FIerが課題をあぶり出す!ツールを有機的に動かすのりしろが強みに/富士通

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ワークスタイルの変革 実録「トップの視点」300人のFIerが現場の潜在的課題をあぶり出す!ツールを有機的に動かすための“のりしろ”が強みに 富士通株式会社 執行役員常務 CTO&CIO 川妻 庸男
売上と利益の最大化を目指す!17万人規模で共有するグローバルなコミュニケーション基盤
売上と利益の最大化を目指してグループ一丸となってワークスタイルの変革に取り組むことで、これまで個別に運用されていたコミュニケーション基盤を統合することに成功した富士通株式会社。海外も含めた基盤統合を目指し、さらなる改善を進めていく予定だ。
前回に引き続き今回も、執行役員常務 CTO&CIO 川妻 庸男氏にお話を伺いながら、ワークスタイル変革に必要不可欠な要素や同社ならではの強みについて詳しくお聞きした。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ワークスタイル/FIerが課題をあぶり出す!ツールを有機的に動かすのりしろが強みに/富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークスタイル」関連情報をランダムに表示しています。

ワークスタイル」関連の製品

クラウドグループウェア 「サイボウズ Office」 【サイボウズ】 経営層と現場の課題を一挙に解決する“欲張り”なERPが必要な理由 【富士通マーケティング】 メールからビジネスチャットへ、KDDIグループの「働き方改革」 【KDDI株式会社】
グループウェア ERP 社内SNS
50000社に選ばれた定番グループウェア。ユーザ権限や部署により使用機能を柔軟に設定したり、欲しい機能をスクラッチ開発せずに追加できるカスタムアプリも活用できる。 目先の課題に追われていては過酷な競争に勝てない。経営層と現場のどちらを優先するかではなく、その両方をサポートするERPが必要だ。 メールからビジネスチャットへ、KDDIグループの「働き方改革」

ワークスタイル」関連の特集


本当に使えるBCPとは何か?今回は領域の違うITベンダが座談会を実施。BCP策定のポイントを探ります…



全社をあげてCO2削減に取り組む方針が決定!さて、あなたは何から始めますか?IT部門として考えたい、…



モバイルワークなどを拡大していく上で、問題になりがちなのが電話環境だ。オフィスの固定電話における課題…


ワークスタイル」関連のセミナー

【オンライン】クラウドで生産性向上セミナー 【主催:KDDI/共催:グーグル/ワークスモバイルジャパン/KDDIまとめてオフィス】 締切間近 

開催日 9月27日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

日本国内で多数の導入実績を誇る「G Suite Business」で業務を改善する方法を、Google社員自らが活用事例を交えてご紹介。組織力・営業力向上のアイ…

内田洋行ITフェア2017(東京) 【内田洋行】  

開催日 10月12日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

立秋の候、皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 弊社は、食品業・物流業、福祉分野を中心に、約100の細業種におよぶ数多くのお客様とと…

インタラクティブ ホワイトボード(電子黒板)体験セミナー 【リコー/リコージャパン】  

開催日 10月17日(火),10月17日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

最新のコラボレーションツールを使った会議スタイルを体験してみませんか?リコーのインタラクティブ ホワイトボード(電子黒板)は、タッチセンサー搭載のディスプレイ型…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ワークスタイル/FIerが課題をあぶり出す!ツールを有機的に動かすのりしろが強みに/富士通」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ワークスタイル/FIerが課題をあぶり出す!ツールを有機的に動かすのりしろが強みに/富士通」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007265


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 社内SNS > 社内SNSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ