売上と利益の最大化を目指す!17万人規模のコミュニケーション基盤/富士通

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

リレーインタビュー!ワークスタイルの変革 実録「トップの視点」売上と利益の最大化を目指す!17万人規模で共有するグローバルなコミュニケーション基盤 富士通株式会社 執行役員常務 CTO&CIO 川妻 庸男
300人のFIerが現場の潜在的課題をあぶり出す!ツールを有機的に動かすための “のりしろ”が強みに 2014/6/12
グローバル化の流れの中で競合他社に打ち勝っていくためには、コミュニケーションの質を向上させながら業務の効率化を図り、利益の最大化に向けた活動が欠かせない。そのためにも、既存の働き方を見直しながらワークスタイルそのものを変革していくタイミングが今、訪れている。
今回は、2014年3月に国内グループ約200社・11万人のコミュニケーション基盤統一を完了したと発表し、今後はグローバル全体で約500社、17万人の統一を行っていく富士通株式会社の執行役員常務 CTO&CIO 川妻 庸男氏に、現在の取り組み状況とその効果について伺った。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ワークスタイル/売上と利益の最大化を目指す!17万人規模のコミュニケーション基盤/富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークスタイル」関連情報をランダムに表示しています。

ワークスタイル」関連の製品

サイボウズ ガルーン 4 【サイボウズ】 あと3年もないWindows 7サポート終了、Windows 10移行時の課題とは? 【ヴイエムウェア株式会社】 「ひとり情シス」が本当に助かるハイパーコンバージドとは? 【ヴイエムウェア株式会社】
グループウェア 統合運用管理 垂直統合型システム
サイボウズが得意とする使い勝手と数万名規模で安定して稼働する信頼性、きめ細やかな管理機能を兼ね備えた大規模向けグループウェア。最新版ではモバイル活用ニーズに対応 あと3年もないWindows 7サポート終了、Windows 10移行時の課題とは? 「ひとり情シス」が本当に助かるハイパーコンバージドとは?

ワークスタイル」関連の特集


セキュリティ強化やBCP対策としても注目度の高い「デスクトップ仮想化」。今回は、最新事情に加えありが…



テレワークに関しては、セキュリティの徹底、コストといった点で本格的な導入は難しいと考える企業も多いだ…



 2012年秋に、情報サービス産業協会(JISA)は“ワークスタイル変革とIT”というワーキンググル…


ワークスタイル」関連のセミナー

成功事例から学ぶ「働き方改革」セミナー 【SCSK/CSIソリューションズ】 注目 

開催日 9月7日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

 昨今、日本政府が「働き方改革」を声高に推進する中、SCSKは2012年より「働きやすく、やりがいのある会社」を目指して様々な施策に取り組んで参りました。その結…

G Suite ティータイムセミナー 【グーグル/電算システム】  

開催日 8月7日(月),9月22日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

めったに入る機会のないグーグルのオフィス、グーグル社のワークスタイルをお楽しみいただけます。 G Suite で何ができるのか、デモを交えながらご紹介いたします…

間接業務の働き方改革 【エイアイエムコンサルティング】  

開催日 9月14日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

人事、経理、総務、情報システムといった間接部門では、慢性的に人手が不足しているという話をよく耳にします。昔に比べると、コンピューターやパッケージソフトの普及によ…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ワークスタイル/ 売上と利益の最大化を目指す!17万人規模のコミュニケーション基盤/富士通」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ワークスタイル/ 売上と利益の最大化を目指す!17万人規模のコミュニケーション基盤/富士通」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007264


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ナレッジマネジメント > ナレッジマネジメントのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ