この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

いま改めて問う「BRMS」の真価

2014/08/21


 システム開発のスピードアップはIT部門の永遠の課題。アジャイル開発をはじめとする短期システム構築手法がもてはやされる一方、近頃は「超」の字がついた「超短期構築」を目指す開発手法を模索する動きも盛んだ。その1つのアプローチとして改めて注目されているのが「BRMS(Business Rule Management System)。ビジネスロジックに内在する「ルール」を体系的・系統的に管理することにより、開発工程、保守工程ともに大幅な時間短縮とコスト削減を実現しようという考え方とツールが、誕生から約15年を経て、国内でもついに大きな花を咲かせ始めている。今日的なシステム環境の中で新たな意義を持つようになったBRMSのあらましを、今こそ再確認しておこう。

BRMS

※「BRMS/いま改めて問う「BRMS」の真価」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「BRMS/いま改めて問う「BRMS」の真価」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

津島 靖彦

経営・ITコンサルティング イルミナード代表 津島 靖彦(Yasuhiko Tsushima)

イルミナード企業サイトへ
アナリストファイル #076

BRMSコンサルタントとして、保険、金融、製造業などでのBRMSのコンサルティングおよびソリューション開発に従事。国内メーカーにおいて各種エキスパートシステムの開発に携わったのち、海外の大学でのエキスパートシステムの研究/教育活動、各種システム開発・コンサルティング活動を経て現職。BRMSを用いた実際のシステム開発/コンサルティングのほか、日本国内でのBRMSの普及に向けて関連分野を含めた調査研究なども行っている。



1

BRMSとは何か

1-1

BRMSの背景〜エキスパートシステムの思想を継承〜

 BRMSという概念および初めてのツールが登場したのは1990年代後半のこと。80年代から90年代初頭にかけて注目を集めたIT技術の1つに人工知能(AI)である。当時その研究から派生した「エキスパートシステム」 は、 ビジネスへの応用に期待が膨らんでいた。エキスパートシステムは熟練した職人や特定分野の専門家が、何らかの事象を前にしたときにどのように行動するかといったルールを探り、蓄積されたルールをベースに事象へのより適切な対応を推論するシステムのことだ。推論の結果をもとにして、経験・知識が浅い人でも熟練工や専門家と同等のレベルで正しい意思決定が行えるものと期待され、AI研究から生まれた言語、Prologやルールベース言語でシステムに実装する試みが盛んに行われた。
 しかし、一部のシステムには実装されて現在でも地道に使われているものの、現実的には当時のビジネスの世界で主流だったCOBOLを利用したシステムを書き換えていくほどには普及しなかった。
 その一方で生まれたのがBRMSだ。これは、システム開発ツールとしてエキスパートシステムの原理や考え方を取り込む一方で、90年代半ばにデータ分析の理論的研究から生まれたビジネスルールの概念と合わさり、既存プログラムを書き換えるのではなく、その中にハードコーディングされているビジネスロジックを「ルール」として抜き出し、管理可能にするユニークな手法をとるものだった。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

BRMS/いま改めて問う「BRMS」の真価」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BRMS」関連情報をランダムに表示しています。

BRMS」関連の特集


ソースコードなど開発関連の膨大な電子化情報を分析する新たなマイニング手法「MRS」とは?バグ予測やコ…



複雑化したレガシーソフトのコンポーネント判別やプログラムとデータ間の依存関係を可視化できる「ソフトウ…


「BPM」関連の製品

製造業向けBPMテンプレート 【ニューソン】 業務プロセスや実施状況を見える化 「DataSpider BPM」 【アプレッソ】 OpenText BPM <ビジネスプロセス管理ソリューション> 【オープンテキスト】
BPM BPM BPM
製造業の具体的な課題に特化したBPMテンプレートを提供。「品目マスタ管理テンプレート」は、品目マスタ登録の不備から発生するさまざまなロスの回避に貢献する。 業務全体の流れをモデル化し、管理・改善するためのBPMソフトウェア。対象業務のPDCAを繰り返すことで、効率性を評価し業務プロセスを改善。 オープンテキストのエンタープライズ情報管理(EIM)の1つとして、組織の業務効率向上、複雑なプロセスの可視化・自動化、継続的な改善とフローの最適化を支援。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

BRMS/ いま改めて問う「BRMS」の真価」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「BRMS/ いま改めて問う「BRMS」の真価」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30007187


IT・IT製品TOP > 情報システム > BPM > BPMのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ