊急の課題となっているスマートフォンの管理。そんな場面で威力を発揮する「スマートフォン管理ツール」の…



今やネットワークの基本である無線LAN…その仕組みを改めておさらい!標準化が待たれる「IEEE 80…


無線LAN」関連のセミナー

Cloud解析 powered by Tableau ハンズオンセミナー 【JBCC】  

開催日 6月5日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

ビジネスにおいて欠かせないものになった、データ解析。「Cloud解析 powered by Tableau」を利用して、レポート作成における膨大な時間や工数を削…

Cloud解析 powered by Tableau ハンズオンセミナー 【JBCC】  

開催日 6月27日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

ビジネスにおいて欠かせないものになった、データ解析。「Cloud解析 powered by Tableau」を利用して、レポート作成における膨大な時間や工数を削…

Cloud解析 powered by Tableau ハンズオンセミナー 【JBCC】  

開催日 5月15日(月)   開催地 愛知県   参加費 無料

ビジネスにおいて欠かせないものになった、データ解析。「Cloud解析 powered by Tableau」を利用して、レポート作成における膨大な時間や工数を削…

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

無線LAN/ 高速化・高密度化がもたらす弊害とは?無線LAN利用の最適解」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「無線LAN/ 高速化・高密度化がもたらす弊害とは?無線LAN利用の最適解」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30007330


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ