高速化・高密度化がもたらす弊害とは?無線LAN利用の最適解

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

高速化・高密度化がもたらす弊害とは?無線LAN利用の最適解

2014/11/10

 スマートフォンやタブレット、モバイルPCは社内で増加の一途。オフィスでの利用端末から有線LANインターフェースが無くなるケースも増えており、かつては有線LANの“添え物”的位置づけだった無線LANが業務現場の主役になってきた。それに伴い「切れる」「遅い」「つながらない」との苦情も増え、アクセスポイント(以下、AP)を増やしても解決するどころかさらに問題が拡大することも。IEEE 802.11ac対応機器が続々登場している今こそ、無線LAN端末の高密度利用環境を整備する好機。今回は高密度利用環境でのユーザの「不満」をカギに、最新無線LANがどう課題を解決するかを紹介していこう。

無線LAN

※「無線LAN/高速化・高密度化がもたらす弊害とは?無線LAN利用の最適解」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「無線LAN/高速化・高密度化がもたらす弊害とは?無線LAN利用の最適解」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


13つの「困った」に答える最新無線LAN

1-1無線LAN AP以外にコントローラが必要なワケは?

 モバイルノートPCとスマートフォン、タブレットと、利用端末は1人3台と言われる時代になり、しかもプリンタや複合機、ネットワークカメラやストレージまで無線LANを利用するようになってきた。IEEE802.11acの登場でギガビットWi-Fi環境が理論的には実現し、すでにRJ45のイーサネットポートが搭載されていないノートPCも登場している。これからのオフィスネットワークは無線LAN前提で設計されるのが当たり前になるだろう。

■端末高密度化で懸念されるトラブル増加

 しかし問題は、無線LAN環境で「切れる」「遅い」「つながらない」事象が頻発するようになってきたことだ。これは無線LAN端末の数とAPの数がともに増加してきたことと、オフィス内での端末移動が当然のワークスタイルになりつつあることに関連している。利用端末が少ない時代にはさほど重視されてこなかった、きめ細かい管理と制御がこれからは必須になる。それには、複数APの集中管理機能を備えた無線LANコントローラ、またはその機能を代替できるタイプのAPが必要だ。

■AP配置“5つ”の方法とコントローラ配置

 APとコントローラの構成は、図1に見るようにおよそ5つの類型に整理できよう。

図1 無線LAN構成の5類型
図1 無線LAN構成の5類型
資料提供:シスコシステムズ

■小規模構成に向く自律型AP、コントローラ機能内蔵AP

 小規模構成またはスモールスタートに有利なのは、図1の下段左端・自律型APの複数配置のみによる構成だ。自律型APにはトラフィック処理はもちろん電波の監視や制御、セキュリティなど数台規模の運用に最低限必要な管理・制御機能が全部揃えられており、必要になり次第APを追加できる。ただし導入時、およびAP位置の変更やAP追加の際には個別に設定を行う必要があり、将来のAP増加で運用管理負荷が高くなる可能性がある。
 またAP自体がコントローラ機能を持ち、1台を集中管理用のコントローラとして機能させる製品もある(図2)。まず1台で設定を行えば、追加されるAPが自動的に設定をコピーして適切に自動設定してくれる。管理可能なAP台数は5〜6台程度だが、中小〜中堅規模のオフィスや遠隔拠点での利用には好適だ。

図2 コントローラ機能をもつAPを利用した構成イメージ
図2 コントローラ機能をもつAPを利用した構成イメージ
拠点毎の仮想コントローラ
ウィザードによる簡単設定(完全日本語化)
コントローラ型APにアップグレードが可能
複数の仮想コントローラはAirWaveで統合管理
資料提供:アルバネットワークス

■AP増設が見込まれるなら無線LANコントローラによる集中管理

 中〜大規模構成では無線LANコントローラ導入が前提だ。管理・制御機能はコントローラが担当し、APはその管理下で随時適切に設定を自動変更しながら運用する。コントローラは各APからの信号により電波状況や利用状況をすべて把握するので、過負荷APの負荷分散を他のAPで行ったり、AP間の電波干渉が起きていれば電波強度調整(ビームフォーミングも含めて)を行ったりすることで、ネットワーク内にどんな変化があっても全体のスループットを維持するようにAPをリアルタイムに自動設定することができる。コントローラ同士の連携が可能なので、構成の拡張も自在だ。
 APを10台以上展開するような環境がみこせるようなら、コントローラが必須となろう。図1の下段右端が典型例だ。ベンダによってはコントローラに有線スイッチを一体化した製品があるが、別途有線スイッチに接続するコントローラも多い。
 センター拠点で遠隔拠点の集中管理を行うイメージは図1では下段の右から2番目にあたる。この類型は図3のようなイメージで考えるとよりわかりやすいだろう。

図3 センター拠点のコントローラで各拠点のコントローラやAPを集中管理するイメージ
図3 センター拠点のコントローラで各拠点のコントローラやAPを集中管理するイメージ
大規模展開へ対応する拡張性
複数コントローラ構成における集中管理構成
トラフィックは、トンネルモードによるセンター集中化、ブリッジモードによる分散型が可能
資料提供:アルバネットワークス

 なお、図1下段左から2番目のように、データセンタでコントローラをホスティングすれば、拠点数が多い場合にも対応が容易になる。また図1上段のような管理機能をクラウドで提供するサービスもある。これから続々拠点が増えるようなケースではコスト低減が望めるだろう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

無線LAN/高速化・高密度化がもたらす弊害とは?無線LAN利用の最適解」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

無線LAN」関連の製品

ケーブル型アンテナを使用した無線LAN 過酷な条件下でも安定 【東芝テック】 ペーパーレス会議システム「SONOBA COMET」 【CIJ】 FEREC 【ネットスプリング】
無線LAN ファイル共有 UTM
ケーブル型アンテナを使用した無線LAN――過酷な条件下でも安定の理由 参加者のいずれか1台のタブレット端末(iPad)を“発表者”として、資料を共有できるペーパーレス会議システム。 IDとパスワードによる「ユーザ認証」「アクセスコントロール」「ログ収集」を1台で実現するアプライアンスタイプのLANアクセス管理システム。

無線LAN」関連の特集


自分の部屋の電源コンセントからインターネットに高速アクセスできる技術「電線ネット」。電波法の規制緩和…



こんにちは。加賀結衣(かが ゆい)と申します。今回から、「ヤマハルーターでつくるインターネットVPN…



シンクライアントとしても使える“プチ”PC「スマートフォン」。PCと同じセキュリティレベルの確保と共…


無線LAN」関連のセミナー

クラウド管理型無線LANソリューションセミナー※Webinar対応可 【ウォッチガード・テクノロジージャパン】 締切間近 

開催日 1月20日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

【Webinarでの参加可能】スマートフォン、タブレット端末の普及/業務利用をきっかけに、オフィスでの無線LAN利用は拡大し続けています。国内市場への無線LAN…

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

無線LAN/ 高速化・高密度化がもたらす弊害とは?無線LAN利用の最適解」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「無線LAN/ 高速化・高密度化がもたらす弊害とは?無線LAN利用の最適解」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30007330


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ