顧客からのクレームに即座に対応したい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

顧客からのクレームに即座に対応したい

2014/12/11


ボーナスシーズンや年末年始は商品購入機会が増え、各種サービスの利用も増える一方、顧客からの問い合わせが増えるのが困りもの。中でも負担が大きいのがクレーム対応だ。売上にはつながらないが顧客満足度維持・向上のためには、上手に対応・処理して納得のいく解決ができればブランドイメージ向上、リピート率アップにつながる反面、対応が遅かったり不適切だったりすると不満を増幅し、顧客を失うばかりか、SNSやブログなどを通じて悪い評判が広がることも珍しくない。クレーム対応を円滑にし、顧客に満足してもらうために、ITで何ができるだろうか。

※「CRM/顧客からのクレームに即座に対応したい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「CRM/顧客からのクレームに即座に対応したい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

クレーム受付窓口としてコンタクトセンターを設置

 クレームの多くは電話を通じてやってくる。まずは電話が「窓口につながらない」「窓口の対応が遅い」という不満が生じないように対策し、さらに「問題点が解決できない」「解決はしても対応に不満」とならないよう、適切な対応と解決を図る必要がある。 まず前者については、CTIツールおよびCRMツールの活用によりかなりのケースで解決可能だ。CTIツールはIP-PBXや専用ゲートウェイ装置を利用して電話を上手に利用するためのソフトウェア。顧客情報などを管理するCRM機能も備えるものが多いが、既存のCRMシステムがある場合はそれと連携することもできる。
 コンタクトセンター(またはコールセンター)システムと呼ばれるこうしたツールを利用すると、クレーム受付けは、例えば次のように処理できる。 まず着信を受けたら自動応答音声を流し(IVR機能)、プッシュボタンなどで問い合わせ内容を切り分ける。一般的な問合せなら手すきのオペレータに電話を接続し対応を行う一方、クレーム処理など難度の高い対応が必要な場合は手慣れたベテランオペレータに接続することができる。この着信振り分けはACD機能と言う。 電話を受けたオペレータの画面には、顧客の過去の購入履歴や問い合わせ履歴がある場合には、CRMデータベースに登録されている氏名や関連情報を参照できる画面が開く。そこから過去の対応履歴や類似したクレームの対応情報、商品情報、技術情報、FAQなどを参照しながら、顧客のプロフィールに合わせて適切な対応をとることができる。
 一度のコンタクトで解決しない場合でも、次のコンタクトの際にたとえ担当オペレータが代わっても、きちんと対応経緯を踏まえた対応ができるところも重要な利点だ。
 オペレータの手に余る場合は、CTIツールの内線機能を使って、社内の専門技術者などの適任者に対応を依頼し、顧客の電話を転送することもできる。回答に時間がかかる場合には、いったん電話を切ってあとでコールバックする必要があるが、回答待ち状態の把握やコールバック操作などもCTIツールで行える。
 CTIツールが相手にするのは主に電話からの問合せだが、コンタクトセンター向けの製品なら、メール、FAXからの情報も統合してデータベースにできるようになっている。
 また通話録音機能により「言った言わない」のトラブルを防止したり、録音を対応スキル向上のための教材にしたりすることもできる。さらに対応状況のモニタやレポート分析がリアルタイムにできるので、例えば対応が難航しているオペレータがいたら手慣れたスーパーバイザが代わって対応を引き継ぐようなこともできる。
 なお、コンタクトセンター業務のアウトソーシングサービスも多数提供されているが、利用に際してはクレーム対応ノウハウの共有が可能か、商品開発へのフィードバックをどうするかなど検討すべき点が多い。

図1 CTIツールの構成イメージ例
図1 CTIツールの構成イメージ例
資料提供:パナソニック システムネットワークス株式会社
ソリューションズジャパンカンパニー

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

CRM/顧客からのクレームに即座に対応したい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

CRM」関連の製品

ハイブリッドクラウド時代のデータ管理、複雑な環境を効率化するポイント 【ネットワンシステムズ株式会社】 NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】 Infor SyteLine 【日立システムズ】
データセンター運用 コールセンター/CTI ERP
ハイブリッドクラウド運用の肝、モビリティを高めるデータ管理法 Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。PCにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。 世界中の組立型製造業のノウハウが蓄積された統合型基幹業務パッケージ。グローバルで標準化された同一システムを全世界の拠点で導入可能。4〜5ヵ月での短期導入を実現。

CRM」関連の特集


エンタープライズ分野で、かつて一世を風靡していた「モビリティ」とは、ブラックベリーが開発した「メール…



企業に必要なIT資源をサービスとして提供する「クラウドコンピューティング」。その本質と現状、導入のポ…



ECサイトが重要な顧客接点の1つになった現在、閲覧者を引き込み、実店舗にも来店してもらう戦略的な取り…


CRM」関連のセミナー

Visual Mining Studioデータマイニング体験セミナー 【NTTデータ数理システム】  

開催日 6月13日(水),7月12日(木),8月24日(金),9月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

今や顧客購買行動やCRMに欠かせなくなったデータマイニング。Visual Mining Studioの操作を通して、データマイニングの基本を体験していただきます…

【6/9(土)】マーケティングの切り口から中小企業の未来を支援 【ITコーディネータ多摩協議会】  

開催日 6月9日(土)   開催地 東京都   参加費 有料 3000円(税込・懇親会除く)

ITC多摩勉強会第1回目は中小企業ではおろそかになりがちな、「マーケティングの視点での経営支援」や「データ活用による営業力強化」について、実際に中小企業の支援を…

販売在庫管理システム「楽商」定期導入相談会(毎週木曜日開催) 【日本システムテクノロジー】 締切間近 

開催日 5月10日(木),5月17日(木),5月24日(木),5月31日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

【セミナー 概要】−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−中堅中小企業の方向け個別無料相談会です。お客様の疑問や要件をじっくりお伺いし、お客様…

このページの先頭へ

CRM/ 顧客からのクレームに即座に対応したい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「CRM/ 顧客からのクレームに即座に対応したい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007322


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ