IBMの歴史は世紀の発明”パンチカード”から始まった

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2014/09/26
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#255パンチカードを発明し、あのIBMの基礎を築いた男 〜ハーマン・ホレリス氏

最近ではビッグデータなどといって超大量のデータを収集・分析するようなことも容易になっているが、以前データ処理というものは人の手によって粛々と処理されたものだった。そんなデータ処理の歴史の中で大きな役割を果たしたのが「パンチカード」である。今回は、パンチカードシステムを発明し、そしてあのIBMの礎となる会社を創業した人物でもある、ハーマン・ホレリス氏(以下敬称略)をキーマンとして紹介しよう。

ハーマン・ホレリスは1860年にアメリカ・ニューヨーク州にて誕生した。1875年にニューヨーク市立大学シティカレッジへ入学。卒業後はコロンビア大学へ進学する。大学では鉱山工学を専攻し、鉱山技師の学位を取得して1879年に卒業。卒業後は統計調査の仕事を請け負うこととなった。

ハーマン・ホレリス氏
1860年
アメリカ・ニューヨーク州にて誕生。
1879年
コロンビア大学鉱山工学科を卒業。
1880年
国勢調査のアシスタントに。
1882年
MITにてパンチカードシステムの試作品を製作。
1888年
パンチカード、タビュレーティングマシンが国勢調査で正式採用。
1896年
タビュレーティングマシン社を創立。後のIBM社。
1929年
死去。享年69歳。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ パンチカードを発明し、あのIBMの基礎を築いた男 〜ハーマン・ホレリス氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ パンチカードを発明し、あのIBMの基礎を築いた男 〜ハーマン・ホレリス氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007170



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ