FIerが課題をあぶり出す!ツールを有機的に動かすのりしろが強みに/富士通

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ワークスタイルの変革 実録「トップの視点」300人のFIerが現場の潜在的課題をあぶり出す!ツールを有機的に動かすための“のりしろ”が強みに 富士通株式会社 執行役員常務 CTO&CIO 川妻 庸男
売上と利益の最大化を目指す!17万人規模で共有するグローバルなコミュニケーション基盤
売上と利益の最大化を目指してグループ一丸となってワークスタイルの変革に取り組むことで、これまで個別に運用されていたコミュニケーション基盤を統合することに成功した富士通株式会社。海外も含めた基盤統合を目指し、さらなる改善を進めていく予定だ。
前回に引き続き今回も、執行役員常務 CTO&CIO 川妻 庸男氏にお話を伺いながら、ワークスタイル変革に必要不可欠な要素や同社ならではの強みについて詳しくお聞きした。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ワークスタイル/FIerが課題をあぶり出す!ツールを有機的に動かすのりしろが強みに/富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークスタイル」関連情報をランダムに表示しています。

ワークスタイル」関連の製品

クラウド型仮想デスクトップサービス NEC Cloud DaaS 【NEC】 ハンディ端末とスマートフォンを1台に統合した倉庫管理システム 【パナソニック株式会社】 クラウドグループウェアサービス 「desknet's NEO クラウド版」 【ネオジャパン】
VDI SCM グループウェア
「NEC Cloud DaaS」は、ビジネスシーンに必要な機能を豊富なオプションラインナップで提供する。
クラウド基盤やハウジングとのシームレスな連携も可能。
端末を2台から1台に 倉庫管理のための新ツールで効率化したもの グループウェア「desknet's シリーズ」のクラウド版。更に使いやすさを追求した定番グループウェアを圧倒的な低価格で提供。

ワークスタイル」関連の特集


デジタルワークプレイスを実践する上で欠かせないエンゲージメントの重要性と、これからの時代に必要な情報…



国内酒造業最大手のアサヒビールでは、2011年より営業担当者によるiPad活用を推進。単に一斉配布す…



幅広いICTサービスを提供する企業へと大きく舵を切ったNTT東日本。“電話屋”営業からの脱却を図る戦…


ワークスタイル」関連のセミナー

Skype for Business との連携で挑む、効率的な会議への改革 【主催:ソフトバンク 共催:日本マイクロソフト、ポリコムジャパン】 注目 

開催日 2月24日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

企業での「働き方改革」が求められている昨今、それを実現するために「会議の改革」は必要不可欠なテーマです。本セミナーでは、日本マイクロソフトの現役社員が語る、O…

グーグルオフィス見学ツアー付! G Suite セミナー 【グーグル/電算システム】  

開催日 3月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

グーグル東京オフィス見学ツアーが付いた人気のセミナーです。めったに入る機会のないグーグルのオフィス、グーグル社のワークスタイルをお楽しみいただけます。 見学ツア…

ワークスタイル変革 実践事例セミナー 【リコー】  

開催日 3月17日(金),3月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ワークスタイル変革の鍵はコミュニケーション・コラボレーション!!本セミナーでは、「ワークスタイル変革はコミュニケーション変革」という視点で、これからの企業に必要…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ワークスタイル/FIerが課題をあぶり出す!ツールを有機的に動かすのりしろが強みに/富士通」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ワークスタイル/FIerが課題をあぶり出す!ツールを有機的に動かすのりしろが強みに/富士通」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007265


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 社内SNS > 社内SNSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ