アップル、グーグル出身者達が開発! 赤ちゃん用ウェアラブル

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2014/09/11

アップル、グーグル出身者達が開発! 赤ちゃん用ウェアラブル

Sproutling Baby Monitorは、足首に巻きつけるベビーモニタ。赤ちゃんの睡眠サイクルや心拍数を学習し、異常があればスマホアプリに通知してくれるほか、赤ちゃんが何分後に起きるかまで予測してくれる。

***

 新生児の世話はたいへんなもの。昼でも真夜中でも定期的に授乳しなければならないし、うつぶせ寝で窒息する恐れもあるから、まさしく一時も目が離せない。世話に追われてふらふらになっているパパやママも多いことだろう。

 そんな新米パパママの強い力になってくれるのがベビーモニタだ。Sproutling Baby Monitorは、アップルとグーグル出身のエンジニア達と、小児科専門医、そして新米パパママ達が共同で開発した「世界でもっとも賢いベビーモニタ」だ。
開発元のSproutlingによる説明動画
 謳い文句は「赤ちゃん向けのFitbit」。ワイヤレス活動量計のFitbitと同じように身体に装着して使うもので、赤ちゃんの状態を監視して、パパやママのスマートフォンに報せてくれる。

 Sproutling Baby Monitorは3つのパートからなっている。赤ちゃんのくるぶしに巻きつけるウェアラブルバンドと、スマート充電器、それにスマートフォンアプリだ。ラバーコーティングされた低刺激性のバンドは洗濯機に入れても大丈夫で、内蔵モニタが心拍数や体温、そして赤ちゃんの動きを監視する。そして、何かあればスマートフォンアプリにアラームを通知してくれるほか、その子ならではの睡眠パターンや心拍数を学習して、あと何分後に起きるかを予測して報せてくれる機能まである。

 この製品は2015年3月の公式発売を目標にプリオーダーを受付中で、いまなら249ドル(約2万5000円)で一式がオーダーできる。正式発売時には299ドル(約3万500円)で売り出す予定だという。

 生まれたての赤ちゃんがいる家庭では、ほんとうにわずかな時間でも気が抜けないもの。このモニタのおかげで、パパやママがせめて一杯のコーヒーをゆっくり味わう時間だけでも持つことができるなら、こんなにすばらしいことはないだろう。

 とかく精密機器というものは男性が開発するものと相場が決まっていただけに、子育ての目線が考慮されていないことが多かった。その点Sproutling Baby Monitorは、じっさいに新米パパママを開発チームに加えたことで、その問題を解決した。

 この記事へのコメントはじつに国際色豊かで、子育ての問題への関心の高さがうかがえた。正式発売後もユーザからのフィードバックを受けてさらに改良され、より安価で高機能なものがリリースされることを期待したい。
  • 「生まれたての赤ちゃんに電子タグをつけるってわけだね」(不明)
  • 「このウェアラブル端末は赤ちゃんの睡眠パターンを記録してくれるんだ」(イギリス)
  • 「赤ちゃん向けのFitbitのようなものだってね」(イタリア)
  • 「親の負担を軽くしてくれるのは嬉しいね」(インド)
  • 「子供はいないけど、できたらきっとこれを買うよ」(米・ニューヨーク州)
  • 「赤ちゃんモニタにはやりすぎ感のあるものが多いけど、これはいいわね」(米・カリフォルニア州)
  • 「妊娠中の方は、さっそくプリオーダーされてはいかがでしょうか?」(米・カリフォルニア州)
  • 「グーグルとアップルを卒業したエンジニア達がクラウドファンディング・キャンペーンを始めたわよ」(不明)
  • 「少しでも新米パパママをサポートしてくれるならすごくいいよね」(日本)
  • 「これいいな:心拍数、体温、動き、室温、湿度、明るさ、騒音を採取。何らかの異状などを検知した場合は専用のスマートフォンアプリに通知」(日本)

※上記枠内はすべて編集部訳

(執筆者:待兼 音二郎)
おすすめ記事

バックナンバーをまとめて読むなら右のボタンから! 一覧へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「世界のRe:アクション」の記事は、インターネット上に配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、ニュース内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007226


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ
噂のIT都市伝説

キーマンズネットとは

ページトップへ