売上と利益の最大化を目指す!17万人規模のコミュニケーション基盤/富士通

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

リレーインタビュー!ワークスタイルの変革 実録「トップの視点」売上と利益の最大化を目指す!17万人規模で共有するグローバルなコミュニケーション基盤 富士通株式会社 執行役員常務 CTO&CIO 川妻 庸男
300人のFIerが現場の潜在的課題をあぶり出す!ツールを有機的に動かすための “のりしろ”が強みに 2014/6/12
グローバル化の流れの中で競合他社に打ち勝っていくためには、コミュニケーションの質を向上させながら業務の効率化を図り、利益の最大化に向けた活動が欠かせない。そのためにも、既存の働き方を見直しながらワークスタイルそのものを変革していくタイミングが今、訪れている。
今回は、2014年3月に国内グループ約200社・11万人のコミュニケーション基盤統一を完了したと発表し、今後はグローバル全体で約500社、17万人の統一を行っていく富士通株式会社の執行役員常務 CTO&CIO 川妻 庸男氏に、現在の取り組み状況とその効果について伺った。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ワークスタイル/売上と利益の最大化を目指す!17万人規模のコミュニケーション基盤/富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークスタイル」関連情報をランダムに表示しています。

ワークスタイル」関連の製品

クラウドグループウェア 「サイボウズ ガルーン」 【サイボウズ】 8万人のテレワーク推進に挑む富士通に、VDI導入で得た教訓を聞いた 【富士通株式会社】 ワークスタイルの広がりで管理範囲も工数も急増 管理手法はどう変わるべきか 【ヴイエムウェア+他】
グループウェア VDI MDM
企業内コミュニケーションの活性化を支援するクラウド型グループウェア。ユーザの使いやすさに加え、大規模環境でも臨機応変に対応できる管理性を備えている。 8万人のテレワーク推進に挑む富士通に、VDI導入で得た教訓を聞いた 働き方が多様化すると、情シスの工数が増加――アプリや端末の管理手法が変化

ワークスタイル」関連の特集


 今回は、シェアードスペースの今後の進化の 予想である。まず、前回掲載した、ユーザー側の視点と企業の…



情報共有の要となる企業コラボレーション基盤を今後どうしていくべきか、デバイスやツールも踏まえながらそ…



機動性、省スペース性に優れたA4ノートPCがデスクトップを駆逐しつつあります!今回は新時代にマッチす…


ワークスタイル」関連のセミナー

Japan Virtual Client Computing Vision 2017 【IDC Japan】 注目 

開催日 6月23日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

本イベントでは、「ワークスペースが実現する未来型ワークスタイルへのトランスフォーメーション」をテーマに、IDC Japanのアナリストと主要ベンダーが講演し、ク…

Citrix XenApp/XenDesktop 製品紹介セミナー 【アシスト】  

開催日 8月2日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

業務アプリケーションの仮想化以外にも、BYODや在宅勤務などのワークスタイル変革、情報漏洩対策など、クライアント仮想化の利用シーンが広がってきています。本セミナ…

事例に学ぶ、保守・メンテ業務の働き方改革 【パナソニック インフォメーションシステムズ/レッドフォックス】 締切間近 

開催日 6月23日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

保守・メンテナンス業務では、作業が終わっても報告書作成のために一旦帰社しなければならないことが多く「システム入力が負担」「夜間残業を減らしたい」などのお悩みがよ…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ワークスタイル/ 売上と利益の最大化を目指す!17万人規模のコミュニケーション基盤/富士通」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ワークスタイル/ 売上と利益の最大化を目指す!17万人規模のコミュニケーション基盤/富士通」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007264


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ナレッジマネジメント > ナレッジマネジメントのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ