オフィスの断捨離!不要なハードを安全に処分

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

オフィスの断捨離!不要なハードを安全に処分したい

2014/12/18


オフィス資産の棚卸しの時期は、不要品を発見・廃棄する絶好のタイミングでもある。古いPCやHDD、テープ、フラッシュメモリなどが使われないままに放置・死蔵されてはいないだろうか。他のオフィス備品とは違い、これらのハードウェアは不用意に捨てることはできない。内部に個人情報をはじめ機密情報が保存されている可能性が高いからだ。情報漏洩リスクをなくし、安全にIT製品を処分するにはどうすればよいだろうか。  

※「データ消去、オフィス改善/オフィスの断捨離!不要なハードを安全に処分」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「データ消去、オフィス改善/オフィスの断捨離!不要なハードを安全に処分」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

起動するPCなら「データ完全消去ソフト」を使う

  2001年の「資源有効利用促進法」施行以来、使用済PCはメーカーが引き取ってリサイクルすることが制度化されたので、会社のPCを廃棄するときはPCメーカーに回収を依頼することになる。PCメーカーは引き取ったPCを分解して資源を再利用可能にするのだが、HDDからの情報漏洩リスクがないことを保証してはくれない。「データの消去は排出企業の責任」なのだ。
 そこで、HDDやSSDなどに重要情報が記録されている可能性がある場合は、会社の責任として回収前にデータを完全消去しなければならない。気をつけなければいけないのは、データを「ごみ箱」に移動して削除したり、初期化したりしても、それはデータの管理情報を消しただけ、媒体上にはデータがそのまま残っており、修復ツールで簡単に復元できてしまうことだ。修復できない状態にしなければ完全消去したことにはならない。
 そこでおススメなのは「データ完全消去ツール」だ。たいていはPCに付属していることが多いが、無い場合は市販製品を利用できる。HDDの場合は、このツールを使って固定パターン(例えば0の連続)を隅から隅まで上書き(塗りつぶし)することができる。上書きの方法はアメリカ国防総省方式をはじめさまざまな方法と回数があるのだが、(社)電子情報技術産業協会(JEITA)では「1回塗りつぶし消去を行えば十分、2回行えば一般的に完全と言える」としている。SSDやフラッシュメモリ(USBメモリなど)の場合はSecure Eraseと呼ばれる方法でディスク全体に対して記憶ブロック消去コマンドを実行する。ただしHDDの場合と同様、PCに標準で備わっているデータ消去ツールがあれば、それを使うだけなので難しいことはない。
 また、PCベンダやリサイクル業者、廃棄物処理業者、あるいはデータ消去専門業者が企業向けに提供している「データ消去サービス」を利用する手もある。回収・リサイクル業務のオプションのような形でサービス業者の責任でデータ消去を行い、その証明書を発行してくれる。
 なお、リース切れPCの場合は原状での返却が必要なので、必ずソフトウェアによるデータ完全消去を行う必要がある。  

データ完全消去ツールの画面例
データ完全消去ツールの画面例
提供:AOSテクノロジーズ株式会社

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IT運用をなぜ自動化できないのか? 業務プロセスと解決策とは 【NTTコミュニケーションズ】 訪日客向け、ノウハウ不要で組み込める3種の観光案内機能とは 【駅探】 Hadoopをクラウドで実行すべき5つの理由 【ホートンワークスジャパン】
運用系業務アウトソーシング 特定業種向けシステム データ分析ソリューション
IT運用を自動化できないのはなぜか? 成功に導く業務プロセスの特徴と解決策 訪日客向けビジネスの第一歩、ノウハウ不要で組み込める3種の観光案内機能とは Hadoopをクラウドで実行すべき5つの理由――ビッグデータ分析に向けた基本戦略

新着特集


ビジネスチャットツールは外部アプリケーションと連携できるものとそうでないものの2つに分けられます。こ…



紙の帳票はどれくらい使われている? データ化したいと思っている? 企業内の帳票文化のリアルを紹介しま…



 第2回のこの記事では、「ビジネスモデルキャンバス」の概要についてご説明します。このビジネスモデルキ…


新着セミナー

Workspot+ハイパーコンバージドで実現する次世代VDIセミナー  【主催:SCSK/共催:EMCジャパン/CSIソリューションズ/日本ヒューレット・パッカード/ニュータニックス・ジャパン】  

開催日 2月1日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーは、次世代仮想デスクトップ(VDI)ソリューション「Workspot VDI2.0」のセミナーです。Workspotのご紹介とあわせ、VDIの仮想イン…

今さら聞けない!e-文書法・スキャナ保存制度入門セミナー 【共催:アルファテックス/アンテナハウス】  

開催日 3月7日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

第一部では、〜今さら聞けない電子化のイロハ〜 として、平成27年・28年連続の電子帳簿保存法施行規則改正で大幅に要件が緩和された「スキャナ保存制度」について基礎…

【内製化セミナー】ノンプログラミングツール連携と事例紹介 【キーウェアソリューションズ/インフォテリア/キヤノンITソリューションズ】  

開催日 2月14日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、ノンプログラミングツール 「ASTERIA」と「Web Performer」の紹介に加え、内製化開発のメリットと外部委託開発のメリットを簡単なデ…

このページの先頭へ

データ消去、オフィス改善/ オフィスの断捨離!不要なハードを安全に処分」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「データ消去、オフィス改善/ オフィスの断捨離!不要なハードを安全に処分」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007323


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ