「ハウジング(アウトソージング)」シェア

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

ハウジング(アウトソージング)

2014/07/15


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、ハウジング(アウトソージング)のシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、2014年の国内ハウジング(アウトソージング)市場規模は2590億円で、内40%弱がファシリティ、60%強が運用売上と見込まれている。BCP/DR対策利用のニーズにより当該市場は堅調に拡大している。
 ベンダ別の市場占有率(金額ベース/見込)を見ると、1位のベンダは18.1%、2位13.7%、3位12.7%、4位7.1%で、SI系事業者が上位となっている。当該サービスは、システム設計/開発からミドルウェア/アプリケーション運用を提供するフルアウトソーシングサービスとしての位置付けが強く、SI系事業者が主なプレーヤーとなっている。
 データセンターの増加による競争激化や電力価格の上昇など、ファシリティ面の収益は悪化傾向にあり、事業者は運用サービスに注力度を高めている。運用売上は、ミドルウェア/アプリケーション運用売上の実績が高い一方、インフラ運用については各事業者が効率化を進めており、売上比率が減少していくとみられる。
 近年では、サーバー仮想化によって複雑化した運用をアウトソーシングするニーズが拡大しており、当該市場にプラスの影響を与えている。一方、事業者は付加価値がより付けやすいホスティングやクラウドへの移行を進めるほか、クラウドサービスとの連携を強化しハイブリッドでの利用を提案するなどの取り組みが見られ、将来的には当該市場の成長率は低くなっていくものと予想される。

ハウジング(アウトソージング)シェア

ハウジング(アウトソージング)シェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

ハウジング/「ハウジング(アウトソージング)」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ハウジング」関連情報をランダムに表示しています。

ハウジング」関連の製品

閉域ネットワークサービス EINS/MOW-DCAN 【インテック】 仮想サーバ基盤サービス EINS/SPS 【インテック】 CPI マネージド専用サーバー 【KDDI ウェブコミュニケーションズ】
IP-VPN IaaS/PaaS ハウジング
ユーザ拠点とインテックのDCや各種クラウドサービスをシームレスに接続できる閉域ネットワークサービス。快適で信頼性の高いネットワークを低コストで利用できる。 ビジネス利用に適した信頼性/柔軟性の高い仮想サーバ基盤サービス。専門スタッフによるマネジメント型とユーザ自ら自由な構築ができるセルフサービス型を選択できる。 サーバー機能をパッケージ化したサービス。運用・管理のすべてをKDDIウェブコミュニケーションズに一任できる。回線帯域は最大1Gbpsとなり、高負荷環境にも余裕で対応。

ハウジング」関連の特集


省エネ化が騒がれる昨今…データセンタも例外ではありません。空調や給電方式の工夫など、最新事情盛りだく…



2015年は、2654億円の市場規模だったホスティング(アウトソーシング)市場。21.4%の占有率を…



セキュリティ意識の高まりにより、再び注目が集まっているデータセンタ。その基本的な設備と、最新動向を一…


「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ハウジング/ 「ハウジング(アウトソージング)」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ハウジング/ 「ハウジング(アウトソージング)」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007302


IT・IT製品TOP > データセンター > ハウジング > ハウジングの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ