売上と利益の最大化を目指す!17万人規模のコミュニケーション基盤/富士通

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

リレーインタビュー!ワークスタイルの変革 実録「トップの視点」売上と利益の最大化を目指す!17万人規模で共有するグローバルなコミュニケーション基盤 富士通株式会社 執行役員常務 CTO&CIO 川妻 庸男
300人のFIerが現場の潜在的課題をあぶり出す!ツールを有機的に動かすための “のりしろ”が強みに 2014/6/12
グローバル化の流れの中で競合他社に打ち勝っていくためには、コミュニケーションの質を向上させながら業務の効率化を図り、利益の最大化に向けた活動が欠かせない。そのためにも、既存の働き方を見直しながらワークスタイルそのものを変革していくタイミングが今、訪れている。
今回は、2014年3月に国内グループ約200社・11万人のコミュニケーション基盤統一を完了したと発表し、今後はグローバル全体で約500社、17万人の統一を行っていく富士通株式会社の執行役員常務 CTO&CIO 川妻 庸男氏に、現在の取り組み状況とその効果について伺った。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ワークスタイル/売上と利益の最大化を目指す!17万人規模のコミュニケーション基盤/富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークスタイル」関連情報をランダムに表示しています。

ワークスタイル」関連の製品

オンラインストレージをどう選ぶ? 企業向け主要サービスを比較 【KDDI】 クラウドグループウェアサービス 「desknet's NEO クラウド版」 【ネオジャパン】 スマートデバイス全社活用の秘訣、「デバイスにデータを残す」安全な方法とは? 【三菱電機インフォメーションネットワーク】
オンラインストレージ/ファイルストレージ グループウェア MDM
失敗しないオンラインストレージ選び 主要サービスの比較から勘所を解説 グループウェア「desknet's シリーズ」のクラウド版。更に使いやすさを追求した定番グループウェアを圧倒的な低価格で提供。 セキュリティと利便性は両取りできないのか――スマートデバイス活用 推進の鍵

ワークスタイル」関連の特集


 BCP(事業継続計画)や人材確保の観点から、在宅勤務など場所や時間に捉われない働き方に注目が集まっ…



主に情報機器事業を展開するコニカミノルタでは、オフィス移転を機に、本格的なワークスタイル改革に取り組…



当初は大企業中心だったERPも、クラウド型の登場で導入の敷居が低くなり、大きな制度改正を控えている中…


ワークスタイル」関連のセミナー

IT Solution Forum 2017 in 長崎 【キヤノンシステムアンドサポート】  

開催日 5月17日(水)   開催地 長崎県   参加費 無料

この度、キヤノンシステムアンドサポートは企業の抱える【経営課題】を解決することを目的として『情報セキュリティ対策』『労務管理』『ワークスタイル変革』などをキーワ…

グーグルオフィス見学ツアー付! G Suite セミナー 【グーグル/電算システム】 締切間近 

開催日 4月26日(水),5月12日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

グーグル東京オフィス見学ツアーが付いた人気のセミナーです。めったに入る機会のないグーグルのオフィス、グーグル社のワークスタイルをお楽しみいただけます。 見学ツア…

第2回 ペーパーレス会議 体験アワー in 名古屋 【リコージャパン】  

開催日 5月18日(木),5月18日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

<首都圏地区でご好評につき、中部地区でも開催開始!> 「選ばれるのには、理由がある」会議ごとに発生する資料の印刷コスト・配布や回収の手間、情報セキュリティなど会…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ワークスタイル/ 売上と利益の最大化を目指す!17万人規模のコミュニケーション基盤/富士通」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ワークスタイル/ 売上と利益の最大化を目指す!17万人規模のコミュニケーション基盤/富士通」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007264


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ナレッジマネジメント > ナレッジマネジメントのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ