降格、更迭、諭旨免職…事例に学ぶメール誤送信防止ツール

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

降格、更迭、諭旨免職…事例に学ぶメール誤送信防止ツール

2014/10/20

 メール誤送信は情報漏洩の原因の多くを占めており、不適切なメール運用によって個人情報が漏洩する事件は毎日のように発生している。JNSA(日本ネットワークセキュリティ協会)の2011年調査報告によると、電子メールからの個人情報漏洩の年間発生確率はなんと11.8%となっており、PC(2.6%)やUSBメモリ(2.4%)、SNS(3.3%)、携帯電話(2.6%)の場合と比べると4〜5倍の確率。情報漏洩を防止するためにも、メール誤送信を防ぐ仕組みが求められている。そこで今回は、起こりがちなメール誤送信ケースをカギに、メール誤送信防止ツールがどのように誤送信を防止するのかを紹介していこう。

メール誤送信

※「メール誤送信/降格、更迭、諭旨免職…事例に学ぶメール誤送信防止ツール」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「メール誤送信/降格、更迭、諭旨免職…事例に学ぶメール誤送信防止ツール」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1事例から学ぶ!メール誤送信防止ツール運用の勘所

1-1メール誤送信防止ツールとは

 メール誤送信防止ツールは、メール送信時の「ウッカリ」ミスを防ぐためのツールだ。詳細は前回特集などを参照していただきたいが、主な機能は次の3つだ。

メール誤送信防止ツールの主な機能

メールの一時保留機能

ToやCc欄の多数アドレスの自動Bcc変換機能

添付ファイルの自動暗号化機能

 これら機能はほとんどのメール誤送信防止ツールが備えている。他にも、送信メールを上長に承認してもらうワークフローとなる「上長承認機能」、メール中にあらかじめ設定したキーワードがあればBccに上長のアドレスを追加する「Bccへの上長アドレス追加機能」、機密情報であるか否かを文字から判別して確認を求める簡易的な「コンテンツフィルタリング機能」、添付ファイルをメールから切り離し、オンラインストレージからダウンロード可能にする「Webダウンロード機能」などを備えるツールもある。

図1 メール誤送信防止ツールの基本画面の例
図1 メール誤送信防止ツールの基本画面の例
資料提供:オレンジソフト

 ツールの導入/運用形態としては次の6つがある。

メール誤送信防止ツールの運用形態

クライアント導入タイプ(ソフトウェア)

メールソフト(Outlook)アドオンタイプ(ソフトウェア)

サーバ導入タイプ(ソフトウェア)

アプライアンスタイプ(アプライアンス)

SaaSタイプ(サーバ導入タイプとほぼ同様の機能をクラウドサービスとして提供)

クラウドメール連携タイプ(クラウドメールサービスと連携するクラウドサービス)

 クラウドメール連携タイプは比較的新しく、図2に見るような流れでサービスが提供されている。Google AppsやOffice 365対象に提供されている場合が多い。ログイン操作が一度で済むよう、シングルサインオン機能が提供されているものもある。

図2 クラウドメール連携タイプの運用イメージ
図2 クラウドメール連携タイプの運用イメージ
資料提供:ソースポッド

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

メール誤送信/降格、更迭、諭旨免職…事例に学ぶメール誤送信防止ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メール誤送信」関連情報をランダムに表示しています。

メール誤送信」関連の製品

メール誤送信防止ソリューション「Active! gate」 【クオリティア】 ActSecureクラウドメールセキュリティサービス 【NEC】 メール誤送信防止ソフトウェア 「CipherCraft/Mail」 【NTTテクノクロス】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
上司承認(オプション)を含む7つのアプローチを1つの製品で実現するメール誤送信対策ソフトウェア。アプライアンス版も提供。ユーザがポリシー設定でき運用負荷も軽減。 標的型メール攻撃対策やメール誤送信対策、事後調査や監査対応などに有効なメールアーカイブ機能などのセキュリティ対策をクラウド(SaaS型)で提供。最短7日で導入可能。 ・9年連続シェアNo.1のメール誤送信防止・暗号化ソフトウェア
・メール送信前に確認画面で、うっかりミスによるメール誤送信を未然に防止

メール誤送信」関連の特集


市場規模自体は小さいながらも2009年度の出荷金額が、前年対比20.7%増と伸びを示した「メール誤送…



 メール誤送信による情報漏洩は、もはや個人の問題ではなく組織として対処すべき課題になっています。以下…



 こんにちは。ニュートン・コンサルティングの岩下です。 本コラムでは、「一歩先を行く!ヒヤリハットの…


メール誤送信」関連のセミナー

Email Security Conference 2017 東京 【ナノオプト・メディア】 締切間近 

開催日 9月27日(水)〜9月29日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

  「標的型攻撃」「ランサムウェア」「情報漏洩」、「脆弱性対策」など  多様化するサイバー攻撃の最新の脅威動向とその対策について、数々の事例を元に解説します。━…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

メール誤送信/ 降格、更迭、諭旨免職…事例に学ぶメール誤送信防止ツール」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「メール誤送信/ 降格、更迭、諭旨免職…事例に学ぶメール誤送信防止ツール」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30007327


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ